« 正方形の面積を求める:一見 難しそう・・・ だが | トップページ | 五香粉とは? »

2024年5月26日 (日)

「ポロ・シャツ」 とは-その定義と歴史など

ポロ・シャツは 若い頃から夏の OFFに最も着るワードローブでした。
しかも 東南アジアの洒落たレストランの「襟付きシャツ」のドレス・コードにもマッチするスグレモノです。

ポロ・シャツとは何か? その定義を 英語の辞書で調べると次のように書いています。

a close-fitting pullover often knit shirt with short or long sleeves and turnover collar or banded neck
   体にぴったりとフィットするプルオーバーで,多くの場合,半袖または長袖,ターンオーバー・カラーまたはバンド・ネックのニットシャツ。

an informal style of cotton shirt, with short sleeves, a collar, and some buttons at the neck
   半袖,襟,首にいくつかのボタンが付いたカジュアルなスタイルの綿シャツ

a shirt with a collar and a few buttons at the neck that you put on by pulling over your head
   頭からかぶって着る,首にいくつかのボタンがある襟付きシャツ

soft short-sleeved piece of clothing with a collar, which you put on over your head.
   頭からかぶる,襟付きの柔らかい半袖の服。

a cotton shirt with short sleeves, a collar, and buttons at the front
   半袖,襟付き,前ボタン付きの綿シャツ

an informal shirt with short sleeves, a collar and a few buttons at the neck
   半袖,襟,首にボタンがいくつかあるカジュアルなシャツ

a shirt with a collar and a few buttons near the neck, that is pulled on over the head
   襟があり,首の近くにいくつかのボタンが付いた,頭からかぶるシャツ

a shirt with short sleeves designed for comfort and casual wear
   快適でカジュアルな着用のためにデザインされた半袖のシャツ

A pullover sport shirt, usually of knitted cotton, with a collar and an open neck.
   プルオーバーのスポーツ シャツ。通常は綿ニットで作られ,襟付きのオープン・ネック。

a short-sleeved, pullover sport shirt, usually of cotton or cottonlike knit, with a round neckband or a turnover collar.
   半袖のプルオーバー・スポーツ・シャツ。通常は綿または綿のようなニットで,丸衿または折り返し襟が付いています。

- と,ほぼ同じ内容です。半分は 半袖と定義しています。

そして 英文Wikipedia の ‘Polo Shirt には次のように書いています(拙訳・転載)。
****************
001h_20240430071601 ポロ・シャツ,テニス・シャツ,ゴルフ・シャツ,またはチャッカー・シャツは,襟付きのシャツの一種である。ポロ・シャツは通常半袖だが,長袖の場合もある;元々は 1859年にインドで,1920年代には英国でポロ選手によって使用されていた。

ポロ・シャツは通常,(織布-woven cloth-ではなく)ニット・コットンで作られ,通常はピケ・ニット(piqué knit),またはあまり一般的ではないが,インターロック・ニット(interlock knit,ピマ・コットン・ポロに限定されるわけではないが,頻繁に使用される),またはシルク,ウール,合成繊維,または天然繊維と合成繊維の混合物などの他の繊維を使用している。
シャツのドレス丈バージョンはポロ・ドレスと呼ばれる。

History of the tennis shirt/テニス・シャツの歴史

19世紀から 20世紀初頭にかけて,テニス選手は通常,長袖の白いボタン・アップ・シャツ (袖をまくって着用),フランネル パンツ,ネクタイからなる「テニス・ホワイト」を着用していた。この服装には,プレイしやすさと快適さの点で問題があった。

グランド・スラム・テニスで7度優勝したフランスのルネ・ラコステ(René Lacoste)は,堅い(stiff)テニスの服装はあまりにも煩わしくて(cumbersome)不快だと感じていた。彼は,糊付けされていないフラットで,突き出た(protruding)襟が付いた,白い半袖のゆるく編まれたピケ・コットン(彼はコットン・ウィーブ・ジャージーを「プチ・ピケ(petit piqué)」と呼んでいた)シャツをデザインした;ボタン付きの前立て(buttoned placket);そして前よりも後ろが長いシャツ・テール(今日では「テニス・テール」として知られている。)は,1926年の全米オープン選手権で初めて着用した。

米国のマスコミがラコステを「ザ・クロコダイル(The Crocodile)」と呼び始めたため,ラコステはそのニックネームを受け入れ1927年からシャツの左胸にワニのエンブレムを付けた。

ラコステのデザインは,従来のテニス・ウェアが引き起こす次の問題を軽減した:

・短い折り返しのある袖が,長袖が下がる(roll down)傾向を解決した。
・ボタンで一番上まで留められる。
・ピケ・カラーは首の皮膚を太陽から守るために上向きに着用できた。
・ジャージー・ニット・ピケ・コットンは通気性があり,より耐久性があった。
・「テニス・テール」により,シャツが着用者のズボンやパンツから抜けるのを防いだ。

1933年,プロ・テニス選手を引退した後,ラコステは衣料品販売業者だった友人のアンドレ・ジリエと協力して,そのシャツをヨーロッパと北アメリカで販売した。二人は一緒にシュミーズ・ラコステ(Chemise Lacoste)社を設立し,左胸に小さなワニのロゴが刺繍されたシャツの販売を開始した。

Application to polo/ポロへの応用

20世紀初頭まで,ポロ選手はオックスフォード生地の綿で作られた厚手の長袖シャツを着ていた。このシャツは,19世紀後半にポロ選手が風で襟がはためくのを防ぐために発明した,ボタン・ダウンの襟を備えた最初のシャツだった。ブルックス・ブラザーズの初代社長,ジョン・ブルックスは英国でのポロ試合中にこれに気づき,1896年にこのようなシャツの製造を開始した。ブルックス・ブラザーズは今でもこのスタイルのボタン・ダウン「ポロ・シャツ」を製造している。

1920年,カナダ人(1887年にケベック州モントリオールで英国人の両親のもとに生まれた)小間物商(haberdasher)でポロ選手のルイス・レイシーは,ポロ選手のエンブレムが刺繍された(embroidered)シャツの生産を開始した。このデザインはブエノス・アイレス近郊のハーリンガム・ポロ・クラブで始まったものである。

1972年,ラルフ・ローレンは,オリジナル・ライン Polo の目玉商品としてテニス・シャツを「ポロ・シャツ(polo shirt)」として販売し,すでに広く普及していた人気をさらに高めた。 ローレンのシャツは,ポロ選手が着用するために特別にデザインされたものではなかったが,当時までにポロ選手の通常の服装になっていたものを模倣した。 彼は自分の服に特定の「WASPらしさ(WASPishness)」を醸し出すことを望んでおり,最初はブルックス・ブラザーズ,J. プレス,「サヴィル・ロウ(Savile Row)」スタイルの英国服などの衣料品店(clothiers)のスタイルを採用していたが,この服装を「王様のスポーツ」から目立つように取り入れた。彼のラインには,ポロ選手とポニーを描いて,ラコステのワニのエンブレムを彷彿とさせるロゴが施されていた(replete with)。

主にラルフ・ローレンのおかげで (おそらく一般化された商標の一例として),「ポロ・シャツ」という用語は,「テニス・シャツ」や「ゴルフ・シャツ」よりもはるかに一般的になった。

Golf/ゴルフ

20世紀後半にかけて,ゴルフの標準的な服装がよりカジュアルになるにつれて,テニス・シャツは標準的なゴルフの服装としてほぼ普遍的に採用された。 多くのゴルフ・コースやカントリー・クラブでは,ドレス・コードの一環としてプレーヤーにゴルフ・シャツの着用を義務付けている。さらに,ラコステの「テニス・シャツ」をさまざまなゴルフ・カットで生産することで,ゴルフ用のテニス・シャツの特定のデザインが生まれ,ゴルフ・シャツというあだ名(moniker)が生まれた。

ゴルフ・シャツは通常,ポリエステル,綿とポリエステルの混紡,またはシルケット加工された(mercerized)綿で作られている。 前立てには通常 3つまたは 4つのボタンがあり,その結果,典型的なポロのネックラインよりも低く伸びている。 通常,襟はシャツの製造に使用したものと同じ生地を二重に縫い合わせて作られるが,ポロ・シャツの襟は通常 1層のリブ・ニット・コットンで作られている。ゴルフ・シャツの左側にはポケットが付いていることが多く,本来はスコアパッドや鉛筆などの小物を入れるためにデザインされている。

In Vietnam/ベトナムで

ベトナム語で “áo thun có c” とも呼ばれるポロ・シャツは,20世紀初頭にフランス人によってベトナムに持ち込まれた。当初,ポロ・シャツは上流階級やスポーツ選手が着用していたが,徐々にポロ・シャツは人気となり,あらゆる社会階級に広く受け入れられるようになった。多くのベトナムの企業は従業員の制服としてポロ・シャツを選択している。 ‘Metric.vn’ によると,電子商取引プラットフォームにおけるベトナムのポロ・シャツ市場は 2023年に 前四半期比 19.3% 減少したが,92VND に達した。ポロ・シャツはベトナムの T シャツ市場の約20% を占め,184,000VND に相当する。2023年,ベトナムはあらゆる種類のTシャツを32億ドル相当輸出し,そのうちポロ・シャツは約20%,64千万ドル相当を占めた。

(転載了)
***************
スポーツ用のシャツから 広く一般に着るシャツとして拡めたのは「ラコステ」あるいは「ラルフ・ローレン」のようです。

| |

« 正方形の面積を求める:一見 難しそう・・・ だが | トップページ | 五香粉とは? »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正方形の面積を求める:一見 難しそう・・・ だが | トップページ | 五香粉とは? »