« エスカレータの走行(昇降)速度 | トップページ | 角度を求める:円と四角形の定理を使って »

2024年6月23日 (日)

米国における人種陰謀説に関する黒人意識

Pew Research Center’,June 102024付けで
Most Black Americans Believe Racial Conspiracy Theories About U.S. Institutions
「黒人米国人の大半は米国の制度に関して 人種陰謀説を信じている」
と題する調査報告がありました。

下記,拙訳・転載します。
**********************
Majorities say the criminal justice, political and economic systems were designed to hold Black people back
大多数は,刑事司法,政治,経済制度は黒人を抑圧するために設計されていると言っている。

001_20240611175901

002h_20240611175801 多くの黒人米国人は,自分たちが少なくともある程度成功していると自認し,経済的な将来についても楽観的である一方で,米国の制度に対しても批判的だ。黒人が公平に扱われるためには,米国のいくつかの制度に大きな変化が必要だと,ほとんどの人が言う。

黒人米国人が制度の公平性について抱く懸念(doubts)には,疑念(suspicion)が伴う。実際,20239月に実施されたピュー研究所の黒人成人を対象とした新しい調査によると,黒人成人の大半は,米国の刑務所(74),政治(67),経済(65)などの制度は,黒人を抑圧する(hold back)ために設計されていると回答している。

また,この調査では,ほとんどの黒人米国人が米国の制度に関する特定の人種陰謀説(racial conspiracy theories)をよく知っており,それが真実であると信じていることも判明した。
__________________________

What is a ‘racial conspiracy theory’?
「人種陰謀説」とは何か?

In this report, the phrase “racial conspiracy theories” refers to the suspicions that Black adults might have about the actions of U.S. institutions based on their personal and collective historical experiences with racial discrimination.
このレポートでは,「人種陰謀説」というフレーズは,黒人成人が人種差別に関する個人的および集団的な歴史的経験に基づいて 米国の制度の働きについて抱く可能性のある疑念を指す。
__________________________

たとえば,黒人成人の 82% が,刑務所制度に関する次のような人種陰謀説を聞いたことがあると述べている:刑務所は黒人を利用して(on the backs of)金儲けをしたいため,黒人は白人よりも投獄される可能性が高い。多くの黒人成人 (74%) は,この人種陰謀説は真実であり,現在米国で起こっていると述べている。

003m_20240611175901 心理学者(psychologists)によると,陰謀論を信じることは妄想症(paranoia)やその他の精神衛生上の問題と関係があることが多いが,黒人が信じている人種的陰謀は,故意または過失による(negligent)危害を加えた実際の行為(factual acts)に根ざしている。
よく文書化された(well-documented)例としては,マーティン・ルーサー・キング・ジュニアのような政治指導者の監視(surveillance),タスキギー梅毒研究(Tuskegee Syphilis Study)における医療研究の違法行為(malpractice),1921年にオクラホマ州タルサで起きた黒人虐殺(massacre)と黒人コミュニティの破壊などがある。

これらの歴史的出来事(および本レポートの後の章で説明するその他の出来事)は,一部の黒人米国人が人種陰謀説を信じている背景となっている。
そして確かに,黒人の大多数は自分たちの歴史に精通している。 2022年のピュー研究所の調査によると,黒人成人のほぼ90が,米国の黒人の歴史について少なくともある程度は知っていると考えている。この中には,極めてまたは非常に詳しいと答えた人が51含まれている。

よく知られている歴史的出来事以外にも,黒人米国人が人種差別を経験する頻度も,人種陰謀説にどれだけ精通しているか,またそれを信じているかどうかを形作る重要な要素である。性別,教育,世帯収入,政治的所属によっても若干の違いがある。それでも,ほとんどの黒人人口統計サブグループの大多数は,これらの説をよく知っており,信じている。

このレポートでは,2023912日から24日まで,英語とスペイン語で米国の黒人成人4,736人を対象に調査を行った。黒人米国人と人種陰謀説に関するその他の重要な調査結果は次のとおりである:

黒人米国人の約7割は,刑事司法制度(the criminal justice system)は黒人を抑圧するために作られたと言っている。
黒人成人の76%は,黒人公務員は白人公務員には起こらない方法で差別され,信用を失墜させられているという人種陰謀説は真実であり,現在も起こっていると言っている。
黒人米国人の約3分の267%)は,黒人を破産させるために高級品をターゲットにしたマーケティングという形でのビジネスにおける人種陰謀説は真実であり,現在も起こっていると言っている。
黒人成人の 55% は,タスキギー研究のような秘密かつ非合意の医学実験という形での人種陰謀説は真実であり,現在黒人に起こっていると答えている。
黒人成人の 55% は,政府がシングルマザーを奨励し,黒人家族から黒人男性を排除しているという人種陰謀説は真実であり,現在起こっていると答えている。
黒人成人の 51% は,政府が黒人人口を減らすために避妊と中絶を推進しているという人種陰謀説は真実であり,現在起こっていると答えている。

(転載了)
******************
俄かには信じられない値で驚きました。
1964年,公民権法が成立して 60年経って-
個人的な人種差別を認識することはあっても 国の制度としての差別陰謀が存在すると考えている黒人が多くのケースで 半分以上いるとは ・・・ 。

| |

« エスカレータの走行(昇降)速度 | トップページ | 角度を求める:円と四角形の定理を使って »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エスカレータの走行(昇降)速度 | トップページ | 角度を求める:円と四角形の定理を使って »