« 「後期高齢者医療被保険者証」が届いてー | トップページ | 異常な気温変化(11月24日) »

2023年11月24日 (金)

大谷選手を必要とするチームは-

MLBホームページ ‘MLB.com’ のNov.22, 2023付けで
Ranking the teams that need Ohtani most
「大谷を最も必要とするチームのランキング」
と題する記事が 掲載されました。

下記,拙訳・転載します。
*********************

001_20231123183901
それが,この冬の最大の論題(question)である。それがこの冬の唯一の論題かもしれない:大谷翔平はどこと契約するのか? 彼がどのチームを選ぶにせよ,おそらく史上最も才能のある選手に記録を打ち立てる契約を与える(bestow)ことになり,そうすることでチームは彼のフィールド上での活躍だけでなく、フィールド外での彼の意味するところからも恩恵を受ける(reap)ことになるだろう。 多くの点で,大谷は単なるアスリートではない。彼はマーケティングのアイコンとなり,次のクラブのユニフォームを着て世界中で目に見える形になるだろう。

知名度やスポーツの超越性(transcending)についての話題が多いにもかかわらず,大谷は依然として野球選手である。したがって,大谷と契約することが何を意味するかについては当然の議論がたくさんあるだろうが,フィールド上で次のクラブを助けるために彼が何をするのかについて,それほど派手(glitzy)ではないにしても重要な会話もある。ご存知の通り,野球ネタ(Baseball stuff)である。

では,2024年に限って言えば,彼が最も助けるのは どのチームだろうか? 肘の手術により2025年までマウンドから外されることになるため,来シーズンの彼は投手ではないことを覚えておいてください。彼は指名打者であり,彼の二刀流での英雄的な活躍がどれほど誇大宣伝されているかを考えると,それはやや残念に聞こえるかもしれませんが、 彼は打率 .304/ 出塁率 .412/長打率 .654,ホームラン44本を打ったところだということにも気づいてください。それが彼の「すべて」であるなら,信じられないほど価値のある選手であり,‘FanGraphsの計算によれば,打者としてだけで 6.6 WARWins Above Replacement) の価値がある選手である。

大谷と契約するチームはどこでも長期的なことを考えている。我々はそうではない。2024年に着地する可能性が高いクラブのうち,来シーズンに向けてフィールド上で最大のブーストを得るのはどのクラブだろうか? マーク・ファインサンド氏の最も可能性の高い目的チーム 8件のリストに,現在の噂に基づいた我々のお気に入りの 3チームを追加すると,11チームになる。影響が最も少ないものから (可能であれば) 最も影響の大きいものまで,ある程度の主観を含むが,以下 始めよう

  1. Angels

申し訳ない。我々は,彼が去ればフランチャイズを打ち砕く(franchise-shattering)瞬間になることを知っているし,球界の他の誰もがそれはありえないと思うのと同じくらい,彼が戻ってくる可能性はまだわずかにあると実際に信じている。ただ,彼らはこれまで6シーズンの一部で彼を起用してきたが,そのうちの1シーズンも優勝を果たした年はなく,ましてやポストシーズン出場権を獲得できたわけではない。 言うまでもなく,そのどれもが大谷のせいではなく,彼を失うことで彼らの今後の道はさらに困難になることは間違いない。しかし,プレーオフ・チームが最大のスターを失うわけでもない。彼がいてうまくいかなかった;彼がいなくても,それほど悪くはならないかもしれない。

  1. Dodgers

あなたも驚いているだろうね? これは大谷を獲得する可能性が最も高いと見られているフランチャイズだが,それでも我々は彼らをこの10位まで下げている。問題は,ドジャースがちょうど100試合に勝ったということである。彼らの問題のほとんどはボロボロの(tattered)先発ローテーションにあり,大谷は2024年にはそれを助けることができないだろうし,彼と同じくらい偉大な打者ではあるが,チームは 2023年の主要なDHだったJ.D.マルティネスが33本塁打と .893OPSを記録しただけだった。大谷はマルティネスよりも優れているか? はい,確かに,特にマルティネスは現在フリー・エージェントなので。 大谷はそんなに優れているか?おそらく,あなたが思っているほど大きく針を動かすような方法ではないかもしれない。 もし彼がそこに着地した場合,2024年の影響の多くはフィールド外の側面に関するものとなるだろうが,2025年以降のローテーションにも貢献できることが期待される。100試合に勝ったばかりでは,改善できる上限はほとんどない。

  1. Red Sox

ボストンには新チーフ・ベースボール・オフィサーのクレイグ・ブレスロウを補う人材がたくさんいるが,ジャスティン・ターナーがフリー・エージェントになったとしても,DHがその中にいない可能性もある。 彼らがマウンド上で多大な助けを必要としていることは明らかであり,二塁手や打席の後ろでも答えるべき質問がある。 昨シーズン大きな懸念だった守備が,吉田正尚が左翼手から指名打者に転向した方が良いのかという疑問もある。 もちろん,これによって可能であれば大谷を追加することができなくなるわけではない; その場合,あなたは絶対に吉田の守備に耐える。しかし,このリストにある他のクラブと比較すると,ボストンは思っているよりも順位が低い。

  1. Padres

これをすでに聞いたことがある方は読まないで。サン・ディエゴは,ブレイク・スネル,ジョシュ・ヘイダー,ニック・マルティネス,マイケル・ワチャ,セス・ルーゴが全員フリー・エージェントであるため,打者よりもはるかに投手が必要なチームである。一塁手と捕手には課題がある;フアン・ソトをトレードするかどうかについては現在も議論が続いている。 マット・カーペンターと新たに引退したネルソン・クルーズは,パドレスが17位だったDHでの先発出場数はそれほど多くないだろうと言っても過言ではない。ここにはうまく適合しているが,それが起こるまでには多くの複雑な問題がある。

  1. Rangers

前回のワールド・シリーズ・チャンピオンは,ただ黙っているつもりはなく,10年以上前と同様に,大谷の加入に興味を持っていると噂されている。もちろん、レンジャーズは2023年に3番目に多い得点を記録したばかりであり、ドジャースやパドレスとやや似ており,現在の課題の多くはマウンド上にある。 昨年の主力指名打者だったミッチ・ガーバーとロビー・グロスマンはどちらもフリー・エージェントであり,バットを輸入するのは悪い考えではない,と指摘するのは正当なことだが、彼らはエバン・カーターのフルシーズンの恩恵を受けるだろう。繰り返すが,投球ほど緊急ではないが,レンジャーズはここ数年,インパクトの強いストーブ・シーズン(Hot Stove)の動きをたくさんしてきた。

  1. Cubs

シカゴはクレイグ・カウンセル監督との契約で大きな話題を呼んだが,昨年はプレーオフに進出できず、現在フリー・エージェントのコディ・ベリンジャーとマーカス・ストローマンがいない選手登録枠(roster)を新しい監督(skipper)が引き継ぐことになる。 ベリンジャーを引き留めることはカブスの最優先事項だが,もし彼が復帰しなければ,優れたとは言えない(good-not-great)攻撃陣はトップ・バッターを失い,本当の意味での内部補充もできないことになる。確かに,マット・チャップマンやリース・ホスキンスのような1塁,3塁手(corner infielders)はここにフィットするかもしれない。しかし,彼らは大谷ではないですよね? 昨年の主力DH,クリストファー・モレルはすでにトレード市場で注目の選手であり,大谷を加えることは,モレルと交換される可能性のあるものに利益をもたらすことを意味する。現時点では,おそらく登録選手は真剣な候補者になるのに十分ではない。我々はそれを変えるための素晴らしい方法を 1つ知っている。

  1. Yankees

ヤンキースは攻撃力に必死で(desperate),得点数は6番目に少なく,長打力は9番目に弱い。彼らの左投手はロイヤルズ,アスレチックス,ホワイト・ソックスだけよりも優れていたため,彼らは左利きの攻撃陣を切望している。昨シーズンの悪い雰囲気の後に前向きな新鮮な空気を吸う必要性を脇に置いても,ここでのフィールド上の影響は明らかである。ここでの明らかな問題は,ジャンカルロ・スタントンが主力DHであり,外野のコーナーでプレーできると言いたいところだが,彼の最近の健康状態についてはその可能性を示すものは何もない。繰り返すが,大谷を獲得できるなら,それを止めてはならない。スタントンをトレードするか,彼ができる限り多くの外野出場時間を獲得するだけだ。しかし,それもかなり厄介だ。実際,MLB.comのマーク・ファインサンは最近,ヤンキースが大谷の「くじびき(sweepstakes)」に参加する予定はないと指摘した。

  1. Mets

ヤンキースについて我々が述べたことの多くは,DHでの障害(roadblock)がないことを除いて,メッツにも当てはまる。(最近入札外となったダニエル・フォーゲルバッハは,クラブの2023年問題の多くを体現しているかのようにやや不当に見られていたが,彼も実際の解決策ではなかったと指摘するのは公平だ。) ヤンキースと同様,チームの攻撃力は ひどい失望もの(disappointment)だった;ヤンキースと同様,メッツは地元紙の裏ページを獲得することに価値があると考えている高給取りの(high-payroll)チームである。 ヤンキースとは違って,まったく厄介な(messy)フィット感ではない。 たとえ来シーズンが終わるまでマウンドで大谷がチームを助けることができないとしても,彼のバットは2024年のメッツのゲーム・チェンジャーとなるだろう。しかし,ここでの他の多くのクラブと同様に,マウンド上での必要性ははるかに緊急である。

  1. Blue Jays

ダーク・ホースの可能性があるジェイズは,少なくとも3人の打者を交換する必要がある(マット・チャップマン,ケビン・キアマイヤー,ブランドン・ベルトはそれぞれフリー・エージェント)。やや当惑するような2023年は,他のクラブとは異なり,強固な層を持っていることを示したが,実際はもう一つスターが必要である。 (少なくとも,ウラディミール・ゲレーロ・ジュニアが再び同じようなプレーを始めない限り。)彼らの素晴らしいローテーションが永遠に続くとは期待できず,ゲレーロとボ・ビシェットはそれぞれフリー・エージェントになる予定だ。 ジェイズがベルトに代わるDHタイプを追加するのは間違いなさそうだ。誰もがそれが史上最高のカナダ人選手の一人,ジョーイ・ボットであることを望んでいる。代わりにそれが大谷だったらどうだろう?

  1. Mariners

シアトルは一般に,大谷の期待されるレベルの契約に至ることはないが,繰り返しになるが,これまでに一度もそのとおりになったことはなく,選手とシティの間にはつながりがあった。先発投手が不足しているのではなく,余っている可能性がある数少ないチームの1つであるマリナーズは,フリオ・ロドリゲス,J.P.クロフォード,カル・ローリー,そしておそらく他にはそれほど頼ることのできない打線に何らかのポップを加えることを切実に必要としている。2023年にマリナーズより多くの三振を奪ったチームは1チームだけだったが,長打力は平均にすぎなかった。 マイク・フォードが他のマリナーズの2倍以上のDH先発出場を果たし,その報酬として指名されていたと信じられるだろうか? 攻撃力を非常に必要としているチームがこれ以上の成績を収めることはできなかったが,残念なことに,大谷はマリナーズの計画に含まれない可能性があるようだ。

  1. Giants

これだ。これがそのチームである。2023年のジャイアンツは決して悪くはなかった。 その代わり,おそらくより悪いこととして,彼らには魅力的な選手がいなかった。 登録選手枠に流動的な部分が多く,実際のスター力がほとんどなかった登録選手に高額のアイテムが欠けていたことは明らかであり,昨オフシーズンにアーロン・ジャッジとカルロス・コレアの両方を追加しようとしたので,それがわかっている。 一方,長打率 .383はナショナル・リーグで最低だった。昨年の主力DH,ジョク・ピーダーソンはフリー・エージェントだ。 障害物はない。内野,外野を問わず切実な(dire)ニーズがある。彼らには長打力とスターの力が必要だ。彼らには大谷が必要だ。このチームほど彼が助けになるチームはない。

(転載了)
*****************
さて 2024年は いずれのチームで活躍するのでしょう。

| |

« 「後期高齢者医療被保険者証」が届いてー | トップページ | 異常な気温変化(11月24日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「後期高齢者医療被保険者証」が届いてー | トップページ | 異常な気温変化(11月24日) »