« 世界の異常気象実態 | トップページ | 大谷は三冠王がとれるか »

2023年8月11日 (金)

見出しに見る勘違い(その928)

「【時視各角】『総体的問題』ジャンボリーの最終責任=韓国」 2023/8/8 中央日報・日本語版
   ‘票を受けようとして投げかけたセマングム公約が国策事業となり,進歩・保守政権を行き来しながら爆弾回しになった。1987年12月の大統領選挙で盧泰愚(ノ・テウ)与党候補が公約として提示し,1991年に盧泰愚政権が着手したが,環境団体との対立と訴訟で2回も工事が中断した。着工から19年目の2010年,全羅北道の扶安と群山をつなぐ 33.9キロの世界最長の防潮堤が完成した。過去最大規模の国策事業だった。
防潮堤の建設で萬頃江と東津江の河口に409平方キロメートルの干拓地(土地291平方キロ,湖118平方キロ)ができた。これをどう開発するかをめぐり政権ごとに青写真が違った。盧泰愚政権は 100%農地を念頭に置いたが,防潮堤の建設を終えた李明博政権は農地中心でなく産業・観光用地など非農業複合農地中心の「北東アジア経済中心地」に開発すると主張した。朴槿恵政権は韓中自由貿易協定(FTA)産業団地を,文在寅政権は太陽光などグリーン・ニューディールの中心地を希望した。尹錫悦政権は二次電池をはじめ先端産業特化団地の造成に力を注いでいる。

30年間も経過したが,良くなったものはない。セマングムとほぼ同じ時期に開発を始めた上海浦東地区は桑田碧海,アジアの貿易と金融のハブになったが、セマングムは依然として動きがない。空港・新港湾などの財政事業に比べて民間投資が鈍い。暑い時期にセマングム干拓地でジャンボリーを開催した理由は,セマングムを国内外に知らせて投資を呼び込みたいという考えがあったのだろう。
  セマングム・ジャンボリーは朴槿恵政権で招致を推進し,文在寅政権初期の2017年8月に開催が決定した。セマングム・ジャンボリーは朴槿恵政権当時の2016年に対外経済政策研究院(KIEP)の妥当性調査を受けた。当時のKIEPの報告書は行事リスク要因の一つに自然災害と安全事故を指摘し,このように注文した。「何よりも 2023世界ジャンボリーが開催される2023年8月1日から12日までは韓半島(朝鮮半島)の暑さが厳しく,台風と豪雨による自然災害が発生しやすい期間であるため,徹底的な事前準備が必要だ」。
   特にセマングムのように干拓地で開催された2015年に日本世界ジャンボリーをベンチマーキングすべきだと指摘した。「(日本ジャンボリー期間も)暑い時期だったが、事前大会(2013年)の経験に基づいて休憩用のテントを十分に準備し,水の提供を増やす一方,食材の管理を徹底し,暑さに関連して特に大きな事故なく行事を終えることができた」。
  KIEPはジャンボリー開催に妥当性があるという結論を出しながら政策提案をしたが,その一つが政府(女性家族部),開催地域の主体(全羅北道),行事進行主催(韓国スカウト連盟)など行事主管機関間の緻密な役割分担だった。部処廃止論が浮上した女性家族部に今年組織委に追加された行政安全部・文化体育部まで3人の長官が共に共同委員長となり,コントロール・タワーがあいまいだった。結局,「皆の責任は誰の責任でもない」という形になった。このように組織を作った現政権の責任が大きい。前政権のせいにするのなら,むしろセマングム干拓事業を最初に始めた盧泰愚元大統領の責任から問うべきだろう。
   官民が力を合わせてジャンボリーに全力投球したが,猛暑と台風のために結局,ジャンボリーがセマングム野営地から早期撤収する。一つの場所に集まって交遊するのではなく,別々の「観光ジャンボリー」になってしまったのは残念だ。最後だけでもうまく締めくくることを望む。その後,一つ一つを復碁し,今回の事態を反面教師としなければいけない。一国の首相がジャンボリーのトイレを自ら清掃する残念な場面はもう見たくない。すでに7年前に出ていた国策研究機関の警告を無視した責任は決して軽くない。’ と書いています。
  「復碁」は 日本語では「囲碁が終わった後に対局内容を初めから順に置いてみること」に限り,朝鮮語の「振り返ってみる,戻って再確認する」の一般的意味はありません,日本語版なら正しい日本語で書くことが必要です。おそらく 朝鮮語では 漢字で表さないため「碁」の存在がなくなっているのでしょう。お粗末です。
   何をしても お粗末です。犠牲になった子供たちが可哀そうです。

| |

« 世界の異常気象実態 | トップページ | 大谷は三冠王がとれるか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の異常気象実態 | トップページ | 大谷は三冠王がとれるか »