« 米国ボルチモアで コンテナ船衝突により崩落した橋のその後 | トップページ | アロエの花 »

2024年5月16日 (木)

血液酸素飽和度を測ってみた。

家人が体調不良で 病院が手配してくれた「パルスオキシメーター」が届きました。

血液の酸素飽和度(SpO2)を測定します。
「酸素飽和度」とは 血液の「赤血球」中の ヘモグロビンの何%が 酸素と結合しているのかを示します。
これで 空気中から酸素を体の中に取り込めているかどうかが分かります。

SpO2は「oxygen(酸素)の saturation(飽和度)を percutaneous(経皮的)に測定する」という意味で,日本語では「経皮的動脈血酸素飽和度」と言うそうです。

95%ー100% が正常とのことで,試しに 測ってみました。

001_20240509184901
97% で正常です。
脈拍が 88と多いのは 生まれつきで,正常かどうかは分かりませんが,平常です。
この脈拍のせいか 子供の頃から 長距離走が苦手で,死にそうになりました。
「みんな同じように苦しいんだ,頑張れ!」などと言う教師がいましたが,同じわけがないーと思っていました。
疲れ知らずだった テニスのビヨンボルグの平常時の脈拍は 30台だと聞きました。
短距離や跳躍は得意でした。

| |

« 米国ボルチモアで コンテナ船衝突により崩落した橋のその後 | トップページ | アロエの花 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国ボルチモアで コンテナ船衝突により崩落した橋のその後 | トップページ | アロエの花 »