« 面積を求める-思いつかない回答 | トップページ | 初めて聞く言葉「つながらない権利」 »

2024年4月13日 (土)

米国メディアが伝える「水原一平」事件の現状

CBS SPORTS.com’ はApr.11,2024付けで
Feds allege Shohei Ohtani's ex-interpreter stole $16M: Court docs show Ippei Mizuhara's texts, gambling habits
「大谷翔平の元通訳が1600万ドルを盗んだと連邦当局が申し立て:法廷文書は 水原一平のメール,ギャンブル中毒を示す」
の見出しで伝えています。

下記,拙訳・転載します。
*********************
先月ドジャースから解雇された水原は銀行詐欺(bank fraud)の罪で起訴されており,最長で懲役30年の可能性がある。

現在メジャー・リーグ・ベースボールを巻き込んでいる賭博スキャンダルに巻き込まれた大谷翔平の元通訳である水原一平が,ドジャースのスーパースターから1600万ドル以上を盗んだ疑いで銀行詐欺の罪で起訴されたとカリフォルニア中央地区連邦検察局(the U.S. Attorney's Office for the Central District of California)が木曜日(411日)の記者会見で発表した。
「水原氏(Mr. Mizuhara)は主に違法なスポーツ賭博への貪欲な欲求(voracious appetite)を賄う(finance)ためにこの金を盗んだ」と米国検事マーティン・エストラーダは木曜日に述べた。

検察によると,内国歳入庁刑事部門(the Internal Revenue Service's criminal division),国土安全保障省(the Department of Homeland Security),連邦検事局(the U.S. Attorney's Office)が共同主導した(co-led)この捜査で,2018年シーズン前にエンゼルスと契約して以来,大谷と協力してきた水原が,大谷の銀行口座に直接アクセスできる権限を持っており,その権限を利用して,スポーツ賭博が禁止されているカリフォルニア州の違法ブックメーカーに数百万ドルを不正に(illicitly)注いだ(funnel)ことが判明した。

刑事告訴状(the criminal complaint)によると,水原容疑者は3月下旬にスキャンダルのニュースが流れた後,ブックメーカーに宛てたメッセージで「正確に言えば(technically),私は彼から盗んだ」と書いたとされている(allegedly)。 「私はもう終わりです。(It's all over for me.)」

検察側(prosecutors)は,大谷はこの事件の被害者とみなされていると繰り返し述べた。記者会見でエストラーダは,大谷がデジタル機器へのアクセスを含め,捜査に「充分かつ完全に(fully and completely)協力」したと指摘した。エストラーダは木曜,水原と大谷の間のやりとりには「賭博(betting, wagers),ブックメーカーへの送金の承認についての議論がなかったことが証明された。」と述べた。

米検察当局(the U.S. Attorney's Office)は,水原が銀行職員らと通話し,銀行が電信送金を確実に承認できるようにするため,経歴情報を提供するなど,大谷であると偽ったとされる電話の録音を入手した。 エストラーダはまた,水原が大谷の代理人,会計士,財務アドバイザーを含む他者の銀行口座へのアクセスを拒否していたと主張した。

刑事告訴状(the criminal complaint)によると,20222月のある電話で,水原は銀行員との電話で大谷であると偽り,「自動車ローンのための資金を送金しようとしていると虚偽の発言をした」という。その代わりに銀行は口座を凍結したが,水原は別の行員に電話をかけ,その際に再び大谷になりすまし(impersonated),凍結を解除できたとされている。

「水原はブックメーカーに対し,大谷から盗んだことを認めた」とエストラーダは語った。「水原は,その信頼の立場を悪用して,大谷を利用し,大谷の口座から1,600万ドル相当を略奪し(plunder),違法なスポーツ賭博に対する彼の飽くなき(insatiable)欲求を増大させた(feed)」。
エストラーダによると,大谷の口座からのお金は損失補てんに使われたが,水原の「もうけ」はすべて本人の個人口座に直接入金されたという。

IRSInternal Revenue Service:国税庁)刑事捜査特別捜査官タイラー・ハッチャーは,「刑事告発は,1600万ドルが実際に盗まれたことを明確に示している。」と述べた。

刑事告発には,水原とブックメーカー間で送られたとされる数十のメッセージが含まれている。

"I'm terrible at this sport betting thing huh? Lol . . . Any chance u can bump me again?? As you know, you don't have to worry about me not paying!!" Mizuhara allegedly wrote on or about Nov. 14, 2022.
「私はこのスポーツ賭博が苦手なんだよね?(笑)もう一度,バンプ・アップできる可能性はある??知ってのとおり,私がお金を支払わないことを心配する必要はない!!」 水原が 20221114日あたりに書いたとされる。

"I have a problem lol" Mizuhara allegedly wrote on or about June 24, 2023.
「問題がある(笑)」水原が2023624日頃に書き込んだとされる。

"I'm gonna be honest, I ended up losing a lot of money on crypto the last couple years and I took a huge hit obviously with the sports too...Just wanted to ask, is there any way we can settle on an amount? I've lost way too much on the site already...of course I know it's my fault," Mizuhara allegedly wrote on or about Nov. 19, 2023.
「正直に言うと,私はここ数年 暗号通貨で大金を失い,スポーツでも明らかに大打撃を受けた...ちょっと聞きたいのだが,何とか解決する方法はありますか? 私はすでにサイトであまりにも多くを失った...もちろん,それが私のせいであることはわかっている」と水原が20231119日かそのあたりに書いたとされている。

11月,ブックメーカーは水原と連絡が取れなかったようで,ニューポート・ビーチで大谷が犬の散歩をしているのを見ているとメッセージを送ったとされる。「ちょっと行って彼に話しかけて,水谷の返事がないのでどうやったら連絡できるか聞いてみるよ。」 刑事告訴状によれば,ブックメーカーはこう書いている。「すぐに折り返し連絡乞う。」

刑事告訴状によると,ブックメーカーは1月初旬,水原に「私を制御不能な状況に追い込んでいる」と告げたという。「今日中に連絡がなかったら,私の手に負えなくなる。(If I don't hear from you by the end of the day today it's gonna [sic=原文のまま] be out of my hands.)」

水原は202112月から20241月にかけて,1日平均25件,約19000件の掛け金を支払ったとされる。 刑事告訴状によると,これらの賭けの純損失は4,000万ドル以上に達したという。

水原は銀行詐欺で有罪判決を受けた場合,最高で懲役30年の刑に処される可能性がある。米国検察の報道官は,水原は金曜日に当局に自首する予定であると ‘The Athletic’ に語った。 水原は金曜日に保釈審問を受ける予定だが,弁論には応じないとみられている。今後,罪状認否(arraignment)が予定される可能性が高い。

エストラーダとハッチャーはともに,大谷が今後も捜査に協力することを期待していると語った。

ニューヨーク・タイムズ紙が 水原が有罪答弁に向けて交渉中であると報じた際,水曜日のCBSスポーツの取材に対し,大谷の代理人弁護士と水原の代理人弁護士はいずれもコメントを拒否した。検察は木曜,そのような交渉があったことを認めなかった。

MLBの広報担当者は木曜日の声明で「徹底した連邦捜査の結果,米国検察庁が水原を銀行詐欺容疑で告発したことを承知している」と述べた。「その捜査によると,大谷翔平選手は詐欺の被害者とみなされており,彼が違法ブックメーカーでの賭博を許可したという証拠はない。さらに,捜査では水原による野球賭博は見つからなかった。本日開示された情報を考慮し,既に収集したその他の情報を踏まえ,刑事訴訟の解決を待ってさらなる捜査が正当かどうかを判断する予定である。」

先月,このオフシーズンに大谷と史上最高額の7億ドルのフリー・エージェント契約を結んだロサンゼルス・ドジャースは,チームがパドレスとのシーズン開幕シリーズのために韓国に滞在している間,大谷の通訳としての水原を解雇した。この動きは,水原がカリフォルニアのブックメーカーと違法にスポーツ賭博をした疑いがかけられ,大規模な捜査の対象となったことを受けて行われた。

水原はまず ‘ESPN’ とのインタビューで,大谷がギャンブルでの借金を返済することに同意したと主張した。しかし,通訳で大谷の親しい友人はその後 方針を変え,大谷は状況を全く知らず,ブックメーカーに送金してないと述べた。 ‘The Times’ は水原が,ある時点で大谷の代理人であるネズ・バレロに対し,大谷が正体不明のチームメイトの借金を肩代わりしていると伝えたと水曜に報じた。この間,大谷の弁護士は,依頼人が「大規模窃盗(massive theft)」の被害者であると主張した。ブックメーカーは弁護士を通じて,大谷とは会ったことも,いかなる種類の接触も持っていないと主張した。

大谷は野球や他のスポーツに賭けたことはなく,水原が彼の銀行口座から盗んだと公に主張した。
「はっきりさせておきたいのだが,私はスポーツに賭けたことも,ブックメーカーに意図的に送金したこともない。」とドジャースの通訳ウィル・アイアトンの翻訳で3月末に大谷は語った。「今の気持ちを一言で言えば,ショックを超えている。現時点で自分がどのように感じているかを言葉で表現する(verbalize)のは難しい。」

エストラーダは木曜,これを認め,検察側は「野球の試合に対していかなる賭けも行われてないと信じている。」と述べた。

(転載了)
****************
相当 大掛かりな捜査が行われているようです。
この事件発覚以来,最大の関心事,疑問であったー
 ・水原は 何故 大谷の口座にアクセス可能だったのか?
 ・何故 大谷の会計士などが異状に気が付かなかったのか?
が 明らかになりました。

| |

« 面積を求める-思いつかない回答 | トップページ | 初めて聞く言葉「つながらない権利」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 面積を求める-思いつかない回答 | トップページ | 初めて聞く言葉「つながらない権利」 »