« 見出しに見る勘違い(その864) | トップページ | 黒豚バラエティ・セット »

2022年12月 7日 (水)

16年前,ダニエル・クレイグと ボンド役を競ったのは-

ダニエル・クレイグが 「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(No Time To Die」を最後に ボンド役を降り,次作のボンド役はまだ決まっていません。

GQ UK’のNov.1,2022付けで かつて ダニエル・クレイグとボンド役を争った俳優の話が載っていました。
Henry Cavill was very nearly the youngest Bond in history
「ヘンリー・カヴィルは史上最年少のボンドになるところだった」
と題する記事です。

下記,拙訳・転載します。
********************

The actor was neck and neck with Daniel Craig, meaning 007 could have gone on a very different trajectory over the past 15 years
ヘンリー・カヴィルはダニエル・クレイグと肩を並べていた,つまり,007 は過去 15年間で非常に異なる軌跡をたどる可能性があった。

001_20221108175901

ダニエル・クレイグが 2006年の「007/カジノ・ロイヤル(Casino Royal)」で 007 の役(identity)を引き継いだとき,彼は38歳だった。ボンド系譜(canon)の最年少でも最年長でもなかった当時の彼の年齢は,使い古された(well-worn)タキシードに飛び込む俳優の真ん中のどこかにしっかりと座った。

しかし,ヘンリー・カヴィルは,2006年にクレイグのすぐ目の前(under nose)からその役割を奪うこと(nabbing)に「近づいていた(close)」ことを認めた。ハッピー・サッド・コンフューズド(the Happy Sad Confused)のポッドキャストで,彼は「最終的には、私とダニエルしか残ってないと言われた。私は若い選択肢だった。」と明らかにした。23 歳のときで,彼を,大差をつけて(by a country mile)史上最年少のボンドにする可能性が存在した (ジョージ・レーゼンビーが,スーパー・スパイとして 1回出演したのは 30歳のときだった。)

しかし,カヴィルには恨みはなく,次のように語っている。「彼らは明らかにダニエルを選んだし(go with),ダニエルを選んだのは素晴らしい選択だったと思う。私は,その時はおそらく準備ができていなかったし,ダニエルは過去の映画で信じられないほどの仕事をしていたと思うので,彼らがその選択をしてくれてうれしい。」 彼はまた,オーディションは最終的に失敗したが,そのプロセスは彼のキャリアを後押ししたと付け加えた:その時点以前まで,彼は十分に大きな名前ではないという理由で仕事から追い出されていた。

しかし,ソーシャル・メディアが ‘MySpace’のトップ 8 ランキングを超えてほとんど存在していなかった 2006年までさかのぼって考えてみよう。ボラット(Borat)はコメディの天才の頂点であり,ダニエル・クレイグの青いスピード・スイム・パンツ(speedos)は誰もが話題にすることができたものだった。

クレイグのボンドとしての 将来の在職期間については,議論すべきことがたくさんあった,まず第一に,彼は金髪だった(!!)。
第二に,キャンプの後,2002年の「007/ダイ・アナザー・デイ(Die Another Day)」でのピアース・ブロスナンの派手さ(jumping-the-shark)の後,シリーズは文字通り最初に戻って,より荒々しく素朴な再起動(reboot)を行った。

クレイグのボンドは,この最初の映画の出来事と,彼の最初の偉大な愛の喪失により,世界に対してそれほど固くならず、より攻撃されやすく(vulnerable),15年後に「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(No Time To Die)」に導く感情的な傷の最初のマークを開始した。このより環境に優しい(greener 007 では,新人のカヴィルがドレス・シューズに飛び込むのは想像に難くない,20代前半の男性よりも衝動的で無謀な人がいるからである。

もちろん,カヴィルは,「ウィッチャー(The Witcher)」から「ミッション・インポッシブル(Mission Impossible)」まで,当時から シリーズものになじみがあった。彼はまた,間違いなく,ボンドの悪名(infamy)に匹敵する唯一の他のポップ・カルチャーのアイコンの1つであるスーパーマン役を引き受けた。DCEUDC Extended Universe)の最新のフェーズで再び復活するマント付きのエイリアンとスーパーマン(エイリアン)としての彼の走りは,個人的なトラウマと喪失によって傷つけられた(marred)神のような姿を私たちに与えた。

音は なんとなく聞き覚えがある。死,破壊,文字通りの復活を通して,彼は小銭のような感情的な荷物を拾うキャラクターを演じることができることを示し,クリプトナイトをマティーニに交換した他の多元宇宙への洞察のヒントを与えている。
シリーズのプロデューサーは,クレイグの靴に足を踏み入れようとしている次の人は30代になることを明らかにした。

現在39歳のカヴィルは,ポッドキャストで「彼らにはあまり時間がない」とジョークを飛ばし,彼が再びこの役を考えているのを見ることができるかどうか尋ねた。彼は,当時よりも少し忙しいと言い,スーパーマンの数が増え,まだ定義されていない数のエノラ・ホームズ映画(Enola Holmes films)が進行中である。

しかし、最近、Netflixの「ウィッチャー」の第4シリーズでの,ジェラルトの役を降りると発表したため(リアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth )が引き継ぐ),おそらくボンド型のスペースを埋める準備ができている。

(転載了)
*****************
さて,次の ボンドは?

| |

« 見出しに見る勘違い(その864) | トップページ | 黒豚バラエティ・セット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その864) | トップページ | 黒豚バラエティ・セット »