« 碓氷第三橋梁,通称「めがね橋」を知らなかった。 | トップページ | 米国における人種陰謀説に関する黒人意識 »

2024年6月23日 (日)

エスカレータの走行(昇降)速度

先日 昼下がりのニュース・ショーで 高齢(80歳代?)の女性がエスカレータのベルトと床に挟まれて死亡したと伝えていました。

コメンテータの古館氏が「最近,歳をとったせいか エスカレータが 速く感じるようになった。」と言っていました。
後期高齢者になったばかりの私は,それでも むしろ「遅い」と思うことの方が多く,早いという感覚はなく,乗る前に 立ち止まることはありません。

今まで経験した昇降速度の最も速いエスカレータは シンガポールの地下鉄(一部)のそれで,60歳のとき使用しましたが,その速さに驚いて 思わず立ち止まりました。高齢者にこの乗り降りは無理だと感じる速さでした。車内に高齢者を見かけませんでした。

国内では 50歳代前半から60歳まで通勤時の朝夕に使用した新橋駅の「横須賀・総武快速線」フォームと地上を繋ぐエスカレータは かなりの速さだった記憶があります。(大江戸線は深い所を走っているので,例えば 六本木駅のエスカレータは 速かったと思いますが 記憶にありません。)

 

| |

« 碓氷第三橋梁,通称「めがね橋」を知らなかった。 | トップページ | 米国における人種陰謀説に関する黒人意識 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 碓氷第三橋梁,通称「めがね橋」を知らなかった。 | トップページ | 米国における人種陰謀説に関する黒人意識 »