« 黒豚バラエティ・セット | トップページ | 「驚天動地の事態ではありました。」 »

2022年12月 8日 (木)

日本,ワールド・カップ 2022 を終えて-

ワールド・カップでの日本ティームの活躍を伝えたメディアの中から
CNN’,Dec.5, 2022付けを
下記,拙訳・転載します。

***************************
Japan wins plaudits for World Cup shocks and fans cleaning up in stadiums
「日本はワールド・カップの衝撃とスタジアムでのファンの片付けで賞賛を勝ち取る」

001_20221207145101

日本は月曜日にワールド・カップのベスト 16PK戦でクロアチアに敗れた後,ワールド・カップに別れを告げるが,チームとそのファンは,カタールと観戦している世界中でアジアの国に多くの称賛(plaudits)を勝ち取り,永続的な思い出(lasting memories)を残した。

カタール 2022 の初期,日本がドイツに 21 で見事な,驚くべき逆転勝利(comeback win)を収めたことで,この大会が ヨーロッパと南米以外の大陸のサッカーの強さを示すショーケースになる可能性があるという考えが確立された。これら 2つの大陸以外のチームが優勝したり,決勝に進出したことはない。

ドイツに勝利した後,日本の選手たちは 更衣室を片付け,汚れ一つない(immaculate)状態として後にした。 ロイターによると,テーブルにはアラビア語と日本語で書かれた礼状も残されていた。

「第4日目の #FIFAWorldCupでドイツに歴史的な勝利を収めた後,@jfa_samuraiblueはカリファ国際スタジアム(Khalifa International Stadium)の更衣室を後にした … 染み一つなく(Spotless)。」と,サッカーの世界統括団体であるFIFAはツイートで,日本の更衣室の写真を添えて述べた。

日本はワールド・カップ グループ E 2回戦でコスタリカに僅差で敗れたが,3回戦の 21 の逆転勝利で,大会優勝候補の1つであるスペインに衝撃を与えた。

その結果,サムライ・ブルーが スペインとドイツを押さえてグループ首位に立った - この結果は,ワールド・カップの前には誰も予測できなかった。ドイツは,コスタリカに 42 で勝利したにもかかわらず,トーナメントから脱落した。

002_20221207145101

驚くべきことに、日本はドイツ戦で 26%、スペイン戦でわずか 17% のボール支配率だった。

スペイン戦での日本の勝利のゴールは,のファンにワールド・カップの最大の話題となる美しい試合の1つのを提供した - 三苫薫の田中碧へのカットバック・パスの前にボールがゴール・ラインを越えたのか,それともゴール・ラインに触れただけなのか?

田中のバングルド・ゴール(bundled goal)は,線審がボールがプレーから外れたというフラグを立てた後,最初は排除された(ruled out)。

003_20221207145101

しかし,VARvideo assistant referee)による審査の結果,ゴールは認められ,日本は歴史的な勝利を収めまた。

その後,FIFA 2 つのツイートで,VAR 職員は「ゴール・ラインのカメラ画像を使用して,ボールがまだ部分的にライン上にあるかどうかを確認した。他のカメラは誤解を招く画像を提供する可能性があるが,利用可能な証拠では,ボール全体がアウトになってなかった。」

004_20221207145201

Good vibes’

月曜日の日本とのベスト 16 の試合の前に,クロアチアのミッドフィールダー, ロブロ・マイェルは,このワールド・カップでサムライ ・ブルーが成し遂げたことに敬意を表していた。

「プレーしているのは名前ではなく,もっと重要なのは心と勇気だということを彼らは示した。 彼らはこれに値し,彼らの質を示した」と,ロイターによるとマジャーは言った。

日本は 2002年,2010年,2018年と同様にラウンド 16 で敗退し,ワールド・カップの準々決勝への出場権を獲得できなかったかもしれないが,堂安律,伊藤潤也,遠藤航,前田大善らがすべて評判を磨き上げた(burnished)。

「自分たちの力に自信を持って,追いつくだけでなく,超えることを目指すなら,日本サッカーの未来は違うと思う。」と森保は付け加えた。

005_20221207145201

サムライ・ブルーがドラマ,議論,礼儀正しさをもたらした一方で,日本のファンも 2022年カタールで良い雰囲気(vibes)を作るために自分たちの役割を果たすことに忙しかった.

ワールド・カップの試合でチームのプレーを見た後,日本代表(contingent)のドイツ戦の更衣室でのチームの努力を反映したように,スタンドでゴミを共に片付けた。

ロイター通信によると,月曜日にクロアチアに敗れた後,日本代表の森保肇監督は「我々は,どちらもワールド・カップのチャンピオンであるドイツとスペインを破った。」と語った。

(転載了)
********************
楽しませてもらいました。

| |

« 黒豚バラエティ・セット | トップページ | 「驚天動地の事態ではありました。」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒豚バラエティ・セット | トップページ | 「驚天動地の事態ではありました。」 »