« 興味の薄い「万国博覧会」 | トップページ | 気温 3℃,体感 2℃ で "Beanie"。 »

2023年12月 4日 (月)

‘Nation Brand Index(国家ブランド指数)’ 2023年,日本 初の1位

2023年111日,Anholt-Ipsos(アンホルト-イプソス)Nation Brand IndexNBIが発表され,日本の国家イメージが初の首位を獲得しました。
60ヶ国を対象として 次の6つの要素により 各国のbrand imageの 力(power)と 質(quality)を評価しています。

Cover_20231126191701

報告書を 抜粋,まとめて下記に示します。

*************
The Anholt-Ipsos Nation Brands Index” は,2008年の春からイプソス(Ipsos)と共同で毎年実施されており,60ヶ国のイメージを測定している。“The Anholt-Ipsos NBIは,国家のアイデンティティの 6つの側面に対する世界的な認識を調査することにより,各国の「ブランド・イメージ」の力と魅力を測定する。

NBI の調査は,国際関係や貿易,ビジネス,文化,観光活動の流れにおいて重要かつ多様な役割を果たしている主要先進国および新興国 20ヶ国を対象に実施されている。発展途上国が果たす世界的な役割がますます重要になっていることを考慮して,調査先の採用プロセスでは,地域代表のバランスと,高所得国と中所得国の間のバランスが確保される。

回答者は 18歳以上の成人で,それぞれオンライン調査でインタビューを受けた。最新のオンライン人口パラメータを使用して,各国で得られたサンプルは,年齢や性別などの主要な人口統計的特徴を反映するように重み付けされています。このレポートは,これら 20ヶ国のオンライン人口の見解や意見を反映している。

フィールドワークは2023627日から83日まで実施されました。
調査を実施した 6万人以上 20ヶ国を下図に示す。

Panel-countries

6つの要素

Exports(輸出) :この側面では、製品がどこで作られたかを知ることで購入される可能性が増加するか減少するか(「原産国効果」とも呼ばれる),その国が科学技術において特別な強みを持っているかどうか,またそれが優れているとみなされるかどうか,国内および世界的な取り組みにおいて革新的かどうかを検討する。
Governance(統治) : この側面には,政府の認識されている能力と誠実さ,政府による国民の扱いと権利の尊重,さらには国際平和と安全,環境保護,世界の貧困削減の分野における世界的な行動が組み込まれている。
Culture(文化) : 文化的側面は,その国の伝統と,音楽,映画,芸術,文学から得られる現代文化の「雰囲気(vibes)」,およびスポーツにおける卓越性の認識を収集することによって測定される。
People(国民性) : 国の友好度に関する一般的な評価は,回答者がその国を訪れたときに歓迎されていると感じるかどうかによって測定される。さらに,私たちは個人レベルでの人々の魅力,つまり回答者がその国の親しい友人を持ちたいと思うかどうか,専門レベルの人的資源だけでなく,その国から優秀な人材を雇用することに回答者がどの程度意欲があるかということである。
Tourism(観光) : 回答者は,自然の美しさ,歴史的建造物と記念碑,都市生活と観光スポットの活気の 3つの主要な分野でその国の観光の魅力を評価している。観光の可能性も評価される:お金が目的でなければ,回答者がその国を訪れる可能性がどの程度あるかということである。
Investment and Immigration(投資・移住) : 最後に,ある国の人材や資本を引きつける力は,人々がその国で学び,働き,あるいは生活することを検討するかどうかだけでなく,その国の経済的繁栄,機会の平等に対する認識,そして最終的にはその国が生活の質の高い場所と認識されているかどうかによっても測られる。

NBI Score(総合 国家ブランド指数スコア)
NBI スコアは,上記の 6つの指数のスコアの平均である。各指数には 35つの評価質問がある。 評価は 17 のスケールに基づいており,7が最高または最善,1 が最低または最悪,4 が中間の位置で肯定的でも否定的でもない。

NBI 2023 Topline Findings/結果まとめ

日本が国家ブランド指数で総合1位となり,ドイツと米国以外でトップの座を獲得した初めての国となった。

ドイツは2016年以来初めて2位に転落し,6年間続いた1位の座に終止符を打った。

英国は 6位から 4位に上昇し,再びトップ 5 に入った。イタリアは4位から5位に下がり,米国は8位から6位に上昇した。フランスはトップ5圏外となり,5位から8位に落ち,過去最低の順位となった。

ウクライナの総合スコアは2022年から2023年にかけて安定しているが,他のほとんどの国では改善がみられ,その結果,総合ランキングで47位から57位に10ランク下がった。

NBI 諸国を訪問したいという全体的な意欲は,2022年に減少した後,2023年には過去最高に達する。

NBI諸国への投資の魅力は昨年低下したが再び回復した。

60ヶ国の調査結果を 下表に示す。

Ranking1

トップ10ヶ国とそれらの去年との比較を下表に示す。

Top-10_20231126191801

Japan pulls ahead/日本は先を行く

日本はドイツを上回り,国家ブランド指数で60ヶ国中1位にランクされ,アジア太平洋地域で初めてNBIのトップに立った国となった。ドイツが6年連続で記録更新の1位を維持している一方で,日本は着実に順位を上げており,2019年に5位,2020年に4位,2021年に3位,2022年に2位,そして2023年にはついに1位となった。今年,日本の地位は全体的に向上し,6つの指数すべてでトップ10に入った。その評判は依然として輸出指数で最も高く,現在では科学技術への貢献,創造的な場所であること,製品の魅力という 3つの属性すべてで第1位を保持している。また,日本は国民性,観光指数でも評判が高く,国民の雇用適性(employability)と都市の活気(vibrancy of its cities)で高い評価を受けている。

「国家の国際的なイメージが重要であるのは,貿易,観光,投資,人材を惹きつけるその国家の能力に多大な影響を与えるからだけではない:それらは,私たちの世界と私たちの集団の未来を形作る地政学的な底流(the geopolitical undercurrents)の兆候(symptomatic)でもある。」と NBI創設者サイモン・アンホルト(Simon Anholt)は言う。

「現在,日本が地球上で最も賞賛される国であるという事実,ドイツと米国を除けばこの地位に到達した最初の国であるという事実は,ソフト・パワーの世界的なバランスが我々の目の前で変化していることを裏付けている。我々は新たな秩序の中にいる:2023年の『アンホルト・イプソス・ネイション・ブランド・インデックス』は,アジアの世紀が始まったことを示す最初の紛れもない兆候である。」

日本の 2008年からのランキング変化を示す。

Japan-rise

(転載了)
*******
国際情勢の中での日本を 卑下してはいけません。世界の人々は 相当 好意的に日本を評価しています。

| |

« 興味の薄い「万国博覧会」 | トップページ | 気温 3℃,体感 2℃ で "Beanie"。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 興味の薄い「万国博覧会」 | トップページ | 気温 3℃,体感 2℃ で "Beanie"。 »