« ロシアのウクライナ侵攻 1年経過時の 世界世論調査結果 | トップページ | Brooks Brothers の米国製ボタンダウン・シャツが復活。 »

2023年3月 5日 (日)

見出しに見る勘違い(その884)

「【3月3日付社説】韓国政府は大きな負担を甘受しつつ大局的な姿勢を表明,次は日本政府が応える番だ」  2023/3/3 朝鮮日報・日本語版
   ‘徴用賠償問題について日本の被告企業はいかなる形であれ補償に関与しないとの方針を日本政府が定めたという。従来の立場を改めて確認したものだ。日本は個人への賠償を含む徴用問題は1965年の韓日請求権協定で解決したとの立場だ。当時韓国が国としてはもちろん,国民の請求権まで「最終解決した」との協定に同意したのは事実だ。その見返りとして日本から経済発展に必要な資金を受け取り,その資金でポスコなどを設立した。
 そのため日本は韓国の裁判所による賠償判決をこの協定に違反したものと考え,韓国政府からの補償要求を二重請求と見なすことも考えられる。日本は文在寅(ムン・ジェイン)前政権による韓日慰安婦合意破棄を経験したこともあり,今後韓国で政権が変わればまた新たな要求が出てくると疑っている。
 しかし今の両国関係は双方のいずれにとっても政治的な決断が求められる時期に来ている。韓国は金がなくて日本の被告企業による補償参加を求めているわけではない。この事実を日本政府も理解している。韓国政府は賠償の義務を負う日本の被告企業に代わり韓国が判決金を弁済する方策を正式に発表した。高齢となった被害者をこれ以上待たせるわけにはいかない上に,韓日関係正常化という外交的な理由もある。北朝鮮の核問題,中国の覇権主義,半導体やエネルギー問題など経済安全保障において韓日両国は利害が一致している。これ以上関係正常化を先送りすることはできない。
 韓国政府による代理弁済に対し韓国国内では反対世論が根強い。加害者である日本の責任をなぜ韓国が代わって負うのかという疑問が出るのは自然なことだ。韓国政府による政治的な負担がそれだけ大きいということだ。このような状況で日本の謝罪と共に被告企業による補償参加は韓国国内の反対世論を克服し,韓日関係を未来につなげることに大きなプラスになるだろう。日本政府が自国の民間企業による自発的な補償参加にまで方針を決めるのは生き過ぎだ。日本政府が補償への参加を企業独自の判断に任せると表明するだけで韓日関係は進展するだろう。
 尹大統領は1日,日本に対し「普遍的価値を共有し協力するパートナー」と述べた。韓国の大統領が三・一節演説で日本を加害者として批判せず、反省も謝罪も求めず協力を訴えるのは韓国では簡単なことではない。いわば大局的な姿勢を表明したものだ。次は日本政府がこれに応える番だ。このチャンスを逃してはならない。’ と書いています。
  中央日報と変わらぬ論調です。甘え過ぎです。
韓国の反対世論が根強ければ,政府とメディアが国民に対し,「本来なら個人の補償に使うべきだった 日本から受け取った資金を 漢江の奇跡を起こすのに使ってしまった。現在,日本の企業に請求しているのは二重請求といえる。すなわち,日本の対応は正しい。韓国政府が全て支払うべき。」と明確に説明し,納得させるべきことでしょう。まだ日本が応える番ではありません。
韓国政府の不始末を日本が補償する必要はありません。こんな単純なことが 理解できない国,政府,国民とは?

| |

« ロシアのウクライナ侵攻 1年経過時の 世界世論調査結果 | トップページ | Brooks Brothers の米国製ボタンダウン・シャツが復活。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシアのウクライナ侵攻 1年経過時の 世界世論調査結果 | トップページ | Brooks Brothers の米国製ボタンダウン・シャツが復活。 »