« 「フジバカマ」に「アサギマダラ」来訪。 | トップページ | 図形問題- 小学生でも解ける? »

2023年11月 7日 (火)

世界の夏時間 適用状況

世界には 夏時間(daylight saving time)を適用している国があり,例えば 「英国は今 何時だろう?」という時は 日本の時刻がグリニッジ標準時から進んでいるのが 夏時間適用期間かどうかで 9時間か 8時間かを判断する必要があります。

Pew Research Center’,OCTOBER 26, 2023付けで
Most countries don’t observe daylight saving time
「ほとんどの国では夏時間を採用していない」
の見出し調査報告がありました。

下記,拙訳・転載します。
********************
ほとんどのヨーロッパ人は1029日に時計を1時間「戻す(fall back)」ように調整し,ほとんどの米国人は115日に同じように調整する。しかし,ヨーロッパと米国は原則というよりも例外である。ほとんどの国では,夏時間(春と秋に季節ごとに時計を進めたり巻き戻したりする習慣)を実施していない。

  夏時間を実施している国は世界の約3分の1 のみで,その大多数はヨーロッパにある。国連の定義に基づくと,欧州内では,アルメニア、アゼルバイジャン,ベラルーシ,ジョージア,アイスランド,ロシア および トルコだけが夏時間を実施していない。

ヨーロッパ以外では,夏時間は北米(米国とカナダの一部で夏時間を採用している),ラテン・アメリカおよびカリブ海地域で最も一般的である。

エジプトはアフリカで唯一夏時間を導入している国として際立っている。

001_20231031153501

  世界の約半数の国が過去に夏時間を実施していたが,現在は実施していない。過去10年だけでも,アゼルバイジャン,イラン,ヨルダン,ナミビア,ロシア,サモア,シリア,トルコ,ウルグアイはすべて季節による時差の変更を終了した。 2022年,メキシコ議会も国内のほとんどの地域でサマータイムを廃止することを可決したが,米国国境に近いメキシコの大都市や他のいくつかの場所は免除されている。

エジプトには,過去10年(2014年)以内に夏時間を廃止し,また夏時間を復活させたという独特の特徴がある。今年,国はエネルギーを節約するために再び時計を調整した。

ヨーロッパと米国のほとんどの国では夏時間を導入しているが,欧州委員会や米国議会の一部の政策立案者は夏時間を廃止することを提案している。

  米国を含む一部の国では,国内の一部でのみ夏時間を導入している。米国では,ハワイ,アリゾナ州の大部分,および一部の準州では夏時間を採用していない。オーストラリア,ブラジル,カナダも同様である。 たとえば,オーストラリアでは,クイーンズランド,ノーザンテリトリー,西オーストラリア,クリスマス島,ココス (キーリング) 諸島では夏時間は実施されていない。

  過去 10年間に政治的または経済的な理由でタイム・ゾーンを変更した国もある。たとえば,ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は,電力消費への懸念を理由に,子どもたちが昼間に起きて学校に行けるようにするという前任者のタイム・ゾーン変更を撤回することを2016年に決定した。

2018年,北朝鮮の指導者 金正恩氏は歴史的な首脳会談を前に自国の時計を韓国の時計に合わせて変更し,独自のタイム・ゾーンである平壌時間を確立するという2015年の決定を覆した。

サントメ・プリンシペはタイム・ゾーンを2回変更した。1回目は2018年に戦略的開発計画の一環として,2回目は新首相の下で2019年に以前のタイム・ゾーンに戻した。

2018年以来,モロッコも恒久的に夏時間を導入し(実質的にタイム・ゾーンを UTC+0からUTC+1に切り替える),夏時間と冬時間ではなくラマダンに基づいて時計を変更する。

  米国は複数のタイム・ゾーンを持つ数少ない国の 1 つである。複数のタイム・ゾーンを持っている国は世界で約20ヶ国だけである。多くの場合,その国が海外領土を管理しているためである。

たとえば,フランスはタイム・ゾーンが最も多い国としてよく挙げられる (時期に応じて 12 または 13)。 しかし,フランスの大都市圏,つまりヨーロッパに位置するフランスの一部に住んでいる人は皆,単一のタイム・ゾーン内に住んでいる。

最も切れ目のない(contiguous)タイム・ゾーンを持つのはロシアで,11ある。

米国には 9つのタイム・ゾーンがあり,そのうち 6つが 50州をカバーし,残りの 3つが準州に適用される。また,米国の州によっては,州内に複数のタイム・ゾーンが存在する場合もある。

  大多数の国は,「定時(on the hour)」に対応しているが,そうでない国もいくつかある。世界のほとんどの地域では,新しいタイム・ゾーンに入るには,時計の時針を調整するだけで済む。しかし,いくつかの国を訪れると,分針も調整する必要がある。

アフガニスタン (UTC+4.5),インド (UTC+5.5),イラン (UTC+3.5),ミャンマー (UTC+6.5),スリランカ (UTC+5.5) はすべて 30分だが,ネパール (UTC+5.75) 45分で,他のほとんどのタイム・ゾーンと比較して 45分単位で表示される。 (UTC は協定世界時(Universal Time Coordinated)または協定世界時(Coordinated Universal Time)で,1972年以前はグリニッジ標準時 (GMTGreenwich Mean Time)) と呼ばれていた。)

また,オーストラリアとカナダにはそれぞれ正時制(on the hour)の場所と30分制(on the half hour)の場所がある。ニュージーランドでは,国のほとんどの地域が正時だが,チャタム諸島は 45分である。

  地球上のほとんどの人にとって都合の良い会議をスケジュールしたい場合は,UTC+8 タイム・ゾーンの使用を検討するとよい。世界人口の約5分の1 が,中国全土を含むこのタイム・ゾーンに住んでいる。 UTC+8 には,特にフィリピン,インドネシア,オーストラリアなどの人口の多い国の全部または一部も含まれる。

会議に適したもう 1つの選択肢は,スリランカと並んで世界で最も人口の多い国であるインドを含むタイム・ゾーンである UTC+5.5 である。このタイム・ゾーンには世界人口の約18% が住んでいるす。

002_20231031153501

(転載了)
********************
浅学にして UTCCUT)を初めて知りました。
簡単には “GMT” はタイム・ゾーンであり,“UTC” は標準時刻(time standard)ですね。

季節によって 「日の出」と「日の入り」時刻が変化していくところがいいのですが・・・。

| |

« 「フジバカマ」に「アサギマダラ」来訪。 | トップページ | 図形問題- 小学生でも解ける? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「フジバカマ」に「アサギマダラ」来訪。 | トップページ | 図形問題- 小学生でも解ける? »