« 台風6号の大雨,韓国でマンホールの蓋,バスの床を突き破る。 | トップページ | やっと “Fuji” が現れた。 »

2023年8月11日 (金)

大谷は三冠王がとれるか

MLB’ 公式サイト,‘MLB.com’,Aug.82023付けで
Tracking Ohtani's Triple Crown chances
大谷の三冠の可能性を追跡する
と題する記事がありました。

下記,拙訳・転載します。
***********************

大谷翔平のやることはほぼすべて歴史を作っており,それはこの二刀流スターの前例のないスキルの組み合わせを物語っている。

2023年シーズンの終わりが近づくにつれ,エンゼルスとしては2014年以来となるプレーオフ出場に加えて,大谷は多くの個人的成果を視野に入れている。3年ぶり2度目のアメリカン・リーグ MVP受賞の圧倒的な最有力候補だ。
彼はアーロン・ジャッジ(Aaron Judge)が昨年樹立した62本塁打のア・リーグ記録に迫るチャンスを掴んでいる。 そして次はトリプル・クラウンだ。

大谷は過去56シーズンで 同一シーズンに打率,本塁打,打点でア・リーグとナ・リーグのトップに立つ2人目の選手になることを目指しており,MLB.comはその過程での彼の過程を追っている。

001_20230809171201

AL ランク (87日まで)

・打率: 3 ( .308) – 首位:ボー・ビシェット(Bo Bichette (TOR:トロント・ブルージェイズ).321^
・本塁打数:1位(40本)- 2位:ルイス・ロバート・ジュニア(Luis Robert Jr.)(CWS:シカゴ・ホワイトソックス),30
・打点: 2 (82) – 首位: アドリス・ガルシア(Adolis García (TEX:テキサス・レンジャーズ)89

^ビシェットは現在,右膝腱炎のため故障者リストに入っているが,打率 .321459打数144安打)でア・リーグ トップの成績を残している。彼は現在 471打席に出場しており,正式な出場資格を得るためには 502打席 (チームの試合あたり 3.1 打席) が必要である。 (注意:打席(plate appearances)と打数(at-bats)は別物で,打数には四球,死球,犠飛,送りバント(sac bunts)は含まれないため。)

ビシェットが502打席に到達できなかったとしても,打撃タイトルを獲得することはできるが,そのためには502に満たない打席は無安打として扱われるとルールで定められている。彼の台帳(ledger)に無安打31打数を加えると,彼の打率は .294490打数144安打)に低下する。

ホームランペース(87日まで)

大谷HR40本 チーム114試合まで
ペース: 56

2022年のジャッジ:46本 チーム114試合まで

過去の三冠王

大谷が偉業を成し遂げた場合に加わるであろう史上最高の選手たち(the all-time greats)を以下に挙げる。 1920年に打点が公式統計になって以来,ア・リーグとナ・リーグで三冠を達成した選手はわずか10人のみで,うち2人は複数回獲得している。 ディビジョナル時代(Divisional Era1969年以降)で三冠は1回だけである。

Triple Crown winners
三冠獲得者

2012: ミゲル・カブレラ(Miguel Cabrera, Tigers (AL)

1967: カール・ヤストレムスキー(Carl Yastrzemski, Red Sox (AL)

1966: フランク・ロビンソン(Frank Robinson, Orioles (AL)

1956: ミッキー・マントル(Mickey Mantle, Yankees (AL)*

1947: テッド・ウィリアムス(Ted Williams, Red Sox (AL)

1942: テッド・ウィリアムス(Ted Williams, Red Sox (AL)*

1937: ジョー・メドウィック(Joe Medwick, Cardinals (NL)

1934: ルー・ゲーリック(Lou Gehrig, Yankees (AL)*

1933: ジミー・フォックス(Jimmie Foxx, Athletics (AL)

1933: チャック・クライン(Chuck Klein, Phillies (NL)

1925: ロジャース・ホーンスビー(Rogers Hornsby, Cardinals (NL)*

1922: ロジャース・ホーンスビー(Rogers Hornsby, Cardinals (NL)

* = 3つのカテゴリーすべてで,AL/NL 選手全員の首位
: 打点が公式の統計になる前に,6人の選手が 3つの三冠カテゴリーすべてでア・リーグまたはナ・リーグで首位に立っていた。

最近のあと一歩:

2012年にカブレラが三冠王を獲得してから数シーズン,過去2シーズンのアーロン・ジャッジとウラジミール・ゲレーロ・ジュニア(Vladimir Guerrero Jr.)を含め,何人かのスター・スラッガーが三冠王を目指してきた。ここでは,あと一歩及ばなかった最近の選手 6人を紹介する。

  • アーロン・ジャッジ(2022年、ア・リーグ):ほとんどの注目は,ジャッジが62本塁打を打ったことにあったア・リーグの他の選手より22本多いだが,彼は三冠王でも本気の成績を残した。 ジャッジは91日から131打点、打率 .380でア・リーグ打点タイトルを獲得し,最終日までルイス・アラエス(Luis Arraez)の打点王に挑戦した。最終的には5点足りなかった( .316.311)。
  • ウラディミール・ゲレーロ・ジュニア(Vladimir Guerrero Jr.)(2021年,ア・リーグ):ウラディミール・ゲレーロ・ジュニアの三冠プッシュは,大谷(最終的な獲得者)とのMVP争いで大きなストーリーとなったが,彼は48本でア・リーグ本塁打王に並んだものの、2位に終わった 打率では .311(ユリ・グリエル(Yuli Gurriel)の .319に次ぐ),打点では5位(111。リーグ首位のサルバドール・ペレス(Salvador Perez)に10差)。
  • マーセル・オズナ(Marcell Ozuna)(2020年,ナ・リーグ):オズナは短縮されたシーズン中にホームランと打点でトップに立ったが,平均打率 .338はナショナルズのフアン・ソト(Juan Soto)( .351)とブレーブスのチームメイトのフレディ・フリーマン(Freddie Freeman)( .341)に次ぐ3位だった。
  • クリスチャン・イエリッチ(Christian Yelich)(2018年,ナ・リーグ):ブルワーズでのイエリ(Yeli)のナ・リーグMVPキャンペーンでは,打撃タイトルと惜しくも本塁打(36本,ノーラン・アレナド(Nolan Arenado)に2本差)と打点(110,ハビエル・バエズ(Javier Báez)に1本差)を獲得したことが特徴だった。
  • J.D. マルティネス(J.D. Martinez)(2018年,ア・リーグ):マルティネスはア・リーグ打点王で,本塁打(43本,クリス・デービス(Khris Davis)に5本差)と打率( .330,レッドソックスのチームメイト,ムーキー・ベッツ(Mookie Betts)に16ポイント差)の両方で2位となった。
  • ミゲル・カブレラ(Miguel Cabrera)(2013年,AL):ミギー(Miggy)はほぼ2年連続の三冠王を獲得し,打撃タイトルを持ち帰ったが,9本塁打と1打点でオリオールズのスラッガー,クリス・デービス(Khris Davis)に及ばなかった。

大谷の三冠王を追うことで知っておくべき3つのこと

  • 大谷は,三冠を達成した最初のエンゼルスの選手となるだけでなく,拡張フランチャイズからの最初の選手となる。
  • もちろん,大谷は投手としても素晴らしい仕事をしており,それが彼の攻撃面での功績をさらに印象深いものにしている。過去の公式三冠王10人のうち,そのシーズンにマウンドに上がった人はいなかった。
  • 大谷の三冠達成は,前回ナ・リーグで獲得して以来,ア・リーグの三冠王の記録を7回に伸ばすことになる。 ナ・リーグの選手が最後に三冠王を獲得したのは86年前,1937年にカージナルスのメドウィックが三冠王を獲得した時だ。

(転載了)
************************
打率が もっとも難しそうです。

| |

« 台風6号の大雨,韓国でマンホールの蓋,バスの床を突き破る。 | トップページ | やっと “Fuji” が現れた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風6号の大雨,韓国でマンホールの蓋,バスの床を突き破る。 | トップページ | やっと “Fuji” が現れた。 »