カテゴリー「散歩・風景」の490件の投稿

2019年6月11日 (火)

梅雨入りは まだですがー

Dsc_2065

6月10日,広島県呉市,呉駅から灰が峰方向を望む。

広島県が梅雨入りしたとは まだ聞きませんが,雲は梅雨が明けたようです。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

呉市 「れんがどおり」のタイル材質選択はどのように行われたか。

呉市一番の商店街である中通,通称「れんがどおり」の舗装は,平成27年から29年にかけて それまでの 「れんが(風?)」から 「タイル」に貼り換えられました。市の土木課(?)の仕事と思われます。

以来,舗装改装工事実施前に比べて その汚れが気になって,歩く度に不快になります。
そう思っている,真面な神経を持った市民は少なくないでしょう。

Dsc_2008

Dsc_2009

おそらく 濡れた時の滑り難さ(のみ)を重視して選んだ材料のため,表面が ざらついていて,あるいは水分吸収性がよく,それが災いして 汚れやすく,かつ汚れが取り難く 見苦しい状態になっています。掃除しているであろう接する店の人は気にしているでしょうが,汚れが落ちた状態を見ることはありません。
この改装工事にどれだけの費用(税金)が掛かったか知りませんが,これだけの大規模な工事(長さ:610m,幅:18m)なので 防汚性に対する候補材料の比較テストを予め実施して材料を選択すべきだったと,担当者と責任者は反省しているでしょうか。
この素材を供給した会社,施工した会社からのアドバイスは?
「これは やめておいた方がいいですよ。」というのはなかった?

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

旦過市場の屋根にいた この鳥は?

先日,父の七回忌 と 母の一周忌の法事で 北九州市を訪れた際,前日に小倉北区の旦過市場に寄ってみましたが,既に18時半を過ぎていて ほとんどの店が既に閉まっていました。
市場を通り抜けて 南西側の出口から出て川に架かる橋から 何気なく写真を撮りました。

Dsc_1985

Dsc_1984

旦過市場の西側の店が川の上にあることが分る写真です。

写真を撮るときは気が付きませんでしたが 屋根の上に羽を休める鳥がいました。
拡大してみるとー

001_3

かなり くたびれた様子の鳥に見えます。
普通 この大きさの鳥で,よく見かけるのは 鷺ですが,鷺が長い首を曲げて胴体に埋め込んでいるにしてはやや不自然です。
嘴が短く見えます。但し,頭を右に曲げているためかも知れません。
さて この鳥は何でしょう? やはり アオサギ(蒼鷺)?

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

白い つつじ

001_2

住まいの集合住宅の植え込みに 白い「つつじ」が 咲いていました。
葉っぱが見えないくらい大振りで豪華です。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

‘Recycle’ or ‘Regrowth’ of Spinach

Dsc_1852

ベランダの発泡スティロールの箱で育てられている 「ほうれん草」です。

買った 根付き「ほうれん草」の切り取った根を植えて 育てたようです。
年金生活者の工夫です。
何回 再生するのか分りません。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

桜を見ながら散歩。

桜は満開を少し過ぎたようですが,気温が上がっていい天気なので 近くの公園に散歩がてら行ってみました。
ここ呉市は 桜をシンボル・マークとした旧帝国海軍との関係か,市内の至る所で桜を見ることができます。

Dsc_1838-2

長迫公園(旧海軍墓地)です。呉鎮守府を母港とした旧帝国海軍の軍艦毎の戦死者慰霊碑があります。
下は 最も立派な 「戦艦 大和の戦死者の碑」 です。

001_1
寺迫公園から5分ほど西に歩くと 寺本公園で,周りを含めると 約300本の桜があります。
Dsc_1839-2

Dsc_1840-2

Dsc_1844-2

Dsc_1849-2

Dsc_1850-2

最近は知りませんが,現役の頃は この季節,夜桜見物が会社の課内行事で,総勢 50人ほどが 定時で仕事を終えた後,付近の桜のある場所に出掛けていました。
呉市民広場(旧海軍練兵場)を会場とした年,昼過ぎから 数人の課員の姿が見えないので 付近の者に訊くと,隠れて 「ぼんぼり」を作っているとのことでした。市民広場はサッカーや野球用のナイター設備はありますが,夜桜見物のための照明はありませんでした。
そのくらいの意気込みで取り組む行事でした。
私は 寒いので できれば遠慮したいと思っていました。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

春は 「よもぎ風呂」

Dsc_1828

四畳半の和室の 卓袱台と火鉢の上に新聞紙を被せて,家人が何か干しています。

近所の道端で摘んできた 「蓬(よもぎ)」です。

春は 「蓬風呂」です。

| | コメント (1)

2019年4月 1日 (月)

消防訓練。

この冬は 雨が少なく,乾燥していたせいか 全国的に 火災の報道が多かった気がします。
それに 触発されたか,住んでいる集合住宅で 消防訓練を実施しました。

消防法で定める集合住宅に対する訓練実施のインタバルが1年に1回なのか,3年に1回なのか,調べてもよく分らず,管理組合の理事長を務める私としては 不甲斐ないところですが,管理会社のアドバイスで実施を決めました。
実施計画は管理会社作成,消防署への届け出もお願いしました。

火元は理事長である私の部屋,119番通報(訓練通報)も私,計画出火時刻の前に予め,消防署指令室に電話しておく必要があります。
計画出火時刻前に携帯電話で 「10分後に 119番訓練通報するので,よろしく。」と断りをいれたところ,「了解だが,固定電話で連絡をお願いしたい」 とのこと,「理由は?」と訊くと,「固定電話からだと場所が特定できる」 とのことでした。消防署は 電話番号によって住所が分るしくみを持っているようで,実際の119番通報の後,住所を言う前に倒れた場合などに有効なのでしょう。勉強になりました。

 「火災発生!」と叫ぶことで訓練を開始することにしていましたが,その日,各戸の火災検知器検査を実施していて,火災検知器に熱を加える道具を持った検査員がまだいたので,私の部屋の検知器に熱を加えて 火災警報ベルを鳴らすことにしました。
訓練開始,火災警報のベルが集合住宅中に鳴り響きます。大声で「火災発生」と叫んでも,発声訓練不足の私では ベルの音量を超える声は出ないので,叫ぶのを止めます。消火担当者が消火器を手に取り,消火ポーズ。
ここで 119番に電話して 「訓練通報」と2回言って 「火災発生。 ・・・ 」と必要な状況を伝えるところですが,私は 既にスニーカーを履いていて,紐を解いたり,結んだりするのが面倒なので,まだ屋内にいた 家人に 「119番」通報を頼みました。
後で 通報時の消防署のレスポンスを訊くと,「何階建てか?出火階は?けが人は?」,「消防車は5台出動するが,救急車は出動しない。必要あれば そのとき連絡を。」などだったそうです。

階段で屋外にー
防火責任者が 脱出者の部屋番号と人数をチェックしていました。
屋外で 消防署員から 出火時の注意と 消火器(変換のトップに「小火器」が出た,まずい。)操作方法の説明があって 訓練を終えました。

_20190323_130333
Dsc_1792_1

 

 

 

 

 

 

 

 消防車で来訪した消防署員諸氏の協力,指導を戴きました。

 

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

「ぼんぼり」が付(点)いたが 開花はまだ。

先週は 各地で桜開花の報せが流れましたが,土曜日から気温が下がり,更なる開花情報は鈍りがちです。
自宅近くの 呉市寺本公園に行ってみました。


Dsc_1797_1


Dsc_1795_1

Dsc_1794_1


「ぼんぼり」が付けられていましたが,桜はまだ蕾でした。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

国道185号,休山新道 2期線 トンネルを歩いた。

Dsc_1740国道185号の呉市内を通る休山新道(2.6km,うち半分以上トンネル)の2期線工事が完成,3月10日の使用開始(開通)の1週間前の3月3日,トンネル フリー・ウォーキングが開通記念として開催され 歩いてきました。

元々,呉市中央部と西側の阿賀地区を結ぶ185号(旧道)は 呉越峠と呼ばれる,一部 「切通し」の道で 4車線を確保しているものの,朝夕は慢性的な渋滞がありました。

これを解決するため,古くは昭和10年代後半に バイパスするトンネル工事に着手したようですが 戦争激化で中止となり,1990年代になって新たな工事が始まり,2車線(+人・自転車道)が2002年に開通しました。
しかし,この新道も渋滞がひどく,2015年に 4車線とすべく 新しいトンネル工事を着工し,今回の開通になりました。

Dsc_1743
左が 新たに設けられた 2期線の,呉市中央側から阿賀方面に向かうトンネル入り口です。
1期線には 人・自転車道があるので 2期線のトンネルは少し小さいようです。

Dsc_1746Dsc_1762トンネル入り口の銘板です。
左が 呉市中央側,右が阿賀側です。
トンネル長は1704mです。
両側の竣工日と考えられる日付けが8月と3月で異なっています。
これは 両側から施工した会社と担当施工長(690m と 1014m)が異なり,それぞれの担当分を終えた日付けを示していると考えられます。
阿賀側からの1014mが,呉市中央側からの690mより 5ヶ月早く竣工したということでしょう。

Dsc_1748
緩やかにカーブしています。
最大幅 9.5m,2車線幅(白線間) 7m で,両側は 幅 50cmほどの 一段高くなった場所がありますが,歩道ではなく,「監査廊」と呼ばれる 点検・管理用の通路です。

Dsc_1756途中に何ヶ所か 非常口を示す標識があって,どこに通じるのだろうかと思い,その場所に行って分りました。

隣の 1期線のトンネルに通じていると思われます。
これは4車線が1本のトンネルではなく,2本のトンネルになったメリットです。
と,思いましたが 4車線のトンネルというのは あまりないかも知れません。

Dsc_1758Dsc_1761








10数分歩いて 阿賀地区側の出口が近くなると,まず シングルの排煙ファンが見え,更に進むと 2連のファンが取り付けられていました。
Dsc_1764
阿賀地区に出ました。

Dsc_1739Dsc_1760左は 呉市中央部側のトンネル入り口への道を長迫公園(旧海軍墓地)前の駐車場から見下ろした写真です。

右はトンネルの途中にあった標識。 「3.0」の意味が不明でした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧