« 米国上空に中国のスパイ気球が飛来した。 | トップページ | 新型プリウスのデザインが評判。 »

2023年2月 5日 (日)

見出しに見る勘違い(その876)

「【2月3日付社説】日本から盗んだ盗品を返さなかった10年,被害を受けたのは韓国だ」  2023/2/3 朝鮮日報・日本語版
   ‘日本の寺から2012年に盗まれ,韓国に持ち込まれた仏像の所有権が日本の寺にあるという二審判決が出た。600年余り前にその仏像を所有していた韓国の寺に所有権があるとした一審判決を覆したのだ。いかなる理由で仏像が日本の寺に渡ったのかははっきりしないが,盗んだ品物は盗まれた所有者にひとまず返すべきだ。もし略奪されたのなら,その事実を証明した後,国際法が定める略奪文化財の回収手続きによって所有権が認められなければならない。ところが,まずは返さなければならないという判決が出るのに10年かかった。最高裁判決が確定するまで今後どれほどかかるか不明だ。
   日本の寺から仏像を盗んだのは前科56犯,平均年齢62歳の韓国人専門窃盗団4人だった。暴行など前科18犯の暴力団出身者が盗んだ仏像を処分する盗品ブローカーを務めた。彼らは文化財だけでなく機械,たばこなどカネになる物は何でも盗んだ。彼らが対馬遠征に出たのは,文化財の価値に比べ,現地の管理が緩いという情報を得たためだとされる。不法犯罪の利益を狙っただけで,文化財の回収とは関係なかったことになる。そんな盗品を韓国の裁判所は「略奪されたかもしれない」として10年以上も韓国に引き留めたままだ。

  韓国の寺が主張する通り,仏像は600年余り前に倭寇によって略奪された可能性もある。二審も「略奪があった状況と蓋然性がある」とした。しかし,推定にすぎず,立証されていない。文化財庁も6年前,「蓋然性はあるが確証はない」と述べた。略奪が事実だとしても500-600年余り前に起きたことを理由に現所有者の所有権を奪うことが法的に可能なのかも疑問だ。二審は「盗難に遭うまで日本の寺が(宗教法人設立から)60年間仏像を占有し,取得時効20年が成立しており,所有権が認められる」と指摘した。韓国の地で作られた仏像を返すことは残念で、仏教界の反発も理解できるが,世界中が見守る中で窃盗行為を正当化することはできない。
  実際この問題は法律ではなく常識で誰でも判断できる案件だ。ところが,韓国の寺が「仏像が日本に行った経緯が明らかになるまで返すな」という仮処分を申し立て,判事がそれを受け入れる事態となった。さらに17年,一審は600年余り前に略奪があったという状況と蓋然性だけに基づき,日本の寺の所有権を否定した。
 現在高麗時代の仏画の多くは外国にある。相当数は米国の所蔵だ。そのうちのいくつかは略奪されたかもしれない。しかし,窃盗犯が米国からそんな仏画を盗んできても「韓国の物だ」という判決を下す判事がいるだろうか。相手が日本なら,どんな強引な判決を下しても「愛国」判事として扱われるのだろうか。法理ではなくポピュリズムによる判決と言わざるを得ない。韓国の裁判所では,そんな判決が1,2件にとどまらない。その間,韓日の文化交流は中断され,世界の文化界で韓国は盗品すら返さない国と評された。傷を負って被害を受けたのは韓国だ。’ と書いています。
  書くまでもなく,徴用工賠償金訴訟の判決と言い,この事件の 一審判決と言い,国家間協定や国際法無視以前に,常識を外れた判決を出す韓国の司法機能の劣化は明白です。
この司法判断が出る韓国とそれを許す韓国民を蔑視する日本人は増えることはあっても 減ることはないでしょう。

| |

« 米国上空に中国のスパイ気球が飛来した。 | トップページ | 新型プリウスのデザインが評判。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国上空に中国のスパイ気球が飛来した。 | トップページ | 新型プリウスのデザインが評判。 »