カテゴリー「散歩・風景」の519件の投稿

2020年7月 1日 (水)

7月です。

7月の手製カレンダーは -

The-boat-in-the-sun

鈴木英人作 “The Boat in the Sun”,1991。

(あくまで 自宅使用限定製作です。)

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

今年も「鬼百合」が咲いた。

002a_20200624160701
何年か前に,一部をベランダの鉢に植えた食用の「ゆりね(百合根)」が,毎年 花(鬼ゆり)をつけます。

003_20200624160701
手前は クリーム色の「夾竹桃」の花です。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

呉市の道路植え込みでー

003_20200616180101

車道と歩道の間の植え込みの 「アガパンサス」です。
001a_20200616180101
呉市の中央部を流れる堺川にかかる「五月橋」(映画「この世界の片隅に」で描かれた「小春橋」の一つ北側)の車道と歩道の間の植え込みで,今,満開の「アガパンサス」です。
私が知る限りでは 呉市が整備している植え込みの中で もっとも趣味がいいものだと思っています。
ついでにー 最も趣味の悪い植え込みは JR呉駅前,正面から出て右側の植え込みで,これは呉市ではなく JR西日本によるものかも知れませんが,どの季節も気の利いたものがありません。素人の作品?

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

トンボの名前が分からない。

001_20200615075901
梅雨の晴れ間,自宅の壁にトンボが止まって 羽を休めていました。
今年見る初めてのトンボですが 名前が分かりません。
子供の頃,認識していたトンボの種類は 「シオカラトンボ」,「オニヤンマ」,「イトトンボ」,「ボン(アカ)トンボ」の4種類でした。
さて,これは?

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

無電柱化している道路とそうでない道路の違いは?

001_20200520180501
国土交通省は 国道の無電柱化を進めているのか,広島県呉市のJR呉駅前の国道31号には電柱がありません。

この国道31号と平行に走る1本山側の道路も無電柱化され,街路灯のみですっきりしています。(写真 右)
ところが もう1本山側の道路には 電柱があります。(写真 左)
この2本は市道と思われ 道幅に差はありません。

さて,この違いは何でしょう?
尚,好天気のこの日(5月下旬),遠回りして呉駅まで かなりの速さで歩き(約 6,500歩),汗をかいたまま,駅裏ビルの UNIQLOに行くと 入店時に検温され,「はい,どうぞ!」と言われて,「何度?」と訊くと 平熱 36℃程度が 37.2℃ まで上がっていました。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

6月です。

6月の手製カレンダーは-

002_20200401143601

鈴木英人作 「スープ」(?)

(あくまで 自宅使用限定製作です。)

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

公園の梅,収穫。

金曜日の夕方,自治会の放送で 土曜日の「寺迫公園」(呉市)での梅の収穫実施が告げられました。

「寺迫公園」の梅の木は 地区自治会が世話をしており,生った梅の実の採取権を自治会が市から移譲されているようです。
(「-ようです」は 文書等で確認したことがないので-。よって,通りがかりに,よそから梅を採りに来ている人を見かければ,やさしく 声を掛けて説明しなければならないのです。)

5月30日(土)9:00,家人が袋を持って出かけ,2.6kg 持って帰りました。
5月に入って 公園のそばを通るときは 実の生り具合を確認していましたが,今年の出来はよくなかったようです。

001_20200530175401
002_20200530175401
へたを取って 洗い,シロップ漬けにするそうです。上の写真は一部。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

近くの公園の黄色い花

Dsc_2991
近くの公園で 黄色い花が満開です。
ずっと 「山吹」と思っていましたが 最近 調べると 葉の形が違うようでー
では この花の名前は?

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

受難の花たち

花の季節です。しかしー

*******************

盛りの藤の花、苦渋の刈り取り 福岡・八女の「黒木の大藤」

福岡県八女市にある国指定天然記念物「黒木の大藤」が、花の盛りを迎えている28日,刈り取られた。新型コロナウイルスが感染しやすくなる密集を避けるための苦渋の決断で,住民らは「悲しい」と名残惜しそうに見守ったが,「来年はもっと咲く」と終息後への期待の声も上がった。 八女市の素盞嗚神社とその周辺には,樹齢600年を超す大木を含む約3千平方メートルの藤棚が広がる。長さ1メートルほどの淡い紫の花房が,甘い香りを漂わせて風に揺れる。4月中旬から5月初旬には「八女黒木大藤まつり」が催され,例年約20万人が訪れる。

001_20200429122601

**************************

先日は 千葉県でチューリップが刈り取られる様子が報道されていました。

入場料をとる植物園なら休園すればいいのですが,制限ができない公園などでは苦渋の決断でしょう。
花にも影響を及ぼしています。

Dsc_2869
Dsc_2870
我が家のベランダでは 「カラー」と「クリスマス・ローズ」が ひっそりと咲いていました。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

運動を兼ねて 食料調達に呉駅まで歩いてー 。

スーパーマーケットの混雑を避けるべし,とのお達し(?)に従い,家人から渡された買い物のメモを持って,時差食料調達に出掛けました。
運動がてら 徒歩約30分の呉駅に向かいました。

Dsc_2871

歩道の植え込みに 鮮やかなオレンジ色で咲く,外来種 「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」(英名 : ‘Long-headed Poppy’) です。植えたものではなく自生したものです。
子供の頃に見た記憶はありません。
地中海沿岸原産で 日本で初めて発見されたのは,1961年,東京都世田谷区で,と言われており,2007年には沖縄県と青森県を除く全国で発見されています。
輸入穀物に種子が混ざって日本に到来したと考えられています。
一つの花から作られる種子が 1,000から 2,000で 梅雨時に流され,土に混ざり,車のタイアに付着して遠くまで運ばれるようです。
観賞用に育てるのは構いませんが,種子の始末を確実にしなければ 望まない場所で育つことになります。

商店街に出て,先週 営業していたパチンコ店の前を通ると 休業していました。
これでしかストレスを解消できないと思っている方々は考え直すいい機会ですー というのは余計な世話,というものでしょうね。

002_20200427164201

001_20200427164001 呉駅に近付くと,桜の後を引き継いだように 街路樹のハナミズキ(花水木)が満開です。 

本通りは 白が多いのですが,駅近くの通りは ほとんどピンクです。

足元の ほぼ同じ色のツツジも満開の季節を迎えています。

呉駅1階のスーパーマーケットでメモに従って買い物をしました。
12時過ぎの 客の少ない時間帯を狙ったつもりですが,まあまあの客数でした。

帰りは 荷物があるのでバスに乗りました。

004a_20200427164301
運転士席がビニール・シートで囲まれているのを初めて見ました。
運転士後ろの 右前輪上の座席は注意書き付きでクローズされています。ビニールで囲っているとはいえ,すぐ後ろで 咳をされると 落ち着いて運転できないのでしょう。
バスの中で心掛けていること : アームレスト,座席後ろのパイプなど,一切どこにも触れない,降車ボタンも押さない(誰も押さなければ 高齢者優待ICカードの角で押す)ーを厳守,特に 座席から立ち上がるとき,どこも握らない。すなわち,車内放送の 「ドアが開いて バスが完全に停まってから席をお立ち下さい。」を遵守します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧