« 米国人は 何に,いくらチップを払うか? | トップページ | 笑える英語表現 50件中の日本の3件 »

2023年11月21日 (火)

見出しに見る勘違い(その943)

「『ミシュランガイドNY2023』71軒のうち11軒は韓国料理レストラン,日本食は18軒」  2023/11/18 朝鮮日報・日本語版
   ‘全世界の食文化の中心地、米ニューヨーク市で,レストラン格付け誌「ミシュランガイド」に掲載されたレストラン71軒のうち日本食レストランは18軒(25%)と躍進した。
    米国の外食産業専門メディア「Eater」は7日(現地時間)「(前日に発表された)『2023ミシュランガイド・ニューヨーク』で最も大きなニュースは、日本食レストランの躍進」だとつづった。今年ミシュランに掲載されたニューヨーク市のレストランのうち、日本食レストランは三つ星が1軒、二つ星が2軒、一つ星が15軒だ。・・・
   特に、今年ニューヨーク市で一つ星から二つ星にランクアップしたレストラン2軒はいずれも日本食レストランだった。懐石料理「odo」は、マンハッタンを象徴するビルの一つ「フラットアイアンビルディング」から南に2ブロック離れた場所にある。大堂浩樹シェフが、日本式のコース料理である懐石料理を提供する。ミシュランガイドは「程よく火を通して柚子(ゆず)を添えたアマダイと、イクラをあしらったコシのあるそばなどが、豊かな風味を感じさせてくれる」と評価した。

  今回二つ星にランクアップした、アッパーイーストサイドにある「Sushi Noz」は、江戸時代から伝わる伝統的な手法で作った料理が特色だ。冷蔵庫のなかった江戸時代には、東京湾で獲れた海産物を長い間保存できるよう塩漬けにしたり、煮たり焼いたりして加工していたが、「Sushi Noz」ではそのような手法を用いた料理を提供している。また、今年「Joji」と「Sushi Ichimura」は新たに一つ星を獲得した。ニューヨーク市全体で4軒しかない三つ星レストランの一つ「Masa」も日本食レストランだ。ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)のパク・チンベ教授は「日本食はコロナ禍でしばらく低迷したが、数年にわたってマンハッタンで確固たる地位を築いてきた」として「今回は、日本の底力が現れた格好だ」と話した。
 ニューヨーク市内の韓国料理レストランは今年、新たに2軒が一つ星を獲得し、これまでの二つ星レストラン2軒などを合わせて過去最高の11軒(15%)がミシュランに掲載された。新たに一つ星レストランとなった「Meju」は、クイーンズ区のロングアイランドシティにある。2011年に全世界の韓国料理レストランの中で初めてミシュランで星を獲得したニューヨークの「Danji」のシェフ、フニー・キム氏が昨年新たにオープンした高級レストランで、韓国伝統の発酵料理などを提供する。マンハッタンのダウンタウンにある「bom」は、ミシュラン掲載のレストラン「Oiji Mi」を運営するシェフ、ブライアン・キム氏が立ち上げた韓国式ステーキハウスだ。ミシュランガイドは「Meju」について「シェフのフニー・キム氏はこれまで10年にわたって韓国の伝統的な材料を中心にメニューを作っており、料理のディテールが印象的だ」と評価した。また「bom」については「優雅なサービスと丁寧に仕上げられた料理など、細かな部分までこだわっている」と評価した。ミシュランで三つ星を獲得した韓国料理レストランはまだない。’ とのことです。
   韓国料理レストランの健闘ぶりに驚きました。日本料理店 18軒に対して 11軒というのは 韓国料理店に行ったことがない私からすれば 大健闘です。ところで 韓国料理というのは正しい日本語でしょうか,朝鮮半島の料理は朝鮮料理では?

| |

« 米国人は 何に,いくらチップを払うか? | トップページ | 笑える英語表現 50件中の日本の3件 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国人は 何に,いくらチップを払うか? | トップページ | 笑える英語表現 50件中の日本の3件 »