カテゴリー「散歩・風景」の534件の投稿

2020年11月23日 (月)

朝の公園でー

9月末から毎朝 近くの公園で早歩きとスクワットなど行っています。

呉市寺本公園は三方を山で囲まれた呉市(旧市内)の南側の休山(やすみやま)の麓の高台にあります。この少し先(北東)に長迫公園(旧海軍墓地)があります。
撮影時刻は 6時半からのラジオ体操で集まった皆さんが解散した後で 人気はありません。

East

東方向です。
太陽はまだ姿を見せていません。
West

西方向です。
この先は海で,その先に江田島があります。
South
南方向です。
休山が見えます。右側の先が音戸の瀬戸です。
North-001
北方向です。
市街地が広まっています。
North-east
北東方向です。
市内 最高峰の灰ケ峰(737m)が見えます。
山頂を睨みながらスロースクワットを行います。
紅葉は桜です。
公園の外周に煉瓦敷の歩道があり,これを1周約100秒で5周します。
春は桜ですが,現在 見られる花はー
003_20201120075001
山茶花。
006_20201120075001
リュウゼツラン(竜舌蘭)

North-002
帰路(公園から50m),北方向を。
中央付近に市役所が,
左側にかすかに江田島の山並みが見えます。

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

スマホで “ISS” を撮った。

11月20日,ここ広島県呉市で肉眼でISSを確認しました。

翌21日も ラストチャンスで見える,ということで 20日と違って雲がないので期待して待ちました。

007_20201121180201
報道に従って 南南東を観ていましたが 時刻になっても確認できず,ひょっとして真上近く(仰角大)で,庇が邪魔をしているのではと ベランダから乗り出すと 日の入りから まだ時間が経っておらず 星がほとんどない夜空に動く光が見えました。(上図の最大仰角 45度は疑問)
スマホで撮ってみました。

001_20201121180201
これでは 何か分からないので 東北東の灰ケ峰方面に消えて行くところを撮ったのが下の写真です。

006_20201121180201
分かりにくければー

006a_20201121192901
最後の写真は17時38分でした。
軌道高度 408kmだと 最上図によれば その時刻,札幌でも見えているということです。
間違いないでしょう。
軌道高度:408km の「108.5m X 72.8m」の物体はスマホで撮れました。

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

散歩の途中で見た正体不明の煙突?

001a_20201103171301
散歩の途中の歩道に立つ煙突(?)です。3m以上ありそうです。
何か,不明です。
ここ呉市で 時々見る,歩道に違法に設置された「焼却炉」にしては 地上から1mちょっとのところに付けられた箱が小さすぎます。
箱の蓋には 見たこともないような頑丈な 南京錠が付いています,
他に思いつくのは 下水道の「エア抜き」。そばにマンホールがあります。
この場所は長い傾斜地の途中で,エアが溜まりがち(?)で 坂の上で排水が不能になるのを防ぐために設けている?
そうだとすると 途中の錠が付いた箱は何のため?
ここでしか見たことがないのが不思議です。
他に何の可能性があるのか・・・ ?

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

買い物に行く途中で見た,懐かしい車。

家人と買い物に行く途中,歩道に乗り上げて停車している懐かしい車に出遭いました。

003a_20201103162101

001a_20201103162101
006_20201103162101
学生の頃 見かけることがあった「ホンダ・S800」です。ナンバープレートが「800」なので 間違いありません。
生産は 1966年~ 1970年 なので,50年経っています。その古さを感じさせない状態でした。
本田技研工業は,この車の前身 S500 で,1963年に四輪車(自動車)業界に参入し,その後の S600を経て この S800が出来上がりました。
このシリーズは 2輪車で慣れている,4輪車では珍しい「チェーン駆動」でスタートしましたが,S800の途中から「シャフト駆動」になっています。
高校生の頃,よく聴いた アメリカン・ポップスで ‘The Beach Boys’ の “Little Honda” という曲があり,当時,この曲は 「ホンダ・S500 or S600」を歌ったものと思い込んでいましたが,これらは輸出されておらず,「ホンダ・S800」は輸出されましたが,生産開始が 1966年,輸出開始が 1968年なので,“Little Honda” がリリースされた 1964年と辻褄が合いません。
今回,調べて “Little Honda” は「スーパーカブ」(Honda 50)を歌った曲だと分かりました。
その歌詞の 2 コーラス目に次の歌詞があり,間違いなく 「小さな2輪車」を歌っています。
これだけ はっきり歌っているのに 当時は学力不足だったのか,聞こえていませんでした。
Its not a big motorcycle
Just a groovy little motorbike
Its more fun that a barrel of monkeys
That two wheel bike
Well ride on out of the town
To any place I know you like

First gear (Honda Honda) it's alright (faster faster)
Second gear (little Honda Honda) I lean right (faster faster)
Third gear (Honda Honda) hang on tight (faster faster)
Faster it's alright
Super-cab
**********
歌詞中の “barrel of monkeys” は toy game と思われますが リリースが 1965年となっていて レコードのリリース 1964年 と順番が合わないのは?

| | コメント (1)

2020年11月 1日 (日)

11月です。

11月の手製カレンダーは -

2011-calendar

鈴木英人作 “ANGIE'S GROVES”,1988。
(あくまで 自宅使用限定製作です。)

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

“The Pan Am Building” は 今?

久しぶりに NHK BSプレミアムで 「フレンチ・コネクション」(‘The French Connection’,1971)を観ました。

この中で,そそり立つ 「パン・アム・ビル」(日本では「パンナム」と言った。),“Pan American World Airways” の “The Pan Am Building” が 数秒間 映されました。

「マイクロソフト」も「アマゾン」もなく,「ウォルマート」も「ブルックス・ブラザーズ」も知らない子供の頃,米国の知っている会社と言えば「パンナム」,「フォード」,「ジェネラル・モーターズ」,「コダック」くらいでした。特に 「パンナム」は大相撲の優勝力士の表彰(1953年~1991年)で馴染みの航空会社でした。

それが いつの間にかー 大型投資,競争激化,組合の給料抑制反対,等々で経営状態悪化,1985年には 太平洋路線をユナイテッド航空に売却して,その地球儀のマークの機体を日本で見ることはなくなり,1991年に破産し,消滅しました。

では,その象徴的だった “The Pan Am Buildingは どのような経過を辿って どうなっているのか,その壁面のロゴはどうなっているのか,調べてみました。

英文Wikipedia の “MetLife Building” の “Opening and occupancy” を読んでみました。
下記に 拙訳・転載します。

***********

パン・アム・ビル(The Pan Am Building)は,196337日に完全には出来上がってなかったが,正式にオープンし,翌月から入居を開始した。当時、パンアム・ビルは世界最大の商業オフィススペースだった。

当初は,バランスが悪く(lack of proportion),規模が大きすぎたために人気のないサイトだった:北はニューヨーク中央ビル,南はグランド・セントラルターミナルを小さく見せ(dwarfed),パークアベニューのアッパーとロワーの連続した景色を遮った。
建物の大きさは,1970年に世界貿易センター,1972年に55ウォーター・ストリートによって超えられた。

パン・アム・ビルは,建物の上部に会社のロゴや名前を付けることを禁止する法律が制定される前に,ニューヨーク市に建てられた最後の高いタワービルだった。北と南の面に高さ15フィート(4.6 m)の「パン・アム」のディスプレイがあり,東と西に高さ25フィート(7.6 m)の地球儀のロゴがあった。

パン・アムはもともと建物の15フロアーを占めており,1981年にメトロポリタン生命保険会社(Metropolitan Life Insurance Company)が建物を購入した後も,パンアムの本社のままだった。

1991年までに,パン・アムの占有は4フロアに減少した(dwindled)。その年,パン・アムは本社をマイアミに移転し,その後まもなく,運航を停止した。

1992年9月,メットライフ(MetLife)はパン・アムの看板を建物から撤去すると発表した。メットライフの社長であるロバートG.シュワルツ氏は,パン・アム航空が操業を停止したため,同社はパン・アム航空の看板を削除することを決定したと語った。当時,メットライフはメトロポリタン生命保険会社のタワー(the Metropolitan Life Insurance Company Tower)に本社を置いていた。

2005年,メットライフはこの建物を17.2億ドルで売却した。これは,当時の米国のオフィス・ビルの最高価格だった。購入者は,‘Tishman Speyer Properties’,‘the New York City Employees' Retirement System, the New York City Teachers' Retirement System’ の合弁会社だった。

2015年に,不動産会社 ‘Irvine Company’ の億万長者の所有者であるDonald Brenが,建物の97.3%の所有権を保有していることが明らかになった。

Tishman Speyer’ は 引き続き物件のマネージング・パートナーだが,‘MetLife Building’ への同社の出資比率は3%未満に減少している。

2017年には,省エネのため,ビル上部の「メットライフ」看板の光源をネオンからLEDに変更した。

(転載了)

********************

005a_20201014173301
001a_20201014173301
ニューヨークに行ったことがないので 実物を見たことはありません。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

インフルエンザ予防接種と新規開店 高級食パン専門店

10月15日,予約していた インフルエンザ予防接種を受けに家人と病院に行きました。

記憶する限りでは インフルエンザに罹ったことも予防接種を受けたこともありませんが,今般の状況下での家人の強い要望に折れて従いました。
注射の痕が痛かったり,腫れたり,熱をもったりするかもしれないとのことでしたが,何の反応もありませんでした。
家人は 翌日も熱をもって腫れていました。
子供の頃,よく「馬鹿は風邪をひかぬ」と言われたものですが,インフルエンザにも,その予防接種にも当てはまるようです。

予防接種を受けた後,商店街に行くと,その日 開店した 「高級食パン専門店・瀬都」の横に30mほどの行列ができていました。
帰宅後 前日に入っていた広告で確認すると,製品は 3種類,1.5斤ほどの 1本で,ナチュラル:680円,ミルクバター:680円,レーズン:800円 とのことでした。一斤に換算すると 約450円と約530円,高級かどうかは分かりませんが 高価なことは間違いありません。
高価なので買う予定はありません。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

納戸 観音開き扉の マグネット・キャッチ 取り換え。

観音開きの納戸の扉の上下,左右に付いている「マグネット・キャッチ」が壊れていました。
30年以上経てば プラスティックが割れるのは当然のようです。

005a_20201002182601
一ヶ所に4つの「マグネット・キャッチ」が必要で 1個 ¥250 で買ってきました。

003b_20201002182601
004b_20201002182601
上下の “beforeafter” です。

全滅でした。マグネットが無くなっているヶ所もありました。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

秋の空

001_20201007104601
朝7時の秋の空です。
自宅近くの,呉市街を見渡せる寺本公園。

6時半からのラジオ体操をしている皆様と入れ替わりに来て,周囲を早足で5周します。
向う脛横の,爪先を持ち上げる筋肉(前脛骨筋)の痛みの我慢限界で止めます。
(歩き方の癖が原因と分かっていても,若いころからで 治らない。)
その後,標高737m 灰ヶ峰の頂上から目をそらさず スロー・スクワット 15回x3セット。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

80年近く前に完成して,一度も列車が走らなかった鉄道橋。

10月2日,NHK BSプレミアム「日本縦断 こころ旅」の北海道最終日,函館市 国道278号を走っていて 火野正平さんは コンクリートの鉄道橋を見つけました。

001_20201003185101
003_20201003185201
004_20201003185201立派なコンクリート橋です。Google の航空写真では 下のように見えます。
004a_20201003185201
函館市公式観光情報によればー
昭和11年着工、戦時中の17年に中断した、未完成の鉄道路線「戸井線」。現在、線路跡は道路や遊歩道となっているほか、トンネルやアーチ橋が現存する。 
函館市内から国道278号線(下海岸線)を旧戸井町に向かう途中、汐首灯台下の山の中腹に、古代ローマの水道橋のようなコンクリート造りの大きなアーチ橋を見ることができます(橋に上ることはできません)。これが一度も列車が走らなかった幻の鉄道「戸井線」の跡です。
昭和11年(1936)に着工された戸井線は、五稜郭駅から戸井駅までの29.2kmを結ぶ予定でした。津軽海峡の防備のために建設された汐首岬砲台への物資輸送や、青函連絡船の輸送距離を短絡するため、戸井から津軽海峡を隔てた青森県の大間まで連絡船を運航し、大間から先は大間線(大間~大畑間、未完成)に接続するという計画があったものの、昭和17年(1942)に戦局悪化や資材不足により、わずか2.8kmを残して工事は中断。五稜郭駅から湯の川付近までの線路が敷かれ、湯の川から先の区間も戸井までの路盤や橋梁がほぼ9割方完成した状態で、廃線となりました。この特徴的なアーチ橋は、戦時下という事もあり、資材節約のために鉄筋を使用していないそうです。

鉄橋を作る鋼材はおろか,コンクリートの鉄筋さえなかった時代,竹で代用?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧