« 6月19日 06:51 久しぶりに ISS 目撃。 | トップページ | 大谷翔平 今季MLB 最長ホームラン(20号) データ »

2024年6月20日 (木)

EU加盟国の人々は 概ね EUに好意的

Pew Research Center’,JUNE 3, 2024付け
Ratings of the EU remain broadly positive in member countries, but have gone down slightly since 2022
EU加盟国におけるEUの評価は概ね肯定的だが,2022年以降は若干低下している。」
の調査報告を下記,拙訳・転載します。

*****************

001_20240611105901

今週,ヨーロッパ全土の有権者が投票所に向かい,欧州連合で唯一直接選挙で選ばれる機関である欧州議会(the European Parliament)の代表者を選ぶ。ピュー研究所の最新調査によると,加盟9ヶ国の成人の中央値は63%EUに対して好意的な見方をしている。

002h_20240611105801 EU非加盟国である米国と英国の2つの調査対象国でも,大多数がEUに対して好意的な見方をしている。しかし,3番目の非加盟国であるトルコでは,意見が分かれている(好意的46,否定的50)。

調査対象となった加盟国のうち,EUに対する見方が最も肯定的なのはポーランドとスウェーデンで,約4分の3が好意的な見方をしている。ドイツ,ハンガリー,イタリア,オランダ,スペインでは,少なくとも10人中6人の成人がEUを肯定的に評価している。フランスとギリシャでは,見方はより緩和される。例えば,ギリシャでは成人の53%EUに対して否定的な意見を持っている。

How views of the EU have changed over time
EUに対する見方は時間とともにどう変化してきたか

ロシアのウクライナ侵攻を受けて,2022年に多くの加盟国でEUに対する意見が過去最高を記録した。

好感度は2023年にやや低下し,今年はほとんどの国で下降傾向が続いている。たとえば,2021年にはドイツ人の63%EUに好意的な見方をしていた。1年後には過去最高の78%のドイツ人が肯定的な意見を表明したが,2023年には71%に低下し,新しい調査では63%に低下した。

ポーランドでは,EUに対する好意的な見方が2023年以降最も大きく低下したが,それでも概ね肯定的な見方が維持されている。2023年にはポーランド人の大多数(88%)がEUに対して好意的な見方を示したが,今年はその割合が76%に低下した。好意度の低下は,EUの気候変動政策とウクライナからの輸入品に対するポーランドの農家の抗議活動の中で起きた。

003_20240611110001

How people in Turkey view the EU
トルコの人々はEUをどう見ているか

1987年以来EU加盟に向けて活動してきたトルコでは,同センターがこの質問を始めた2004年以来,評価が最高となっている。現在,トルコの成人の46%EUに好意的な見方をしていると答えている。前回の質問である2019年には,そう答えたのはわずか34%だった。

トルコではEUに対する意見が分かれており,加盟交渉は2018年以来中断しているが,トルコ人の成人の56%は,自国がEUに加盟することに依然として多少なりとも賛成している。これは,2017年にこの質問をした時より16パーセンテージ・ポイント増加している。おそらく驚くことではないが,EUに対して肯定的な意見を持つトルコ人は,否定的な意見を持つトルコ人よりも,自国がEUに加盟することを支持する傾向が高い(77%38%)。

イデオロギー的に左派のトルコ成人は,自国がEUに加盟することを支持する傾向が特に強く,73%がそう答えている。対照的に,イデオロギー的に右派のトルコ成人で同様の意見を持つ人は 半数以下(45%)である。

トルコの若者は,年配の人よりも自国の EU加盟を支持する傾向が高い。35歳未満の成人の3分の2 がそう答えているのに対し,50歳以上の成人では半数にとどまっている。
意見は教育によっても異なる。教育水準が高いトルコの成人は,教育水準の低い成人よりも EU加盟を支持する傾向が高く (69% 52%),教育水準の低い成人は意見を述べる傾向も低い。

How people in the United Kingdom view the EU
英国国民はEUをどう見ているか

調査対象となった他のヨーロッパ諸国と同様に、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、英国におけるEUに対する見方は2022年に過去最高を記録した。当時、英国人の68%EUに対して好意的な見方をしていたが、この割合は2023年も66%とほぼ横ばいだった。現在、英国成人の過半数(58%)はEUに対して肯定的な意見を持っているが、その割合は減少している。

英国は2020年に正式にEUから離脱した。

How people in the United States view the EU
米国の人々はEUをどう見ているか

米国では,EUに対する見方は2020年以降やや安定しており,毎年約6割以上の米国人がEUに対して肯定的な見方を示している。2020年以前は,米国の調査は電話で実施されていたため,結果を直接比較することはできない。しかし,米国人のEUに対する見方は,長年にわたって概ね好意的なままである。

当社の新しい調査では,近年のEUの世界的影響力についても米国人に尋ねました。米国成人の半数は,世界におけるEUの影響力はほぼ同じであると答え,28は弱まっていると答え,17は強くなっていると答えている。

これに対する米国人の見方は政党によって異なります。共和党員および共和党寄りの無党派層は、民主党員および民主党寄りの無党派層よりも,EUの世界的な影響力が弱まっていると答える傾向が強いです(33%25%)。

How views of the EU vary within countries
EUに対する見方は各国でどのように異なるか

004m_20240611105901 調査対象となった多くの国(EU 内外を問わず)では、イデオロギー的に左派に属する人々は、右派に属する人々よりも EU に対して好意的な意見を持つ可能性がかなり高い。こうしたイデオロギーの違いは、20 ポイント以上の差になることが多い。

調査対象となった多くの国(EU 内外を問わず)では,イデオロギー的に左派に属する人々は,右派に属する人々よりも,EU に対して好意的な意見を持つ可能性がかなり高い。こうしたイデオロギーの違いは、20 ポイント以上の差になることが多い。

EUに対する見方は,国によっては年齢や教育レベルによっても異なる。若者や高学歴の人は,高齢者や低学歴の人よりもEUに対して好意的な見方をする傾向がある。

(転載了)
**********************

| |

« 6月19日 06:51 久しぶりに ISS 目撃。 | トップページ | 大谷翔平 今季MLB 最長ホームラン(20号) データ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月19日 06:51 久しぶりに ISS 目撃。 | トップページ | 大谷翔平 今季MLB 最長ホームラン(20号) データ »