« 日本,韓国,台湾,香港の人々が脅威を抱く国は― | トップページ | アンデルセンで 「パネトーネ」を買った,が ー。 »

2023年12月16日 (土)

見出しに見る勘違い(その948)

「オランダ,韓国大使を呼んで『国賓訪問儀典に対する懸念』伝達」  2023/12/15 中央日報・日本語版
   ‘韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の国賓訪問(11~15日)を10日後に控えていた今月1日,オランダ側が韓国の過度な警護および儀典要求に懸念を表わすために,崔馨燦(チェ・ヒョンチャン)駐オランダ大使を呼んでいたことが分かった。
  14日,関連事情に詳しい複数の消息筋によると,オランダ政府は崔大使を呼んで国賓訪問警護や儀典を巡る韓国の多様な要求に「懸念と要請事項」を伝えた。
    警護上の必要を理由に訪問地のエレベーター面積まで要求したこと等,具体的な事例を挙げて不満を表したという。
特に半導体装備企業であるASMLの機密施設「クリーンルーム」訪問日程に関連し,韓国側が決められた制限人員以上の訪問を要求したことに対する懸念も大きかった。ある消息筋は「オランダが相手国首脳の訪問を控えて駐在大使を呼んで抗議したのは異例」と伝えた。
   首脳訪問を準備する過程で相互間で意見の違いがある場合,互いに譲歩しないで水面下で相手に了解を求めることは一度や二度ではない。ただし外交消息筋は「オランダ側は外交チャネルを通じて数回にわたり受け入れにくい部分に対する協議と調整を試みたが,状況が改善されないため,抗議を表する次元で大使を呼んで懸念を伝えたものと理解している」と話した。
    招致直後,在オランダ韓国大使館は本部に電文を送って状況を報告した。1961年修交以降62年ぶりに初めて行われた韓国大統領の国賓訪問を控えて、このような儀典葛藤が首脳外交そのものに悪影響を及ぼす可能性を懸念したためとみられる。
   尹大統領の今回のオランダ訪問は「半導体同盟」という両国関係の新たな時代を切り開いたという点で意味が大きい。だが,今回の大使招致事態を振り返り、今後の政府内疎通方法や専門性を強化し、再発を防がなければならないという指摘も出ている。特にオランダ側は大統領室・外交部・大使館など各チャネルからそれぞれ要求事項を散発的に伝達する協議態度に不満を表わした。
   これに関連して外交界内外では大統領室の儀典ラインの専門性を確保しなければならないという指摘が相次いでいる。金承禧(キム・スンヒ)元儀典秘書官はイベント代行会社代表出身で,当時も儀典業務の専門性が検証されていないという指摘が出ていた。これに加えて今回の招致事態は,これを補完すべき外交部儀典ラインもしっかりと機能を果たすことが出ていない点も露呈した。大統領室・外交部・大使館などで,情報共有を通した業務成果の増大を図るよりも,情報を独占して成果を一人占めしようとする雰囲気が強いことも問題だという話も出ている。
    外交ラインの内部では「互いに情報を隠して指揮系統も無視することがある」という不満もある。これに先立ち,今年7月にはリトアニア・ヴィリニュスを訪問した当時,金建希(キム・ゴンヒ)夫人の「高級ブランド品ショッピング論争」に大統領室が「客引き行為を受けて店舗に入った」と説明したことが議論になり,当時も儀典システムに対する懸念が提起された。前職高位外交当局者は「儀典分野で原則が不確かで業務システムがしっかりと整っていないのは,首脳外交の基盤と土台自体が揺らぐ結果につながりかねない」と懸念した。
   これについて外交部当局者は「(今回の招致は)国賓訪問が迫った時点で儀典関連の細部事項を速かに調整するために行われた疎通の一環」としながら「オランダ側は我々儀典チームの専門性と正確性を評価して謝意を数回伝えた」と明らかにした。’  との報道です。    
   流石 韓国です。他国の迷惑顧みず ・・・ 。
「大統領室・外交部・大使館など各チャネルからそれぞれ要求事項を散発的に伝達する協議態度に不満を表わした。」当然でしょう。
不満と言うより,「チャンネルは1本にまとめろ。」という指示でしょう。その中に 「エレベーターの面積の要求」など笑止。

| |

« 日本,韓国,台湾,香港の人々が脅威を抱く国は― | トップページ | アンデルセンで 「パネトーネ」を買った,が ー。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本,韓国,台湾,香港の人々が脅威を抱く国は― | トップページ | アンデルセンで 「パネトーネ」を買った,が ー。 »