カテゴリー「映画・テレビ」の481件の投稿

2020年11月16日 (月)

BS12 "Vienna Blood" の初回,ラストシーンは「大観覧車」。

11月13日,BS12で サイコ・スリラー ドラマ "Vienna Blood" が始まりました。
20世紀初頭のウィーンを舞台に,フロイトを信奉する医学研修生・マックスと ラインハルト警部による事件モノで 英国とオーストリアの共同制作,2019年11月からBBC Two で放映されたようです。台詞は英語です。
又,タイトルもエピソードも英文そのままで 邦訳は付いていません。

011_20201114155201

初回は "The Last Seance" (最後の降霊術の会)で時代は 1906年,ラストで犯人とマックスが対峙するのは プラーター公園の大観覧車でした。

001a_20201114155201
004a_20201114155201
007a_20201114155201
008a_20201114155301
1906年に この大観覧車が存在したのかと調べると,完成したのは 1897年でした。

ドラマは当然 現地で撮影していましたが,当時と明確に違うところがありました。
当時は ゴンドラ(というにはあまりに大きく,英語の "passenger car" の「客車」が合う)が 30台あったそうですが,戦争の被害を受けた後,負担(構造?駆動機?)を小さくするため 現在は半分の15台になっています。当時の 30台に見える細工はしていませんでした。
約20年前の現役時代,勤続30年記念表彰にもらった旅行券で,家人の希望を尊重してプレクリスマスのオーストリアを旅行したとき この大観覧車に乗りました。
ウィーンに来たからにはオペラ座とザッハトルテと大観覧車は外せないとのミーハー的浅知恵で,何も調べずに路面電車で(おそらく)プラーター公園に行きましたが,冬季で遊園地は休園中。
但し,雪の中で遊具は休止していましたが,カフェと大観覧車は営業しており,前後や周りに誰一人 客のいない大観覧車に乗りました。
確かに内部は,椅子のない19世紀の客車でした。

| | コメント (0)

2020年11月 4日 (水)

TVでの面白い発言(その 66)

〇10月30日,NHK総合「ラウンドちゅうごく」
                 『ヒロシマで出会った2人~木内みどりと四國五郎~』でー
      桃井かおりさん 「唯一人,この業界で信じられる
                               正しいひとは 彼女だけだった。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

TVでの面白い発言(その 65)

〇10月23日,「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」ポルトガルの回で
      海を見て 船を漕ぐ格好をしなが ヒロシ,
       「こんな遠くから 長崎まで 漕いで行くのは嫌だねー
        という意味のことを言っていました。
        船は帆船であって,ガレー船ではないので
        オールはありません。
        ポルトガル人が長崎に行った?
        長崎の出島に行ったのはオランダであって
        ポルトガルは種子島です。
        いつも 思うことですが,
        ヒロシの一般常識や英語力に関して かなり疑問があります。
        ヒロシの これらのレベルは
        その年齢における平均的なレベルなのでしょうか?
        それとも 低いレベルなのでしょうか?

        - と思って 気になったことを調べるとー
        長崎・出島は 1641年から1859年まで
        オランダ東インド会社を通じて
        対
オランダ貿易をしていましたが,
        それ以前,1636年から1639年までの4年間は
        対ポルトガル貿易をしていました。
        大変失礼しました。

〇10月25日放送,「所さん お届けモノです!」
      「#183『お家で簡単! いつもの食パンが激変する,パンのお供特集』で
      所さん「食パンは イギリスパンの8枚切りだよ,
                  食パンは カリカリに限る。
                  モチモチが好きなら 餅を食べる。
          賛成です。
          英国人は カリカリに焼いた食パンの薄切りを
          ジャムを食べる台のようにして食べます。
          問題は ここ広島県呉市には
          8枚切りの食パンを売っておらず
          ほぼ 5枚切りか6枚切りしかありません。
          故に 8枚切りが欲しければ
          パン屋に行って注文して切ってもらいます。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

TVでの面白い発言(その 64)

〇10月10日,「サワコの朝」で ゲストの 永作博美さんー
     もともと歌手で 20代で始めた芝居(練習)が嫌だった
     永作さん「明日 何を準備すればいいでしょうか?
     監督      「やる気。

〇10月23日,池田市の冨田裕樹 市長,
           市役所にサウナ(など)を持ち込んだとして
           問題になった後の記者会見でー
     冨田市長「猛省させていただきたい。
        まずは 日本語を勉強していただきたい。
        教養は学歴にある程度 関係すると思い,出身大学を調べるとー
       「京都大学」!
        ウソー と思って更に調べると 
        立命館大学(アメリカンフットボール部所属)
        京都大学は「京都大学公共政策大学院」修了でした。
        社会人入学ということのようでした。
        分かる気がします。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

映画「クリムゾン・タイド」で英語を聴く。

NHK BSプレミアムで 「クリムゾン・タイド」(‘Crimson Tide’,1995)を観ました。監督は 1986年の「トップガン」でメジャー監督になった英国人 トニー・スコット(‘Tony Scott’,1944~2012)です。
2年ほど間をおけば 何度でも観られる面白い潜水艦映画です。

話は ロシアで蜂起した超民族主義の反乱軍がミサイル基地を占領し,自らの要求をのまなければ米国と日本を核攻撃するとの情報で出動したオハイオ級原子力潜水艦 アラバマが舞台です。
新任のハーバード大出身のインテリ副長 ハンター少佐,演じるは「デンゼル・ワシントン」(‘Denzel Washington’,1954~ )と,見るからにたたき上げで頑固な艦長 ラムジー大佐,演じるは「ジーン・ハックマン」(‘Gene Hackman’,1930~ )の対立を描いています。

出動後,受信した EAMEmergerncy Action Message)は 「反乱軍はミサイルに燃料を注入中,先制攻撃を加えよ」というものー
発射準備を整えている最中に,ロシア反乱軍の潜水艦に遭遇,攻撃を受けて 受信中だった第2報のEAMの指令本文が受信できぬまま切れてしまうー
このまま攻撃を行おうとするラムジー艦長に対して ハンター副長は 発射中止命令の可能性があるとして 第2報のEAM内容を確認すべきと対立する。

この二人の早口の議論シーンの英語を聴いてみました。

001a_20201020161901Because it got cut off during the attack, sir.
The message could mean anything.
It could be a message to abort. - It could be a message...

Could be a fake Russian transmission.

003a_20201020161901Which is exactly why we need to confirm it, sir.
All I'm asking for is the time we need to get back on line.

 
- Calm down, Mr. Hunter.

005a_20201020162001I am calm. 

- You don't appear to be calm.

007a_20201023053901
(Conn/Weapons)Missile systems ready to launch in four minutes.

 - Step aside, seaman.009a_20201020162001We have orders in hand, and those orders are to make a preemptive launch.
Every second that we lose increases the chances... that by the time our missiles arrive, their silos could be empty...
011a_20201020162001 
'cause they've flown their birds and struck us first.
 - You know as well as I do... that any launch order received without authentication is no order at all.

013a_20201020162001- That's our #1 rule.
That rule is the basis for the scenario we've trained on time and time again.
It's a rule we follow without exception.
015a_20201020162001Captain, National Military Command Center knows what sector we're in.
They have satellites looking down on us to see if our birds are aloft.
017a_20201020162101And if they're not, then they give our orders to somebody else.
That's why we maintain more than one sub.
It's what they call "redundancy."

019a_20201020162101- I know about redundancy, Mr. Hunter.

 - All I'm saying...021a_20201020162101All I'm saying, Captain, is that we have backup.
Now, it's our duty not to launch until we can confirm.

023a_20201020162101You're presuming that we have other submarines out there ready to launch.
But as captain, I must assume... that our submarines could have been taken out by other Akulas.
025a_20201020162101We can play these games all night, Mr. Hunter... 
- but I don't have the luxury of your presumptions.
Mr. Hunter, we have rules that are not open to interpretation...

027a_20201020162101personal intuition, gut feelings, hairs on the back of your neck... little devils or angels sitting on your shoulders.

We're all very well aware... of what our orders are and what those orders mean. 
They come down from our Commander-in-Chief.

029aThey contain no ambiguity.

Mr. Hunter, I've made the decision.
I'm captain of this boat. Now shut the f〇ck up!

031
Damn.

興味深いのは 副長が艦長を “Captain” + “sir” と呼ぶのに対して,艦長が副長を 名前で “Mr. Hunter” と呼ぶところです。

この会話の後,艦長がミサイル発射を強行しようとするのに対して,「発射には副長の同意が必要」とする規則に違反しているとして ハンター副長が艦長を,規則違反として その任から解き 軟禁し,自らを艦長(代理)とします。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

映画「交渉人」を久しぶりに観た。

BS12交渉人』(‘The Negotiator’,1998)を久しぶりに観ました。

殺人及び横領の罪を着せられたシカゴ警察東分署・交渉人刑事 ダニー・ローマン(サミュエル・L・ジャクソン(‘Samuel Leroy Jackson’, 1948~ ))が無実を訴えるべく人質をとって立て籠もり,交渉人として西分署のクリス・セイビアン(ケヴィン・スペイシー(‘Kevin Spacey’, 1959~ ))を指名,交渉の中から ローマンの無実を確信したセイビアンは 真犯人をあぶり出す作戦を ・・・  ストーリーが分かっていても何回でも観られる作品です。

1995年の「ユージュアル・サスペクツ」,1997年の「L.A.コンフィデンシャル」に次ぐこの作品で 私の中に ケヴィン・スペイシーのイメージが確立しました。

作品 終わりの部分,ローマンの潔白を証明し,命を助けるための大博打で 彼を撃ったセイビアンと救急車に運び込まれるローマンの短い会話の英語を聴いてみました。

001_20201018165501
Sorry about that.

002_20201018165601
Νice bluff, Chris.
003_20201018165601
Well' it Worked.
004_20201018165601
Anyway, I figured you'd rather be shot by me than by him.
005_20201018165601
Ηere's the one demand I didn't meet yet.
006_20201018165601
Νice talking to you, lieutenant.
007_20201018165601
Thanks.
008_20201018165601
Let's get him out of here.

この短い会話で 勉強になるのは, “Anyway, I figured you'd rather be shot by me than by him.” で,動詞として “figure” が使われていることです。通常 “figure” は名詞として知っているだけです。
動詞としては 中学,高校で習わないし,日本人で使える人は少ないと思える言葉です。
辞書には 動詞として 次の意味が示されています。
〈他動詞〉
  1. ~を数字で表す、計算する
  2. ~を図形に表す、図で表す
  3. ~を象徴する
  4. ~を心の中に描く、~と想像する
  5. ~と思う[考える・判断する・推測する・推定する]
1 ~ 3 は 名詞の意味から察しがつきます。
映画では 5 の意味で使われていました。

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

「ゴルゴ13」休載の危機を救ったのは「病原体・レベル4」

10月6日,NHK BSプレミアム 「アナザーストーリーズ 」は『“用件を聞こうか” ~ ゴルゴ13 最大の危機 ~』と題して放送されました。

内容はー
世界を股にかけるスナイパー『ゴルゴ13』! 現実に起きた事件や災害などの現場に現れ,任務を果たすゴルゴは長年多くのファンを魅了してきた。しかし今年5月,連載52年目にして初めて新作の掲載が見合わされる。緊急事態宣言中,作者さいとう・たかをが下した苦渋の決断。そして改めて注目されることになった25年前の「病原体・レベル4」とは?新作の一時見合わせと,それでも続く『ゴルゴ13』のアナザーストーリー!

002_20201009185201
ニュースで休載が報じられました。

005_20201009185201
集中分業体制で作成される「ゴルゴ13」は 新型コロナで 休載せざるを得ない状況に -

007_20201009185201

1968年,創刊号からの52年間連載継続中です。
懐かしい 「ビッグコミック」創刊号の表紙です。
52年前,大学1年生だった私は 偶々 本屋で見かけた創刊号から 隔週刊になる前の月刊誌であった1年間は 間違いなく全号購入購読していました。 
011_20201009185201

穴埋めの 再掲載に選ばれたのは「病原体・レベル4」。
25年前に掲載された,なんと 客船で発生,感染状態に陥るエボラウイルスの新種の話でした。
014_20201009185201客船に乗り合わせた ゴルゴ13 は,乗客を救うために・・・。
017_20201009185301
018_20201009185301
019_20201009185301
そして,更に 連載回数を伸ばすのでした。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

007映画 “No Time To Die” 公開が 2021年4月に再度延期。

BBC電子版 Oct.3,2020付けの記事ー

(以下,拙訳・転載します。)
*******************************

Daniel-craig

Release of James Bond film No Time To Die delayed – again
ジェームズ・ボンド映画 『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開,再び遅れ

新しいジェームズボンド映画の公開が再び遅れている。『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』のプレミアは,パンデミックのために4月から11月にすでに移動されていた。(34日に決定)
映画のウェブサイト上の声明によると,この映画は「世界中の劇場の観客に見られるようにするために」202142日までさらに延期された。

「遅れでファンが失望することは理解しているが,来年は 『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を共有することを楽しみにしている」ボンド・シリーズの25作品目である 『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』は,ダニエル・クレイグが英国の秘密サービス・エージェント007として最後に登場する作品である。

映画の予告編とビリー・アイリッシュのタイトル曲は,金曜日の土壇場での延期決定の前に,すでにリリースされており,アイリッシュのビデオはほんの数日前にデビューした。

業界関係者は,先月リリースされたクリストファー・ノーランの大ヒット作 “Tenet” の興行収入が低調だったため,スタジオが11月のリリース日までに待機するかどうかを推測していた。

製作に約2億ドルかかったSFの叙事詩は,これまでのところ国際的に24300万ドルを稼いだが,ロサンゼルス,ニューヨーク,サンフランシスコの映画館がほとんど閉鎖されたままの米国では4100万ドルにすぎなかった。

ボンド・フィルムの収益の大部分は,コロナウイルスが再び増加している英国とヨーロッパの市場からのものであり,潜在的な制限が11月の興行収入を制限する可能性があるというスタジオの懸念があるかもしれない。

前のボンド映画,2015年の「スペクター」は,世界中の興行収入でほぼ9億ドル(69000万ポンド)で,最高のオリジナル曲でオスカーを受賞した。最新の映画は,現在のガイドラインの下で2021年のオスカーをめぐって争うことはなくなる。

(転載了)
*************************

6月に 「ランボー,ラスト・ブラッド」を観て以来,映画館から足が遠のき,11月の,この “No Time To Die” を楽しみにしていましたが,再度 延期されました。観たい映画が ほぼない昨今,期待していたので,ややショックです。
世界一斉公開なので 日本だけ コッソリ,というわけにもいかないでしょう。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

「インガー・スティーヴンス」が探されてー

10月1日,NHK BSプレミアムで 『刑事マディガン』(‘Madigan’,1968)を観ました。
前回 NHK BS プレミアムで放映されたのが 6年前の2014年,私のリタイア初年でした。又,観ました。

刑事マディガン役で リチャード・ウィドマーク(‘Richard Widmark’,1914~ 2008),警察コミッショナー役でヘンリー・フォンダ(‘Henry Fonda’,1905 ~ 1982),マディガンの妻 ジュリア役で インガー・スティーヴンス(‘Inger Stevens’,1934 ~ 1970) が出演しています。

3時頃 観終わって PCを見ると  急に弊ブログへのアクセスが増えているのに気が付きました。
先週の 『バニー・レークは行方不明』(‘Bunny Lake Is Missing’,1965)を観終わっての 「キャロル・リンレイが去年 亡くなっていた」と同じケースです。

2017年に クリント・イーストウッドの『奴らを高く吊るせ!』(‘Hang 'Em High’,1968)を観た後にアップした 「『インガー・スティーブンス』に関する謎?」へのアクセスでした。

Oct1-access-curve

アクセス状況を見ると,放送途中の 2時を中心にアクセスが集中していました。
インガー・スティーヴンスは 50年前に亡くなっているので よほど映画と女優に詳しい人を除き,彼女を知っているのは 60代以上に限られると思われ,映画の途中で 彼女のことを知りたくなった若い人たちが検索していたのでしょう。

Page-view_20201002103101

この日(10月1日)の上記ページへのアクセスは 323 あって,キャロル・リンレイのときの 311アクセスを抜きました。
Googleで 「インガー・スティーヴンス」を検索すると トップに 弊ブログが出てきました。
 Google_20201002124801

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

光宗薫さん,初参戦で優勝!

9月24日,TV番組「プレバト/水彩画タイトル戦」で 光宗薫さんが優勝しました。

001_20200925165201
002a_20200925165201

先生に「勝てない」と言わしめた作品はー 「日本橋の麒麟像」です。
004a_20200926142501
まるで 鉛筆画のように淡彩ですが 筆で描いています。
上はTV画面から,下は 光宗薫さんの Twitter から拝借したものです。
A001_20200926081501

| | コメント (1)

より以前の記事一覧