« 世界の生産性ランキング,2023年。 | トップページ | 「十徳ナイフ」所持の違法性有無- 最高裁へ »

2023年8月16日 (水)

見出しに見る勘違い(その930)

「文大統領『ジャンボリーで国格を失い,招致大統領として謝罪』」 2023/8/14 中央日報・日本語版
   ‘文在寅(ムン・ジェイン)前大統領が 13日「2023セマングム世界スカウトジャンボリー」が紆余曲折の末に幕を下ろしたことに対して立場を明らかにした。
  文前大統領はこの日,フェイスブックで「セマングム・ジャンボリー大会で私たちは多くのものを失った」として「国格を失い,誇りを失った」と話し始めた。また「恥は国民のものになった」として「人の準備が足りなかったため,天も助けなかった」と批判した。
  また「セマングムを世界に広報して経済的開発を促進し,立ち遅れた地域経済を成長させる絶好の機会だと考え,大会の誘致に総力を注いだ全羅北道(チョルラブクド)道民の期待は(今回)無駄になり,不名誉を被るばかりだった」とし「どうか今回の失敗が苦い教訓として残り,大韓民国がこれ見よがしに立ち直ってほしい」と呼びかけた。  
  文前大統領は最後に「大きく失望した国民,全世界のスカウト隊員,全北道民や後援企業に大会誘致当時の大統領として謝罪と慰労の気持ちを伝える」と明らかにした。
   一方,12日にジャンボリーが終わるや大会失敗の責任を巡る政府与党と野党間の責任攻防が本格化した。
国民の力のチョン・ジュヘ院内報道官は同日,「文在寅政府と全羅北道はジャンボリー準備期間6年のうち,5年間何もしなかった」とし,「全羅北道の条件をつけない予算増額要請で総事業費が 491億ウォン(約53億円)から 1171億ウォンに高騰したが,干潟をキャンプ場に作る基盤施設には 205億ウォンだけが投じられた」と指摘した。
  同日,民主党のキム・ソンジュ政策委首席副議長は「ジャンボリーの運営失敗は無能さ・無対策・無責任という尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の『3無』の国政運営が全て明らかになった象徴的な事件」とし「大統領の謝罪や首相の辞退,国政調査を要求する」と明らかにした。' とのことです。
   「国格」を失ったそうですが,「国格」は日本語ではないので 日本語版に使われても困ります。察するに 「国格」とは「国家の体面・尊厳」を意味しているのでしょう。漢字を使えば日本人は理解できると思うのは間違いです。「国格」は 中国語です。
   国内では 前・現政権の責任のなすり合いの状況も見えますが,冷静に反省・分析し,少しは信用できる国になってほしいものです。  

| |

« 世界の生産性ランキング,2023年。 | トップページ | 「十徳ナイフ」所持の違法性有無- 最高裁へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の生産性ランキング,2023年。 | トップページ | 「十徳ナイフ」所持の違法性有無- 最高裁へ »