カテゴリー「書籍・雑誌」の90件の投稿

2024年5月 3日 (金)

有名な小説の書き出しは-

GQ UK’ の ‘Culture’,Mar.5,2024付けに
First impressions count – these opening lines are the best in literary history
「第一印象は重要これらの書き出しは文学史上最高」
のタイトル記事がありました。

人生の折り返しは とっくに過ぎていますが,後学のため読んでみました。
下記,拙訳・転載します。
*************************
サリー・ルーニー(Sally Rooney)の次の小説の冒頭は外れたしかし,それは偉大な小説に匹敵するか?

001_20240307055101

第一印象は非常に重要である。この意味では,芸術も人生と何ら変わらない-小説における最高の書き出しは,読むのを止めさせることなく 読者の注意を引きつける。場合によっては,すぐに小説の雰囲気に引き込まれてしまうことがある。時には予期せぬ角度から開始することもある。そしてそれらのいくつかは,あらゆる文学の中で最も有名な引用にある。

しかし,この書き出しはどうだろうか? 「この若者は魅力的に見えなかった。葬儀の時のあのスーツ。歯に矯正器具を付けていて,思春期の若者のこの上ない不快感を覚える。(Didn’t seem fair on the young lad. That suit at the funeral. With the braces on his teeth, the supreme discomfort of the adolescent.)」 これらは,サリー・ルーニーの 4 作目の小説 “Intermezzo” からのものである。彼女の本の周りではそのような過剰表現(hype)があり,彼女の出版社は,まるで映画の予告編のように書き出しから最後までからかっていた(teased)。

ページに掲載されるかどうかを確認するには,9 月にリリースされるまで待つ必要がある。なぜなら,それが素晴らしい冒頭のセリフのもう一つの特徴だからだ:つまり,そこから生まれる期待は,その後の展開によって満たされなければならない。ここではその中から最高のものをいくつか紹介する。

Mrs Dalloway by Virginia Woolf
ダロウェイ夫人/ヴァージニア・ウルフ

Mrs. Dalloway said she would buy the flowers herself.
ダロウェイ夫人は自分で花を買うと言った。

For Lucy had her work cut out for her. The doors would be taken off their hinges; Rumpelmayer's men were coming. And then, thought Clarissa Dalloway, what a morning – fresh as if issued to children on a beach.
なしにろ,ルーシーは,あれもこれもで手いっぱいなのだから。ドアは蝶番から外されるだろう;ランペルメイアーの男達が直しにやって来るから。それにしても,とクラリッサ・ダロウェイは思った,なんとすてきな朝だろう―まるで浜辺にいる子供らに降り注ぐように新鮮だ。
・・・・・

ヴァージニア・ウルフのモダニズムの傑作は,裕福な(well-to-do)ロンドンの主婦が主催する盛大なパーティーの日に続く。 オープニングでは,ウルフが登場人物たちの頭の中をくねくねと進み(wriggles),彼らの意識の流れが思考から思考へとどのように流れていく(darts)かを示す様子がすぐに確立される。

01mc-virginia

A Tale of Two Cities by Charles Dickens
二都物語/チャールズ・ディケンズ

It was the best of times, it was the worst of times, it was the age of wisdom, it was the age of foolishness, it was the epoch of belief, it was the epoch of incredulity, it was the season of Light, it was the season of Darkness, it was the spring of hope, it was the winter of despair, we had everything before us, we had nothing before us, we were all going direct to Heaven, we were all going direct the other way – in short, the period was so far like the present period, that some of its noisiest authorities insisted on its being received, for good or for evil, in the superlative degree of comparison only.
それは最高の時代であり,最悪の時代だった。知恵の時代であり,愚かさの時代だった。信念の時代であり,不信の時代だった。光の季節であり,暗闇の季節だった。希望の春であり,絶望の冬だった。我々の前に全てがあり,我々の前に何もなかった。我々は皆,真っすぐに天国を目指しており,また一路その逆を歩んでいるかのようだった ― 要するに,この時代は現代とあまりにも似ており,最もうるさい権威者の一部は,良くも悪くも,この時代を最上級の比較においてのみ受け入れようと主張した。

・・・・・

非常に分厚い(chunky)小説の非常に分厚い書き出しの文。チャールズ・ディケンズは決して内気で隠居しているわけではないが,『二都物語』の冒頭 ― フランス革命時の二都市はロンドンとパリだった -を見れば,この広範囲に広がった(sprawling)本が大文字Ecapital-E)のすべてについての物語であることが明らかだ。

02mc-a-tale

Anna Karenina by Leo Tolstoy
アンナ・カレーニア/レフ・トルストイ

Happy families are all alike; every unhappy family is unhappy in its own way.
幸福な家庭は みな似ている;不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである

・・・・・

最も有名な書き出しの 1つであるこの一文は,社会理論を提示しているが,同時に約束も提供している:これから我々は,非常に不幸な - そして非常に特異な不幸な - 家族についての物語を読み始める。 その後に起こるのは,アンナ・カレーニナとヴロンスキー伯爵の間のもつれた(tangled),運命の愛の関係である。

03mc-anna

Midnight’s Children by Salman Rushdie
真夜中の子供たち/サルマン・ラシュディ

I was born in the city of Bombay… once upon a time. No, that won’t do, there’s no getting away from the date: I was born in Doctor Narlikar’s Nursing Home on August 15th, 1947. And the time? The time matters, too. Well then: at night. No, it’s important to be more… On the stroke of midnight, as a matter of fact. Clock-hands joined palms in respectful greeting as I came. Oh, spell it out, spell it out: at the precise instant of India’s arrival at independence, I tumbled forth into the world.
私はボンベイ市で生まれた ・・・ 昔々のこと。いやそれじゃだめだ,日付から逃れるわけにはいかない:ナルリカル医師の産院で 1947815日に生まれた。何時に? 時間も重要だ。そう:夜だ。いや,もっと正確であることが重要だ ・・・ えー,実は真夜中かっきりだった。時計の針が恭しく手を合わせて私の誕生を迎えてくれた。ほう、もっと書くなら:つまり,まさにインド独立達成の瞬間に,私は世界に転げ落ちた。

・・・・・

『真夜中の子供たち』は,現存する英国で最も偉大な作家の一人であるサルマン・ラシュディの最高の小説かもしれない - 2008年に,ブッカー賞の最初の40年間で最高のブッカー賞受賞作に選ばれた。書き出しの段落ですぐに,サリーム・シナイの声が我々を惹きつける。サリーム・シナイはとりとめのない(meandering)語り手で,英国からインドが独立して最初の1時間に生まれた他のすべての子供たちと同様、テレパシー能力を持っている。

04mc-midnight

Pride and Prejudice by Jane Austen
高慢と偏見/ジェイン・オースティン

It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good fortune, must be in want of a wife.
裕福で独身の男が,妻を望んでいるにちがいない,というのは 普遍的に認められる真実である。

・・・・・

非常に有名で,オンラインでもよく取りざたされているが,史上最高の古典ロマンスの 1つである『高慢と偏見』をまさに期待するだろう。この広く認められた真実に続くことは,全体的により複雑で イライラさせる(nail-biting)が,最終的にはすべてうまくいく。

05mc-pride

Trainspotting by Irvine Welsh
トレインスポッティング/アーヴィン・ウェルシュ

The sweat wis lashing oafay Sick Boy; he wis trembling. Ah wis jist sitting thair, focusing oan the telly, tryin no tae notice the cunt. He wis bringing me doon. Ah tried tae keep ma attention oan the Jean–Claude Van Damme video.
シック・ボーイの額から,汗が滝のように流れ落ちていた;震えている。俺はひたすらテレビを見つめ,やつに気づかないふりをした。こいつにはうんざりだ。俺は,ジャン=クロード・ヴァン・ダムのビデオのことだけに注意を向けようとした。

・・・・・

罵り(swearing),ヘロインの禁断症状(withdrawal symptoms),そして強烈なスコットランド訛り - 初めて見たときから,『トレインスポッティング』がどのようなものかを正確に知る。 顔を殴り,これらのページに正確に何が含まれるかを明確な言葉で教えてくれる書き出しの1つ。映画化では違う方向に進んだが,同様に良かった。

06mc-train

Moby-Dick by Herman Melville
白鯨/ハーマン・メルヴィル

Call me Ishmael.
私をイシュマエルと呼びなさい。

・・・・・

最初の文はわずか 3単語だが,『白鯨』は大きい:大きな魚 (ここで話しているのがマッコウクジラ(sperm whale)なので,厳密には哺乳類) を題材とした壮大な小説である。我々のナレーターであるイシュマエルは,名ばかりの(titular)鯨とその不倶戴天の敵(sworn enemy)であるエイハブ船長よりも脇役だが,途中でいくつかの哲学的な脱線(digressions)を伴いながら,物語を語るのは彼である。

07mc-moby

Invisible Man by Ralph Ellison
見えない人間/ラルフ・エリソン

I am an invisible man. No, I am not a spook like those who haunted Edgar Allan Poe; nor am I one of your Hollywood-movie ectoplasms. I am a man of substance, of flesh and bone, fiber and liquids – and I might even be said to possess a mind. I am invisible, understand, simply because people refuse to see me.
私は目に見えない人間だ。いや,私はエドガー・アラン・ポーにつきまとった人々のような幽霊ではない; 私はハリウッド映画の心霊体の一人でもない。私は物質,肉と骨、繊維と液体を持つ人間であり,精神を持っているとさえ言えるかもしれない。私が目に見えないのは,単に人々が私を見ることを拒否しているからと理解している。

・・・・・

『見えない人間』は 20世紀の偉大な小説の 1つであり,米国黒人体験を微妙に実験的に扱った作品である。その書き出しでは,人々があなたの存在を受け入れることを拒否した場合,あなたは物理的には見えるが,社会的には見えなくなるという中心的な前提(premise)が提示されている。これらの最初の文は,その後に続く物語を反映している:ファンタジー色を帯びているが,非常に政治的である。

08mc-invisible

Bridget Jones’s Diary by Helen Fielding
ブリジット・ジョーンズの日記/ヘレン・フィールディング

January: An Exceptionally Bad Start. Sunday 1 January. 129 lbs (but post-Christmas), alcohol units 14 (but effectively covers 2 days as 4 hours of party was on New Year), cigarettes 22, calories 5424.
1月:非常に悪いスタート。 11日 日曜日。 体重129ポンド(ただしクリスマス後),アルコール単位 14(ただし,新年はパーティー4時間だったので実質2日分),タバコ22本,カロリー 5424

・・・・・

1996年,ヘレン・フィールディングは,神経質で(neurotic)独身の 30代のブリジット・ジョーンズを世界に紹介した。彼女は生活と愛における功績をひるむことなく詳細に記録している。最初の日記の書き出しで,彼女はこれからも続けようと思っていることを始める。

09mc-bridget

The Bell Jar by Sylvia Plath
ベル・ジャー/シルヴィア・プラス

It was a queer, sultry summer, the summer they electrocuted the Rosenbergs, and I didn’t know what I was doing in New York.
奇妙で蒸し暑い夏,彼らがローゼンバーグ一家を感電死させた夏で,私はニューヨークで何をしていたのかわからなかった。

・・・・・

シルヴィア・プラスの『ベル・ジャー』の書き出しは,うだるような(oppressive)暑さ,早すぎる死,そして目的のなさといった深い不安感を即座に引き起こす。小説が進むにつれて,この最初の文はますます意味を帯びてくる。

10mc-the-bell
Metamorphosis by Franz Kafka
変身/フランツ・カフカ

As Gregor Samsa awoke one morning from uneasy dreams he found himself transformed in his bed into a gigantic insect.
ある朝,グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさまし,自分がベッドの中で 巨大な虫に変わっていることに気付いた。

・・・・・

フランツ・カフカの不穏な短編小説の最初の一行は,パロディの題材になるほどよく知られているが,文脈を踏まえて読むと,本当に心に響く。人間が虫になるという要点を的確に捉えていると同時に,適切に説明されることのない「不安な夢(uneasy dreams)」についての少しぞっとするような言及も加え,物語の不気味な(uncanny)謎の雰囲気を保っている。

11mc-metamor

Fear and Loathing in Las Vegas by Hunter S Thompson
ラスベガスをやっつけろ/ハンター・S・トンプソン

We were somewhere around Barstow on the edge of the desert when the drugs began to take hold. I remember saying something like “I feel a bit lightheaded; maybe you should drive…” And suddenly there was a terrible roar all around us and the sky was full of what looked like huge bats, all swooping and screeching and diving around the car, which was going about a hundred miles an hour with the top down to Las Vegas. And a voice was screaming “Holy Jesus! What are these goddamn animals?”
麻薬が蔓延し始めたとき,私たちは砂漠の端にあるバーストーあたりのどこかにいた。「ちょっと頭がくらくらする;車に乗ったほうがいいかもしれない」みたいなことを言ったのを覚えている。 そして突然,私たちの周りで恐ろしい轟音が鳴り響き,空は巨大なコウモリのようなものでいっぱいになり,すべてが急降下し,金切り声を上げ,ラスベガスまでトップで 時速約100マイルで走っている車の周りに飛び込んだ。そして声が「聖なるイエスよ!このいまいましい動物は何ですか?」と叫んでいた。

・・・・・

ハンター・S・トンプソンの気の狂った(gonzo)小説は,作者と同じくらい突飛な(outlandish)作品であるが,恐るべき薬物摂取の描写がトンプソン自身をモデルにしていることを考えると,何の驚きもない。これは最初の段落で紹介されたテーマである:幻覚によるコウモリが急降下し始めると,我々はとんでもない事態に陥ることがわかる。

12mc-fear

(転載了)
******************
アーヴィン・ウェルシュの『トレインスポッティング』は スコットランド訛りそのままの文章なので 翻訳不能で,文献を参考にしました。

| | | コメント (0)

2024年4月 3日 (水)

“Japan’s Holocaust” が出版された。

櫻井よしこさんが そのXでー
2次大戦まで日本は3,000万人を殺害したというとんでもない大嘘を書いた本が3月に出版予定です。『Japan’s Holocaust』で,ナチスのユダヤ人大虐殺は600万人,3,000万人はなんと5倍です。あまりのでたらめさ。日本政府と日本人全員が徹底的に反論すべきです。」と書いています。
これに対して 作者 リッグ氏は-
はっきり言わせてもらうと,この櫻井という人はバカなのか。彼女はハワイ大学に通っていたということなら,英語を話せる人なので,ワシントンD.C.の国立公文書館に行って,証拠を見てくることをお勧めする。彼女は大日本帝国の犠牲者を否定する偏屈者だ。」と語り,櫻井氏と対談をしたいと申し出ている-
と伝えられています。

Amazon のこの本の広告で,その内容を次のように書いています。
(以下,拙訳します。)
******************
Japan's Holocaust: History of Imperial Japan's Mass Murder and Rape During World War II
「日本のホロコースト:第二次世界大戦中の大日本帝国による大量殺人と強姦の歴史」
Paperback – March 19, 2024
by Bryan Mark Rigg Ph.D. (Author), Andrew Roberts (Foreword)

001_20240401160901 「日本のホロコースト」は,1927年から 1945年の太平洋戦争およびアジア戦争中の日本の大量殺人と性犯罪を包括的に調査したものである。

「日本のホロコースト」は,5ヶ国の 18以上の研究施設で行われた研究を組み合わせて,1927年から 1945年までの大日本帝国のアジアと太平洋全域での軍拡と無謀な(reckless)作戦中の残虐行為(atrocities)を調査します。 この本は,日本がヒトラーのナチス・ドイツよりもはるかに多くの人々を虐殺して(slaughtering),少なくとも3,000万人の命を奪った(claimed)ことを確認するための,最新の学問と新しい一次研究をまとめたものである。

「日本のホロコースト」は,裕仁天皇が軍団(legions)が犯した残虐行為を知っていただけでなく,実際に彼らに命令したことを示している。南京レイプ(the Rape of Nanking)や他の多くの事件で示されたように,彼らが最も堕落した(depraved)人間の想像の域を超えたとき,彼は彼らを止めるために何もしなかった。「日本のホロコースト」は,南京レイプがアジア戦争中の独立した出来事ではなく,むしろ1927年から1945年までのアジアと太平洋におけるすべての作戦において日本がどのように行動したかを代表するものであったことを,痛ましく詳細に(painful detail)記録する。

この時期,大量殺人(mass murder),強姦,経済搾取(economic exploitation)が日本の手口(modus operandi)であり,ヒトラーの親衛隊 ‘Death’s Head outfits’(頭蓋骨服)がその残虐行為を隠蔽しようとしたのに対し,裕仁の軍団はその残虐行為を大々的に熱狂的に(fanfare and enthusiasm)公然と行った。 さらに,ドイツは第二次世界大戦後,自らの犯罪を償い(atone),その記録を残すために多くのことを行ってきたのに対し,日本は犯罪に対する賠償(reparations)と戦時中の過去について国民に教育する努力において全く恥ずべきこと(disgraceful)を行ってきた。 驚くべきことに(shockingly,日本は概して犯罪者と戦時中の過去を美化(glorify)し続けている。

About the author
ABOUT BRYAN

002_20240401160801 ブライアン・マーク・リッグは『ヒトラーのユダヤ人兵士(Hitler’s Jewish Soldiers)』の著者であり,この作品は軍事史部門でウィリアム・E・コルビー賞(the William E. Colby Award)を受賞し,NBC-TVの‘Dateline’ で特集され,11カ国語に翻訳されている。彼はまた,『ヒトラーのユダヤ人兵士の生涯: 第三帝国のために戦ったユダヤ系男性の語られない物語(Hitler’s Jewish Soldiers: Untold Tales of Men of Jewish Descent Who Fought for the Third Reich)』と『ヒトラーの兵士に救われたラビ(The Rabbi Saved by Hitler's Soldiers)』の著者でもある。

(転載了)
****************
By Wikipedia

ブライアン・マーク・リッグ(1971316日生)は,米国の作家,軍事史家,講演者。
イェール大学で歴史学の学士号を取得,ケンブリッジ大学の大学院で1997年に修士号を,2002年に博士号を取得している。米海兵隊で士官としての勤務した経験もある元軍人。
(略)
リッグ氏は著作に加えて,米国陸軍大学,南メソジスト大学,ウェスト・ポイントの陸軍士官学校など,いくつかの大学で歴史学の教授としても働いている。彼は,CNNNPR,ニューヨーク・タイムズなどのさまざまなメディアに頻繁に寄稿してきた。
******************

広島と長崎の原子爆弾による死者は 合計 約21万人で,多くは非戦闘員です。
3,000
万人に較べれば 大したことはない,ということでしょう。

日本語版の出版は未定のようですが,現代の日本人は この本(に書かれたこと)をどのように評価すべきでしょうか。
事実が証明された資料に基づく反論が期待されます。

| | | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

“AMETORA” という本の名前は “American Traditional” から-

「メンズウェア」と「テーラリング」に関する真相を伝えるサイトSamTalksStyle
REVIEWED – AMETORA: HOW JAPAN SAVED AMERICAN STYLE, BY W. DAVID MARX
「書評AMETORA: 日本はいかにしてアメリカン・スタイルを救ったか,W. デヴィッド・マークス著」
というタイトルの記事がありました。

下記,拙訳・転載します。
**********************
One of the best clothing related reads I’ve had this year.
今年読んだ衣料品関連の読書の中で最高のものの 1 つ。

004_20240209183601
003_20240209183601

 特定のスタイルの称賛と,鋭く(incisive)正確な(accurate)歴史をうまく融合させた本に出会うことはまれである。
通常,どちらか一方のみ得る。
前者は 手に負えず(unwieldy)コーヒー・テーブルの本として終わることが多く,後者は退屈(dull)で陰鬱な(dreary)結果になることがよくある。
AMETORA’ はどちらの結末(fates)にも遭わない。

マルクスは ‘AMETORAの物語を第二次世界大戦後,日本のアイビー・スタイル・ムーブメントがどのように始まったかの歴史を,今はなき ‘VAN Jacketや ‘MEN’S CLUBなどの雑誌に関わった人々のレンズを通して語る。

日本のこのムーブメントの指導者たちが,米国人がそれを採用した方法とは逆の方法で,どのようにしてこのスタイルを広めなければならなかったのかを発見するのは,非常に興味深いものだった。
日本では,それは厳格なルールに基づいて教えられなければならず,米国人は単純に規則の評判の悪い(louche)拒否としてそれを行った。

表紙とタイトルから,特にアイビーに焦点を当てていることがわかるが,すぐにこの本が単なる日本のアイビー・スタイル以上のものを網羅している(encompasses)ことがわかった。
その代わりに,マルクスは日本のアイビーの物語を出発点として,日本のファッションがどのようにしてさらに大きくなったのかを語る。 

ストーリーの残りの部分をネタバレするつもりはないが,取り上げられている他のトピックの概要をいくつか説明しよう:

日本のデニムはいかにして米国の模倣から世界で最も評価されるデニムになったのか
ロックンロール?
この国がどのようにしてコム・デ・ギャルソンや高田賢三などのオール・スター・デザイナーズ・ハウスを輩出するホットスポットになったのか
日本がストリートウェアの中心地(hub)となった経緯 

マルクスの文体と流れはよく考えられており,ストーリーはテンポよく,全体を通して魅力的である。そう,このファッション史はページをめくるようなものなのだ。
200ページを少し超えるくらいで,かなり多くの情報がかなり短い中に詰め込まれている。 

物語は数十年に及び,最後のページでは現在の日本(この本の場合は2015年)のファッションの立ち位置についてコメントしている。

あらゆる時代の素晴らしい写真がいくつか含まれているが,この本がコーヒー・テーブル・ブックになるのではなく,小さな物理的なサイズで出版されたことをうれしく思う。
寝る前に本を読むのが好きな私としては,ベッドで寝ながら読めるのが嬉しい。このジャンルのほとんどの本では,このような贅沢はできない。

この本のプレゼンテーション,編集,物理的な在庫はしっかりしている。表紙は古い本を彷彿とさせる質感があり,良い感じだ。ページの状態は良好で,最も重要なことは,スペルや文法の間違いがどこにも見つからないことである。

AMETORA” には何の欠点も見つからなかった。
素晴らしい本で,一読の価値がある。

(転載了)
*********************

この本の紹介サイトに書かれている文が下記です:

日本と米国のスタイルの相互作用(cross pollination),ヴィンテージ,デニム,アイビー,ロッカー,ミリテリアについてすべてを知りたい人のための完全なオタク・バイブル(nerd bible)。それに加えて,そのすべてを支えている人々,デザイナー,ショップ,メーカー。 『ポパイ』や『メンズ・ファイル』と一緒にぜひお持ちください。 本書は新しいあとがきを加えた新装版である。

 「最近の典型的な『アメリカン』の衣料品をよく見てみると,中に日本のラベルがあることに驚くかもしれない。高級デニムからオックスフォードのボタン・ダウンに至るまで,日本人デザイナーは「アメトラ」,または「アメリカン・トラディショナル」として知られる古典的な米国のスタイルを取り入れている。-そしてそれをユニクロ,鎌倉シャツ,エビス(Evisu),キャピタル(Kapital)などの企業にとって巨大なビジネスに変えた。

この現象は,日本と米国のファッションの間の長い対話の一部であり,実際,現代米国のワードローブの基本的なアイテムや伝統の多くは,米国のファッションを儀式化して(ritualized)保存してきた日本の消費者とファッション専門家(cognoscente)の管理(stewardship)のおかげで,今日も健在である。

005_20240209183601

『アメトラ』では,文化史家の W. デヴィッド・マークスが,過去 150年にわたる日本人のアメリカ・ファッションの同化を追跡し,日本の流行の仕掛け人(trendsetters)や起業家がどのようにして米国のスタイルを模倣し,適応し,輸入し,最終的に完成させ,その過程で日本の文化だけでなく,私たち自身のものである文化を劇的に再形成したかを示している。」

(転載了)
******************* 

| | | コメント (0)

2024年1月14日 (日)

映画「遠い夜明け」のベースになった,伝記 “BIKO”。

先日,NHK BSで 映画『遠い夜明け』(Cry Freedom1987)を観ました。

この映画の基になったのが,南アフリカ共和国の有力紙デイリー・ディスパッチ紙の白人記者だったドナルド・ウッズ(Donald Woods)が英国に亡命して書いた,警察に拘留中に死んだ黒人解放活動家 スティーヴ・ビコ(Steve Biko)の伝記 “BIKO” です。

英文 Wikipedia で この伝記 “BIKO”に関する記述を読みました。

下記,拙訳・転載します。
***********************
001_20240111181201BIKO

Author Donald Woods
Country United Kingdom
Language English
Genre  Biography
PublisherPaddington Press
Publication date1978
Media typePrint
Pages436

『ビコ』は,黒人意識運動(BCMBlack Consciousness Movement)の指導者で反アパルトヘイト(anti-apartheid)活動家のスティーブ・ビコ(Steve Biko)の伝記である。この本は,ビコの個人的な友人であるリベラルな南アフリカの白人ジャーナリスト,ドナルド・ウッズによって書かれた。ドナルド・ウッズはビコの死に関する真実を暴露しようとしたため,追放を余儀なくされた。これが1987年の映画『遠い夜明け(Cry Freedom』のインスピレーションとなった。

Summary/あらすじ

『ビコ』は,南アフリカの反アパルトヘイト活動家スティーブ・ビコの人生を,彼の友人ドナルド・ウッズの視点から取り上げている。この本は南アフリカの白人政府とアパルトヘイト制度にも批判的である。 黒人への虐待や警察がよく行う残虐行為(brutality)を攻撃している。

History/過程

ビコは1977912日に警察の拘留(custody)中に死亡した。警察の公式報告書には,ハンストの結果死亡したと記載されている。しかし,南アフリカのジャーナリスト,ウッズは,最初に遺体を見て,ビコが撲殺された(beaten to death)と確信した。ウッズはビコの遺体の写真を撮らせ,彼の新聞『デイリー・ディスパッチ(the Daily Dispatch)』に掲載させた。ウッズはビコの死を調査しようとして政府の標的となり,命からがらの逃亡(flee)を余儀なくされた。 彼は英国に亡命し,そこでアパルトヘイトに反対する運動を行い,ビコに関する記事を公表した。

Cry Freedom/遠い夜明け

リチャード・アッテンボロー(Richard Attenborough)監督の映画『遠い夜明け(Cry Freedom)』は,『ビコ』やウッズが書いた他の記事に基づいている。デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)がビコを,ケビン・クライン(Kevin Kline)がウッズを演じる。この映画の上映は南アフリカで禁止されなかったが,警察はそのコピーを押収し(confiscated),上映中の劇場は爆破された。

(転載了)
**************
不勉強ながら “BIKO” も 「遠い夜明け」も知りませんでした。

| | | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

「ニューヨーク・タイムズ」 と 「ニューヨーカー」 に ‘Best Books of 2023’ に選ばれた ノンフィクション “Judgment at Tokyo”

000_20231226162101The New York Times’ と ‘The NEW YORKER’ が発表した “The Best Books of 2023” に ノンフィクション “Judgment at Tokyo” がありました。

著者 Gary J. BassWikipedia は次のように紹介しています。

「ゲイリー・ジョナサン・バス(Gary Jonathan Bass)は米国の作家,学者。プリンストン大学公共国際問題大学院(the Princeton School of Public and International Affairs)の政治と国際関係(politics and international relations)の教授。ハーバード大学を卒業し,学士号(BA)と博士号(PhD.)を取得。 生年月日:1969722日」

下記に 両紙の この本に関する記述を 拙訳・転載します。
**********************
The New York TimesBest Books of 2023

How the World Once Handled War Crimes
「かつて世界は戦争犯罪にどう対処したか」

政治学者ゲイリー・J・バスは『東京裁判』(Judgment at Tokyo)の中で,第二次世界大戦後の,日本軍の残虐行為(atrocities)に対する訴追(prosecution)を検証し,国際法の真の有効性(efficacy)を主張している(makes the case for)。

001_20231226162201

By Thomas Meaney(トーマス・ミーニー)
Thomas Meaney is the editor of Granta.
(グランタ(文芸雑誌兼出版社)の編集者。ウォール街占拠運動の開始に貢献した活動家,学者。)
Oct. 21, 2023

JUDGMENT AT TOKYO: World War II on Trial and the Making of Modern Asia,  by Gary J. Bass
東京裁判: 第二次世界大戦の裁判と近代アジアの形成』ゲイリー・J・バス著

焦土攻撃(scorched-earth ground offensives)や病院爆撃(bombed-out hospitals)の時代において,政府が犯す(perpetrated)残虐行為(bombed-out hospitals)を処罰する見通しは 特に遠い(distant)ように思われる。しかし,恒久的な平和を実現するための国際条約や裁判所(tribunals)の可能性を賛美する最近の高く評価された(acclaimed)本に基づいて,別の考えを抱くのも無理はない。外交的な抜け目のない駆け引き(horse-trading)に懐疑的な西側リベラル派の主要な(prominent)一部は,公正な世界という理想を実現する(enact)ための最も有望な(promising)手段として国際法を支持している(champion)。

この動き(pageant)に,プリンストン大学政治学教授ゲイリー・J・バスによる、第二次世界大戦後の日本の戦争犯罪の訴追(prosecution)をスッキリと(elegantly)まとめた総合的な論考「東京裁判(Judgment at Tokyo)」が加わる。バス氏は自身のキャリアの多くを戦争犯罪裁判の研究に捧げており,これが紛争を締めくくる(cap)最も悪くない方法だと示唆している。1990年代,若い記者として,彼はユーゴスラビアで犯された戦争犯罪を調査する国際裁判の取材に最初に取り組んだ(cut his teeth covering)。彼は米国権力の絶頂期に形成された人権派の党派の出身で,「ルールに基づいた(rules-based)」世界秩序は西側諸国の利益にとってベール(veil)以上のものになり得ると主張する。

バス氏は新著の中で,米国の優位性のもう一つの絶頂期(high-water mark):つまり米国が連合国を率いて敗戦したドイツと日本との和平条件をまとめた1940年代後半に回帰する。ニュルンベルク裁判でのナチス戦争犯罪の訴追は,西側諸国の心象の中では今でも成功として捉えられているが,東京裁判は西側諸国ではほとんど忘れられているが,世界のさらに多くの政府が関与し,より分裂的な遺産を残した。

戦後秩序の主要な関心はすべて法廷に集中した:米国,オーストラリア,カナダ,ニュージーランド,英国,フランス,オランダ,ソ連,インド,中国,フィリピンから裁判官が来日した。「東京裁判は政治的な出来事だった」とバスは書いている。「これはアジアの植民地時代の過去の尺度(measure)であり,冷戦時代の未来の前触れ(prelude)だった。」

(以下 略)

************************
The NEW YORKERTHE BEST BOOKS OF 2023

Judgment at Tokyo
by Gary J. Bass (Knopf)
Nonfiction

極東国際軍事裁判(the International Military Tribunal for the Far East)は正式には東京裁判(the Tokyo trial)と呼ばれ,ニュルンベルク裁判よりも長く続き,はるかに規模が大きかった。 ゲイリー・J・バスがその徹底的で(exhaustive)魅力的な本の中で,この裁判は現代のアジアに展開し続ける深刻な結果をもたらしたと指摘している。何人かの日本の首相は,連合国の宣伝機関員(propagandists)とそれをオウム返しに従う日本の左翼が,日本に過去の「自虐的な(masochistic)」見解を押し付け,日本が侵略戦争(aggressive war)を遂行し,他国よりひどい残虐行為を行ったとして不当に非難していると信じてきた。

バス氏は,この裁判を植民地主義(colonialism),人種問題に対する態度,冷戦,植民地後のアジアの政治という文脈にしっかりと位置づけ,「東京裁判版の歴史(Tokyo-trial version of history)」に関する日本の未解決の問題が今日,この国の最大のジレンマの核心に至っていると主張する。

***********************
翻訳本はまだ出てないようです。原書で読む元気はありません。

| | | コメント (0)

2023年11月17日 (金)

40年近く前の日本のファッション本を米国のサイトが-

米国のサイト‘IVY STYLE THE CLASSICS ARE FOR EVERYONE 1983年に講談社が発行した,くろす・としゆき著「アイビー・スーパー雑学事典」について書いていました。

下記,拙訳・転載します。
*********************
SEPTEMBER 23, 2019付け
Devil In The Details: Japanese Ivy Dictionary
「細部に潜む悪魔: 日本のアイビー事典」

001_20231102051101

***001

古典的なアメリカーナに関して,日本人は細心の注意を払って(meticulous)研究し,少なくともほとんどの場合,細部にこだわる(sticklers)。

「エスクァイア(Esquire)」のファッション・ディレクターであるニック・サリバン(Nick Sullivan)が,彼のスタイル・ライブラリーに加えた最新の本を貸してくれた。それは,くろす・としゆき (東京在住の男性によれば,ブランド VAN と関係があるとのこと) による 1983年の『アイビー図鑑(The Ivy Pictorial Dictionary)』である。

このイラスト入りのポケット・ブック(pocket tome)はいくつかの理由で興味深い。 まず、この事典は「アイビー」事典と呼ばれているが,ハーレー・ダビッドソン,ジャック・ダニエル,ユニオン・パシフィック鉄道など,古典的なものやアメリカのものなら何でもリストに含まれている。文字 “I” の項には,この本には「アイビー・リーグ・モデル」のスーツが掲載されており,何がスーツをアイビーたらしめているかが詳細に説明されており,3つボタンが模範的な(exemplary)アイビー・モデルであり,3つボタン中1つがけ(3/2) ではないと述べている。

友人がこの一節を翻訳して,次のように示してくれた:

++++++

我々が「アイビー」と呼んでいる服は,正確には「アイビー・リーグ・モデル」と呼ばれている。あちらでは「アイビー」というとアイビー・リーグの大学を思い浮かべるかもしれないん。 気をつけて。

自然な肩(natural shoulder),間隔の広い3つのボタン(上の2つのボタンのみ使用),袖とポケットの周りのステッチ,フック・ベントなど,いくつかの特徴がある。 スラックスはプリーツ無し(plain front)で,ベルト・ループとバック・ストラップが付いており,シルエットはストーブ・パイプ(stove-pipe)である。これらは必須の(the must-have)特性である。

ばかげた話だが,若い頃は,これらすべてのディテイルを覚えている自分をとても誇りに思っていた。

+++++++++++

明らかに日本人は,アイビー・スタイルに関しては厳格な完璧主義者で,ヴィンテージ・スタイルを丹念に(painstakingly)再現するが,一転して,「アイビー 東京」という曲のように,「アイビー」という用語を非常に大雑把に(loosely)使用する。この歌手(*管理者注:三田明)はフック・ベントや重ね縫いについて歌っていると思うかもしれないが,この曲は実際は女の子を追いかけることについて歌っている。

Men’s fashion wouldn’t exactly make a cool subject for a song,” said my friend. — CC
「メンズ・ファッションは,曲のクールな題材にはならない。」友人は言った。CC

002_20231102051201
003_20231102051201

(転載了)
*********************
米国人と日本人のファッションへの感覚に開きがあるようです。

| | | コメント (0)

2023年6月12日 (月)

トム・ハンクスは小説家でもある。

USA TODAY’,May 9. 2023付けに
You know Tom Hanks the actor. Now meet the gifted novelist with sparkling wit.
「トム・ハンクスという俳優をご存知か? さて,機知に富んだ天才小説家を紹介しよう。」
という見出し記事がありました。
*トム・ハンクス(‘Thomas Jeffrey "Tom" Hanks, 1956~ )

下記,拙訳・転載します。

*****************************
格言(adage)にあるように,「知っていることを書け。」 トム・ハンクスが知っていることが一つあるとすれば,それは映画である。オスカー賞を2度受賞したA級(A-list)俳優のキャリアは40年に及び,『プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)』や『トイ・ストーリー(Toy Story)』といった互いに異なる大作映画に主演するなど,映画の詰め物(the cinematic sausage)がどのように作られるのかを知っている。

そして,この俳優の最初の小説『もう一つの主要な映画傑作のメイキング(The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece)』(クノップ,448ページ,4つ星中★★★,現在発売中)は,400ページ以上にわたって,ソース素材の開始から,撮影計画作成の苦しみ,そしてポスト・プロダクションの細部重視の退屈な作業までの映画の製作が書かれ,正確なタイトルが示されている(charts)。

当社のリンクを通じて購入すると,当社および当社の出版パートナーに手数料が発生する場合がある。

"The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece" at Amazon for $27
"The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece" at Bookshop for $30

ハンクスは「キャストのすべての俳優とスタッフのすべてのメンバーに」とこの小説を捧げ,多感な子供の頃、疎遠だった(estranged)第二次世界大戦退役軍人の叔父との出会いによってその影響を強く受けたアーティストが描いた,この時代のインディーズ・コミックのベトナム戦争からインスピレーションを得たマーベルのようなスーパーヒーロー大作の製作についての説明の中で,映画スターの神秘的雰囲気(mystique)を惜しみなく払拭している(dispels)。 ハンクスの物語の主役は,まあ,スターではない。 輝く白い歯,割れた腹筋,メガ・ワット映画スターや10億ドルの大ヒット作のデザイナーズ・アパレルの陰には,ホテルのレセプション・デスクからハリウッドのプロデューサー・チェアへ彼女を昇進させたアリシア・アル・マクティア(Allicia “Al” Mac-Teer)のような粘り強く忍耐強い専門家たちがいる。あるいは,Uber のような会社のギグ・ドライバーであるイネス・ゴンザレス・クルーズさんは,時間厳守と問題解決スキルにより運転手(chauffeur)から協力者に昇格した。

見逃せない5冊:トム・ハンクスの「映画傑作(Motion Picture Masterpiece)」,アンディ・コーエンの「ダディ・ダイアリーズ」

ハンクスは,驚くべきことではないが,キャラクターを創造するのが得意である。

ハンクスのペンは、映画の機械を動かし続ける作家,運転手,コーヒー入れ(coffee-fetchers),問題解決者たちの愛に満ちた裏話を描き出すので,仲間(crewmember)の誰もが目を離すことはできない。“The Making of Another Major Motion Picture Masterpieceは,映画愛好家による,映画愛好家のための本で,監督の解説をオンにして DVD を観たことがある人なら誰でも楽しめる本である。この本には映画制作の専門用語や事実(factoids)が満載である(riddled)。 SPFX が「スペシャル・エフェクト」の略であること,または EPK が ‘electronic press kit’(電子プレス・キット)であることをご存知か?

ハンクスは,テキストの定義,説明,映画史への転用(「カサブランカ」製作に関する思い出に残る逸話(anecdote)を含む)を脚注でわかりやすく解説している。

ページ上のライターは,スクリーン上の俳優によく似ている:愛想がよく(affable),気さくな性格。

2017年の短篇集『変わったタイプ(Uncommon Type)』も執筆したハンクスは,輝かしいウィットと他の人間に対する生来の(innate)好奇心を備えた才能ある作家である(結局のところ,彼はスクリーン上で彼らを演じている)。彼の本は,いつ発売されても楽しい内容だっただろうが,全米脚本家組合(the Writers Guild of America)の組合員が労働条件の改善とストリーミング時代のより公平な賃金を求めて闘う中,作家のストライキでハリウッドが機能不全に陥ってからちょうど1週間が経った今,この本は特に反響(resonance)を呼んでいる。ハンクスの本は,映画は自分自身を作るものではなく,特定の一人の人物,特にスターではなく,クレジットの全員に値することを思い出させるために必要な本だ。

「誰もが一生懸命働いている」とハンクスは書いている。「誰もが映画で最も重要な仕事を持っている。」

(転載了)
*********************
一つの文章が長く 訳に自信がありません。原文の確認をー。

GQ-UK’,June 22023 付けの “The best books of 2023 (so far)” で “The Making of Another Major Motion Picture Masterpiece” が紹介されていました。

001_20230607075101

| | | コメント (0)

2023年4月10日 (月)

アガサ・クリスティの小説改訂版で原文が修正されている。

The Telegraph’ 電子版,Mar.30,2023付けで
Agatha Christie thrillers lose their teeth
「アガサ・クリスティのスリラーがその歯を失う」
の見出し記事がありました。

下記,拙訳・転載します。
*****************
Passages rehashed to suit modern sensitivities
現代の感性に合わせて再書き直しされた一節

001_20230331074701

アガサ・クリスティの小説が現代の感性に合わせて書き直されている,と ‘The Sunday Telegraph’ が明らかにしている。
ポワロとミス・マープルのミステリーで,「ハーパー・コリンズ(HarperCollins)」が発行する新版のために元の文章が作り直されるか,完全に削除された。子供たちのグループに不満をぶつけている英国人観光客のキャラクターは,最近の再発行から削除された。笑顔の人々への言及,および彼らの歯と体格に関するコメントも,新しいバージョンから削除された。

史上最も成功した小説家であり,販売部数でシェイクスピアに次いで 2番目のクリスティは,ロアルド・ダール(Roald Dahl)とイアン・フレミング(Ian Fleming)に続き,古典的な作品が現代の出版社によって死後に(posthumously)編集される最新の作家になった。

クリスティの作品の新版は、ハーパー・コリンズによってリリースされる予定であるか,2020年以降にリリースされた。‘The Telegraph’ が見た新版のデジタル版には,1920年から 1976年までに書かれたさまざまなテキストへの多数の(scores of)変更が含まれており,特にクリスティの主人公(protagonists)が英国外で出会う登場人物について,説明,侮辱,または民族性への言及を含む多数の文章の記述が削除されている。

多くの場合,ミス・ジェーン・マープル(Miss Jane Marple)またはエルキュール・ポワロ(Hercule Poirot)の内面の独白(monologue)を通して,著者自身のナレーションが変更されている。ミステリー内でしばしば冷淡な登場人物が発する台詞の一部もカットされている。

1937 年の小説「ナイル殺人事件(Death on the Nile)」で,アラートン夫人のキャラクターは,子供たちのグループが彼女を悩ませている(pestering)と不平を言い,次のように述べている。「彼らは戻ってきて,じっと見つめる。彼らの目にはただ嫌悪感を覚え,鼻もそうだ。私が本当に子供が好きだとは思えない。(they come back and stare, and stare, and their eyes are simply disgusting, and so are their noses, and I don’t believe I really like children.)」。

これは新版では削られ,次のように述べられている:「彼らは戻ってきて,じっと見つめる。 そして,私が本当に子供を好きだとは思えない。(They come back and stare, and stare. And I don’t believe I really like children.)」 語彙も変更され、「オリエンタル」という用語が削除された。

物語の他の描写も,場合によっては変更されており,オリジナルでは 事件について黙っていることを理解しているためニヤリ(grinning)とすると記述されていた1人の黒人の使用人は,現在は黒人でも笑顔でもなく,単に「うなずいている(nodding)」と記述されている。

1964年のミス・マープルの小説「カリブ海の秘密(A Caribbean Mystery)」の新版では,彼女に微笑んでいる西インドのホテル従業員が「とても素敵な白い歯(such lovely white teeth)」を持っていると,アマチュア探偵は黙って考えていたが,「美しい歯(beautiful teeth)」への同様の言及とともに削除された。

同じ本は,著名な女性キャラクターを「彫刻家が享受したであろう黒い大理石の胴体(a torso of black marble such as a sculptor would have enjoyed)」を持っていると記述しているが,これは編集版には見られない。他の記述も変更され,ヌビア人 (Nubian people,何千年もの間エジプトに住んでいた民族グループ) への言及が「ナイル殺人事件」から多くの場合 削除され,その結果,「ヌビアの船頭(the Nubian boatman)」は単に「船頭(the boatman)」になっている。

クリスティの 1920年のデビュー小説である「スタイルズ荘の怪事件(The Mysterious Affair at Styles)」の対話は変更され,ポワロはかつて別の登場人物を「もちろんユダヤ人(a Jew, of course)」と述べていたが,現在はそのようなコメントはしてない。

同じ本で,「ジプシー・タイプ(of gypsy type )」であると説明された若い女性は,現在は単に「若い女性」であり,ジプシーへの他の言及は文章から削除されている。

1979年の短編集,‘Miss Marple's Final Cases’ には,怒って朝食を要求するインド人裁判官のキャラクターが含まれている。元の文章は「彼のインドの気性(his Indian temper)」と述べているが,「彼の気性(his temper)」というフレーズに変更されている。「ネイティブ(natives)」への言及も削除されるか,「ローカル(local)」という言葉に置き換えられた。

改訂された本全体で,人種の記述が変更または削除された。これには,ホテルの部屋に向かって歩いているときに,夜の茂みの中で黒人女性を見ることができなかった「カリブ海の秘密」の一節全体が含まれる。
n-----” という言葉は,クリスティの散文(prose)と彼女の登場人物が話す会話の両方で,改訂版から削除されている。

彼女の小説「Final Cases」と「スリーピング・マーダー(Sleeping Murder)」にも変更が加えられている。 クリスティの作品が変更されたのはこれが初めてではない。 彼女の 1939 年の小説「そして誰もいなくなった(And Then There Were None)」は,人種差別用語(racist term)を含む別のタイトルで以前に出版された。

The Sunday Telegraph, London

(転載了)
***********************
n-----は “negro” でしょうが,新聞に表示することすら避けることになっていることに驚きました。
このような原作の修正に対して 批判,反対の声もあるようです。

代表作である 「そして誰もいなくなった(And Then There Were None)」は 発行して,すぐに改題された歴史があるようでー 英文WikipediaAnd Then There Were None” には次のように書かれています。

*********

Cover_20230404101501

It was first published in the United Kingdom by the Collins Crime Club on 6 November 1939, as Ten Little Niggers, after the children's counting rhyme and minstrel song, which serves as a major plot element.
1939年11月6日に ‘the Collins Crime Club’ によって「10人の小さなニガー(Ten Little Niggers)」として イギリスで最初に刊行された-このタイトルは子供たちの数を数える韻とミンストレルの歌の後,主要なプロット要素として機能した。

The US edition was released in January 1940 with the title And Then There Were None, taken from the last five words of the song.
米国版は 1940年1月に 歌の最後の5語から取られた “And Then There Were None” というタイトルで発行された。

Successive American reprints and adaptations use that title, though Pocket Books paperbacks used the title Ten Little Indians between 1964 and 1986. UK editions continued to use the original title until 1985.
1964年から1986年の間,‘Pocket Books’ のペーパーバックは ‘Ten Little Indians’ というタイトルを使用していたが,米国の連続した再版と改作はそのタイトルを使用している。英国版は1985年まで元のタイトルを使用し続けた。

********************
日本語訳は 1939年に雑誌 『スタア』で 清水俊二が 「死人島」として連載したのが初出で,19556月に早川書房から 『そして誰もいなくなった』 として刊行されたようです。

| | | コメント (0)

2023年2月13日 (月)

廃品回収の整理に行って 持って帰った ・・・ 。

家人が 土曜の朝,自治会の廃品回収整理(業者に引き取ってもらうため)に出かけ,重そうな袋を持って帰宅しました。

001_20230211124401

002_20230211124301 袋の中身はー
古い 「暮しの手帖」が10数冊 入っていました。
もっと多くあって,「持って帰っていいよ。」と言われたそうですが,荷物になるのでやめたそうです。

もっとも古いのは Autumn 1956,66,7年前(私は小学2年生)に発行された36号でした。

おそらく 我々(古希過ぎ夫婦)の親世代が買ったものと思われます。

003_20230211195601 100号(Spring 1969)もありました。

「暮しの手帖」は,1956年から1967年まで 季刊(年4回発行)でしたが,1968年(昭和43年)2月の第93号からは隔月刊に変更されています。

現在 通巻で 400号を超えているようです。

| | | コメント (0)

2023年1月16日 (月)

ハリー王子の回顧録 “Spare”,翻訳された言語と出版された国は-

ハリー王子の話題の回顧録 “Spare”は 英語の他 15の言語に翻訳されて出版されているとのことです。
それは何語で,どの国で出版されているのか,ネットで調べた結果をまとめてみました。
参考にした主なメディアは ‘REUTERS’,‘indy1000’ です。

【言語】

English
Spanish
German
Portuguese Brazil
Portuguese Portugal
Simplified Chinese
Danish
Finnish
French
Dutch
Greek
Hungarian
Italian
Polish
Romanian
Swedish

中国語版は中国で出版しているわけではなく,世界中に中国人がいる,ということでしょうか。
英語版の出版国は米国,英国,アイルランド,オーストラリア,ニュージーランド,インド,南アフリカ,カナダなど,新旧英連邦の各国です。

英語圏外の国々は自国の言語バージョンを印刷しており,本のタイトルは “Spare” の直訳ではない国もあるようです。そのタイトルを英語に翻訳しなおしたものを次に示します。

Brazil (in Portuguese): "What’s Left Over"
Poland: "The Other One"
Spain: "In The Shadows"
Portugal: "In the Shadow"
France: "The Substitute"
The Netherlands, Hungary and Germany: "Reserve"
Romania: "Nervous Reserve"
Greek: "Spare (Wheel)"
Finland: "Deputy"
Sweden: "The Second”
Italy: "Spare (The Minor)"

Spare” は 日本人には,直截すぎ,かつ,軽すぎるので,“The Other One”,“In The Shadows”,“Reserve”,“Deputy”,“The Second” などが 日本人の感性からは 適訳と思います。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧