« 白梅が咲いていた。 | トップページ | 子供の頃,「ビルマ」の首都,「ラングーン」と覚えたがー »

2023年2月15日 (水)

ファッション誌 ‘GQ’ 英国版のオックスフォード・シャツ群に選ばれた UNIQLO

GQ.UK’ サイト,15 January 2023付けの特集-
The best Oxford shirts for louche, preppy dressing
「ラフでプレッピーな着こなしに最適なオックスフォード・シャツ」
で,20ブランドが紹介されていました。

その前書きで-(拙訳・転載)
*********************
ボタンダウン・カラーの厚手の(heavyweight)オックスフォード・シャツは,カレッジ・スタイルに戻る途中で最初に購入する必要がある。それを念頭に置いて,ここにGQの最高の選択を示す。

時は来た。 ホリデー・シーズンに続いて,より平日に適した(weekday-appropriate)ものを求めてラウンジウェアに厳粛で(solemn)心からの別れを告げる(wave)時であり,オックスフォード・シャツが再び 絶対に待つべき(must-have)メンズ・ワードローブの必需品(staple)として取り上げられる時である。そして,悲しいことに,それはジョガー・パンツをよりスマートなズボンに交換することも意味する。

ポール・ニューマンやクラーク・ゲーブルなどによって最初に世間の注目を集めたオックスフォード・シャツは,バスケット織り(basketweave)の生地とよりカジュアルなボタンダウンの襟によって定義され,独特のハイブリッド感を持ち,同時にスマートでありながらも ルッシュな(louche)感じ。

ネクタイと合わせたり,スポーティーなオープンネックにカジュアルなデニムを合わせたりと,オックスフォード・シャツには控えめ(low-key)でありながら仕事に適した(work-appropriate)スタイルを表現する何かがある -このようなスタイルは、ニューマンが歴史上最も重要な支持者(proponent)であったことは間違いない(arguably)。今日に至るまで,オックスフォード・シャツは白いベストとワイド・レッグ・チノパン (プラダ SS22) と組み合わせるのが最適である。くっきりとした白または淡いブルーで,クラシックなスリムカットのグレーまたはネイビーのスーツに完璧なパートナーであることを書き留めておく必要さえある。

新しいシーズンが到来し,それを着る機会もたくさんあり,ここでは,現在最高のオックスフォード・シャツのラックを探した(raided)。

Cos’ や ‘Loro Piana’ の高級でモダンなアイテムから,‘Reiss’ や ‘Polo Ralph Lauren’ の日常ケアのためのシックで手頃な価格のアイテムまで,この象徴的なワードローブの必需品は,これまで以上に手に入れやすく,欠かせないものになった。しかし,どんなにシャツを着ても,常に襟のボタンを留めておくことを忘れないこと,それは,ニューマンとゲーブルが望んでいたことである。

*******************
20のブランドが並ぶ中の 8番目に ‘UNIQLO’がありました。

******************
8/20
UNIQLO 

001_20230116064701

手頃な価格の(affordable)ベーシックの反論の余地のない(irrefutable)メンズウェアの君主(monarch)であるユニクロが,オンラインの棚の中にオックスフォード・シャツの優れたセレクションを持っていることは驚くべきことではない。しかし,私たちのお気に入りは? それがこのスリムフィットのピュア・コットンの製品(pick)で,対照的な(contrasting)一連の細かいグリーン・ストライプを備えている(complete with)。 29.90, uniql.com

*********************
Uniqlo のオックスフォード・シャツの 白,ブルー,ピンクのソリッド 3枚を愛用しています。
2013
12月にリタイアするまでの 30年間 オックスフォード・シャツは全て Brooks Brothers でしたが,今は Uniqlo を何の違和感もなく着ています。

| |

« 白梅が咲いていた。 | トップページ | 子供の頃,「ビルマ」の首都,「ラングーン」と覚えたがー »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白梅が咲いていた。 | トップページ | 子供の頃,「ビルマ」の首都,「ラングーン」と覚えたがー »