« 頭の体操ー面積を求める,冷静になればー | トップページ | 面積を求めるー気が付けば簡単。 »

2024年4月 2日 (火)

ボルチモアで橋に衝突,崩壊させたコンテナ船の動力喪失原因は?

3月26日早朝,コンテナ船 ‘Dali’ が電力を喪失してフランシス・スコット・キー橋(the Francis Scott Key Bridge)橋の橋脚に衝突して,橋桁が崩落,人と車両が極寒のパタプスコ川(Patapsco River)に落下する事故が発生しました。
コンテナ船が コントロールを失ったのは停電とのことですが,その原因は?

The Telegraph’,Mar.27,2024付けに
Dirty fuel’ could have caused cargo ship blackout before Baltimore bridge crash
「ボルチモア橋衝突前に『汚れた燃料』が貨物船の停電を引き起こした可能性」
の見出し記事がありました。

下記,拙訳・転載します。
******************
造船技術者は汚染物質により ‘Dali’ の主発電機に問題が生じた可能性があると語る

001_20240401194501

「汚れた燃料(dirty fuel)」が停電を引き起こし,コンテナ船がボルチモアの港の橋に突っ込み,その後橋が崩壊した可能性があると捜査関係者が発表した。
関係者によると,事故では6人が死亡したとみられ,燃料が汚染されていた可能性も調査される予定だという。

乗組員によると,貨物船 ‘Dali’ は火曜日の早朝にフランシス・スコット・キー橋に衝突する前に壊滅的な停電に見舞われた。
停電(blackout)の原因は現在,安全検査官によって調査されており,彼らの調査結果によって ‘Dali’ のパイロットがなぜ ‘Dali’ を橋から遠ざけることができなかったのかが説明されることを期待している。

造船技術者のフォティス・パグラトス氏は,船内停電の原因の一つは汚染された燃料であり,主発電機に問題を引き起こした可能性があると述べた。同氏はウォール・ストリート・ジャーナルに対し,完全な停電が発生すると船舶の推進力が失われる可能性があると述べ,小型の発電機が作動する可能性があるものの,主発電機のすべての機能を担うことはできず,起動に時間がかかると付け加えた。

燃料汚染説は元沿岸警備隊中尉 ヘンリー・リピアン氏も示唆しており,NBCニュースに次のように語った:「港で燃料を積載したのか?適切なグレードの燃料だったか? 汚染されていたのか?」

米国沿岸警備隊の報告書によると,港内パイロットと助手は,衝突前に電力の問題と推進力の喪失を報告した。船の士官は「操舵力も電子機器も無効となって船は故障した。」と語った。「エンジンの1つノッキングし(coughed),その後停止した。エンジン・ルーム内全体に燃料の焼けた匂いが漂い,真っ暗(pitch black)だった。」

002_20240401194501

航海士によると,全長948フィートの船に漂流を止めるために錨を降ろす十分な時間がなく,乗組員らは事故が起きる前にメーデーコールを発令したという。

Dali’ は水曜日になっても崩落した橋の鉄塔で立ち往生したままで,安全調査員はまだ乗り込んで証拠収集を始めていない。
国家運輸安全委員会(the National Transportation and Safety Board)のジェニファー・ホメンディ委員長は,「捜索と回収の妨害になりたくないため,火曜日は乗船しないことを選択した。」と述べた。
崩落当時,橋の穴を補修していた建設作業員6人が行方不明となっている。
ホメンディさんは,‘Dali’ のデータ・レコーダーが回収されれば「捜査の重要な部分(critical piece)」になるだろうと語った。

乗組員22名は無傷だったが,パタプスコ川(the Patapsco River)で大規模な回収活動が行われている間,船は数週間その場に(in situ)留まる必要があると考えられている。

003_20240401194501

船舶の安全関連情報を公開するウェブサイト「エクアシス(Equasis)」のデータによると,6月にチリで実施された ‘Dali’ の検査では,ゲージや温度計を含む「推進装置と補助機器」に「欠陥(deficiencies)」が指摘されたという。

9月にニューヨークで行われた検査も含め,その後の検査では欠陥は見つからなかった。

2016年,‘Dali’ はアントワープ港で事故に遭った。アントワープ港当局は,船が北海のコンテナ・ターミナルから出ようとして岸壁に衝突したと語った。
「エクアシス」によれば,同年アントワープで行われた同船の検査では構造上の問題があることが判明し,それは「耐航性(seaworthiness)を損なう船体の損傷」とされていたという。

Dali’ は シンガポール船籍の船で,シナジー・マリン・グループ(Synergy Marine Group)が運航し,デンマークの海運大手マースク(Maersk)がチャーターして,スリランカに向かうところだった。

(転載了)
****************
ストレーナー(フィルター)があるでしょうから,異物というより成分的なものでしょうか。

| |

« 頭の体操ー面積を求める,冷静になればー | トップページ | 面積を求めるー気が付けば簡単。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 頭の体操ー面積を求める,冷静になればー | トップページ | 面積を求めるー気が付けば簡単。 »