カテゴリー「気になる人たち」の34件の投稿

2017年4月26日 (水)

資質の問題? 自覚の問題?

最近 目立つ,自民党の国会議員達の信じられない粗相の数々に,国会議員以前に真面な大人なのかと呆れることが多くなっています。

どんなレベルのインテリジェンスを持つ方々なのでしょうか?

務台 俊介(1956~ )【長靴事件/発言→政務官辞任】 元内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官,東京大学法学部卒

山本 幸三(1948~ )【「一番がんなのは学芸員」発言】  内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革),東京大学経済学部・コーネル大学経営大学院卒

今村 雅弘(1947~ )【「震災,東北でよかった」発言/フリージャーナリストの挑発に乗って記者会見で激昂,「うるさい」発言→ 大臣辞任】 元復興大臣,東京大学法学部卒

中川 俊直(1970~ )【愛人スキャンダルで政務官辞任/自民党離党】 元経済産業大臣政務官,日本大学文理学部卒

宮崎 謙介(1981~ )【育休取得の上,妻出産入院中の不倫→衆議院議員辞職】 早稲田大学商学部卒

もっといたような気がしますが思い出せません。

以下2名の大臣は,質問への,的確かつ 論理的な答弁が危うく,勉強不足,知識不足が目立ちます。

金田 勝年(1949~ ) 法務大臣,一橋大学経済学部卒

稲田 朋美(1959~ ) 防衛大臣,早稲田大学法学部卒

団塊世代(1947年~1949年生まれ)が3人います。厳しい競争に勝ってきて現在の地位があるのでしょうが,現在の仕事に過去は関係ありません。

頭が悪いわけでもないだろうに,頭が悪いとしか思えない言動です。
何が欠けているのだろうかと不思議です。
能力・資質・品性・モラルなどに関係なく,当選回数や年齢のみの条件で順番に閣僚に任命している弊害があるのでしょう。

基本的には国会議員が聖人君子でなければならないなどと思ってないので,議員の仕事に影響を及ぼさず,法に触れないプライベートの行動をとやかくいう筋合いはないと思っていますが,野党の攻撃によって国会運営に支障をきたすような下手な対処は問題です。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

国防長官 James Mattis の私生活と政治的見解

トランプ政権で国防長官に就任し,先日 来日した ジェームズ・N・マティス(‘James Norman “Jim” Mattis’,1950~ )は,退役海兵隊大将で,なかなか興味深い人物のようです。

その華々しい軍歴については 日本語 Wikipedia にも詳しくかかれているので,ここは 英文 Wikipedia から,日本語 Wikipedia には書かれてない ‘Personal life’(私生活)と,今後の米国の軍事活動に大きく影響するであろう ‘Political views’(政治的見解) を読んでみました。

以下転載(拙訳御免)。
*************************************

【Personal life】

Mattis is a graduate of the U.S. Marine Corps Amphibious Warfare School, U.S. Marine Corps Command and Staff College, and the National War College. Mattis is also noted for his intellectualism and interest in the study of military history and world history,  with a personal library that once included over 7,000 volumes,  and a penchant for publishing required reading lists for Marines under his command.

マティスは,米国海兵隊陸海空共同戦学校,米国海兵隊コマンド・参謀大学,合衆国国防大学の卒業生である。マティスは知性主義と,軍事史および世界史の研究への関心で有名であり,7,000冊を超える個人蔵書を持ち,彼の指揮下の海兵隊員が読むべき本のリストを出版しようとしている。

Mattis is a lifelong bachelor who has never been married and has no children. He is nicknamed “The Warrior Monk” because of his bachelor life and lifelong devotion to the study of war.  He is known for the intellectual rigor he instills in his Marines, risk-management, and requiring his Marines to be well read in the culture and history of regions in the world where they are deployed. Before deploying to Iraq, Mattis had his Marines undergo cultural sensitivity training.

マティスは結婚したことはなく,子供はいない。彼は,独身生活と戦争の研究に生涯を捧げているため “The Warrior Monk”(戦う修道士)のニックネイムを持つ。彼は,海兵隊員に,リスク・マネージメントを教え込み,海兵隊が作戦展開する世界の文化と歴史を学ぶことを求める知的な厳しさで知られている。イラクに作戦展開する前,マティスは文化的な感受性の訓練を海兵隊員に受けさせた。

【Political views】

Israeli–Palestinian peace process (イスラエルーパレスティナ平和プロセス)

Mattis supports a two-state solution model for Israeli–Palestinian peace. He says the current situation in Israel is “unsustainable” and argues that the settlements harm prospects for peace and could theoretically lead to an apartheid-like situation in the West Bank.

マティスは イスラエル人とパレスチナ人の平和のため,2国間解決案モデルを支持している。彼は イスラエルの現在の状況は「持続不可能」と言い,決着が平和への見込みを害し,ヨルダン川西岸地区のアパルトヘイトに似た状況に理論上 通じているかもしれないと主張する。

In particular, he believes the lack of a two-state solution is upsetting to the Arab allies of America, which weakens US esteem amongst its Arab allies. Mattis strongly supports John Kerry on the Middle East peace process, praising Kerry for being “wisely focused like a laser-beam” towards a two-state solution.

特に彼は,2国間解決案の欠如は,合衆国のアラブ同盟国を動揺させ,アラブの同盟国による合衆国の評価を弱めることになると信じている。マティスは 中東平和プロセスにおけるジョン・ケリーを強くサポートし,2国間解決案へ 「レーザービームのように賢く焦点が合わせられる」ことで ケリーを賞賛している。

Iran and Arab allies (イランとアラブ同盟国)

Mattis believes that Iran is the principal threat to the stability of the Middle East, ahead of Al-Qaeda and ISIS. Mattis says: “I consider ISIS nothing more than an excuse for Iran to continue its mischief. Iran is not an enemy of ISIS. They have a lot to gain from the turmoil in the region that ISIS creates.”

マティスは,イランが,アルカイダや ISISよりも,中東の安定への主な脅威であると信じている。マティスは言う:「ISISは,イランが その害を続けることへの弁解以上の何物でもないと考える。イランは ISISの敵ではない。彼らは,ISISが 地域で起こす混乱から多くの物を得ている。」(*ISIS:Islamic State of Iraq and Syria

On the Iran nuclear deal, although he sees it as a poor agreement, he believes there is now no way to tear it up, saying: “We are just going to have to recognize that we have an imperfect arms control agreement. Second, that what we achieved is a nuclear pause, not a nuclear halt”.

イラン核協約において,彼は それを貧弱な協定と見做しているが,現在は,それを破棄する道はないと信じており,「我々は,不完全な軍備制限協定を持っていると認めなければならない状況にある。次に,我々が達成したものは核の停止ではなく,核の一時休止である。」と言っている。

・・・

Additionally, he criticizes President Barack Obama for being naive about Iranian intentions and Congress for being “pretty much absent” on last year's nuclear deal.

さらに,彼は,昨年の核の取り決めで,「ほぼ休止状態」とするためのイランの意図と議会に関する考えが甘いことについてバラク・オバマ大統領を批判している。

Mattis praises the friendship of regional US allies such as Jordan and the United Arab Emirates. He has criticized Barack Obama for his view of seeing allies as ‘free-loading’, saying: “For a sitting U.S. president to see our allies as freeloaders is nuts.” He has cited the importance of the United Arab Emirates and Jordan as countries that wanted to help, for example, in filling in the gaps in Afghanistan.

マティスは ヨルダンやUAEのように地域の米国の同盟国の友情関係を賞賛する。
マティスは,同盟国を 『タダ乗り』と考えるバラク・オバマの見方について彼を批判して言う: 「現職の米国大統領が我々の同盟国をたかり屋と見做すのは馬鹿げている。」 彼は,例えば,アフガニスタンのギャップを埋める時に助けたかった国としてアラブ首長国連邦とヨルダンの重要性を引用した。

He has criticized current defense strategy as giving “the perception we’re pulling back” from US allies. He stresses the need for the US to bolster its ties with allied intelligence agencies, particularly the intelligence agencies of Jordan, Egypt and Saudi Arabia. In 2012, Mattis argued for providing weapons to Syrian rebels, as a way to fight back against Iranian proxies in Syria.

彼は,米国の同盟国からの「我々が撤退する認識」を挙げて 現在の防衛戦略を批判した。彼は,米国は,同盟国の情報機関,特に ヨルダン,エジプト および サウジアラビアの情報機関との繋がりを支援する必要があると強調する。2012年に,マティウスはシリアにおけるイランの傀儡に対して反撃するための方法として,シリアの反乱軍に武器を提供することを主張した。

Russia (ロシア)

Speaking at a conference sponsored by The Heritage Foundation in Washington in 2015 Mattis stated that he believed that Russian President Vladimir Putin's intent is “to break NATO apart.” Mattis has also spoken out against what he perceives as Russia's expansionist or bellicose policies in Syria, Ukraine and the Baltic states.

2015年の,ワシントンでの,ヘリテージ財団が後援する会議で,マティスは ウラジーミル・プーチン・ロシア大統領の意図が 「NATOの分裂」にあることを信じると述べた。
又,マティスは,プーチンが,シリア,ウクライナ およびバルト諸国におけるロシアの拡張論者 あるいは好戦的な政策方針だと見抜いていると非難した。

In 2017, Mattis said that the world order is under biggest attacks since World War Two, from Russia, terrorist groups, and China’s actions in the South China Sea.

2017年,世界の秩序は,ロシア,テロリスト・グループ,南シナ海の中国の活動によって,第二次世界大戦後における最大の脅威下にあると マティスは述べた。

China   (中国)

Mattis called for freedom of navigation in the South China Sea and criticized China's island-building activities, saying: “The bottom line is ... the international waters are international waters.”

マティスは,南シナ海における 航行の自由を主張し,中国による島造成活動を批判して言った:「肝心なことは ー 公海は公海であること。」。

(転載了)
*************************************

流石,軍人,考え方が明確です。

| | コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

オーディ・マーフィーを思い出した。

NHK BSプレミアムの,これからの放映映画をチェックしていて,懐かしい名前を見つけました。

Night_passage_a6月12日 放送予定の 西部劇 「夜の道」(‘Night Passage’,1957)の出演者欄に,主演の ジェームズ・スチュワートの次に オーディ・マーフィ(‘Audie Murphy’,1924~1971)の名前がありました。

おそらく高校生の頃,3本立ての映画館で観ていたB級西部劇でよく見ました。

To_hell_and_back主演した最も有名な映画は 「地獄の戦線」(‘To Hell and Back’,1955)で,この映画をいつ観たのかの記憶は定かではありません。
日本公開は アメリカと同年の1955年となっていますが,観たのは おそらくその10年後くらいだと思います。
この映画はアメリカで大ヒットし,興行収入 1,000万ドルは 1975年の「ジョーズ」に破られるまで長くトップを維持したとのことです。

映画は オーディ・マーフィの同名の自伝(1949)を,彼自身を主役として作られたもので,この映画で 彼がヨーロッパ戦線での英雄であることを知り,身長(166cm),体重(50kg)不足のため 「海兵隊」 と 「海軍」を不合格となって「陸軍」に入隊したことも知りました。

Audie_murphy_024Audie_murphy_life

彼が 映画界に入ったきっかけは ‘LIFE’の表紙に ‘Most Decorated Soldier’(最多受章兵士)として掲載されたことです。

数々の武勲により 32の勲章を授かっています。
17才で年齢を偽って入隊,訓練の後,ヨーロッパで戦闘に加わり,この間の活躍で 二等兵から小隊を指揮する少尉まで昇進しました。

まさに 映画そのものの戦闘を経験しています。

1971年の飛行機事故で 46歳で他界,アーリントン国立墓地に埋葬されており,現在でも 墓への訪問者数は J.F.ケネディに次いで2番目とのことです。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

声優・青野 武さん逝く。

声優の青野 武さん(1936年~ )が 4月9日に,75歳で亡くなったと報じられていました。

代表作は 「ちびまる子ちゃん」など 私には縁のないアニメが示されていましたが,私にとっては 何と言っても ワーナーブラザーズのTV西部劇 『ブロンコ』の ブロンコ・レインです。

静かなしゃべり方がクールでした。

日本で放送が開始されたのは50年前の1961年で,私は 中学1年生でした。
19時からの1時間の放送で,ちょうど夕食時だったので 欠かさず観ることができました。

放送開始時,青野さんは 25歳,予想外の若さでした。

昭和が遠くなります。

| | コメント (2)

2011年12月25日 (日)

高橋真梨子の2010年 コンサート録画。

Img_1515

12月19日に NHK BSプレミアム で 高橋真梨子さんの 2010年のコンサート ‘Sing it!’ (2010/11/20 国際フォーラム)が放映されました。

Additional Time の 3曲を含めて 全25曲,2時間9分。
聴き応えがあります。

ダビング完了しました。
全曲名を無理やりプリントしました。

| | コメント (1)

2011年10月31日 (月)

逝去後 2年経った特集番組で-

2009年10月16日,62歳で自らの命を絶った加藤和彦さんの素顔を描いた特集番組が,2年を経た10月15日夜,NHK BS ハイビジョン特集で 「早過ぎたひと 世紀の伊達男 加藤和彦」 と題して放映されました。

Img_1091Img_1090

Img_1092Img_1093

Img_1095Img_1096

Img_1097Img_1098

Img_1100Img_1101

Img_1104Img_1105

Img_1223最期まで Cool な人でした。

Blu-ray Disc で保存しておきましょう。   

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

‘corners of a box’の発明者,逝く。

9月6日の New York Times,net版に 次の文章で始まる記事が掲載されていました。

Nearly six decades ago,Keith W. Tantlinger built a box - or,more accurately,the corners of a box.It was a seemingly small invention,but a vital one:it set in motion a chain of events that changed the way people buy and sell things,transformed the means by which nations do business and ultimately gave rise to the present-day global economy.

ここまでで タントリンガーさんの 「みかけは小さいが,偉大な発明」 が何か分かる人は少ないでしょう。

タイトルは ‘Keith Tantlinger,Builder of Cargo Container,Dies at 92’です。

Cargo Container’です。

貨物を 発送元から 発送先まで 陸上,海上を 一貫して運び,経済のグローバル化に大きく貢献したコンテナです。

この運輸システムは 「トレーラー」,「鉄道台車」,「船」,「港のクレーン」等のハードが重要ですが,肝心なのは 「コンテナ」自身です。
コンテナ運搬時のLashing(固縛)と段積み時のコンテナ間の結合を 如何に簡単に(短時間に),安全に,確実に行なうかが このシステムの要です。
タントリンガーさんが,コンテナの4隅(底面,頂面)の金具を発明することにより これが実現されました。

現在の コンテナ輸送システムを発明したのは 1950年代,船会社 ‘Sea-Land’(現 Maersk Line)の社長 Malcom McLean と知られていますが,タントリンガーさんが マクリーンさんの下で ハードとしてのコンテナを開発していたということです。
初めて 知りました。

身近なところでは,子供の頃は 知らなかった トロピカル・フルーツを日本で食べられるようになったのは 彼のお陰です。
冷凍コンテナが いつ開発されたのか知りませんが・・・。

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

NHK BSで 井上陽水 LIVEを-

Img_0675 8月23日に NHK BSプレミアムで,今年 3月4日,大阪国際会議場で行われた井上陽水コンサートの録画が 『井上陽水 LIVE 2011 POWDER』 というタイトルで放映されました。
2010年の コンサート・ツアーの追加公演は 翌年,数箇所で行なわれています。

LIVEの録画(言葉が変?)にしては 凝ったタイトル映像で始まりました。

Img_0678

Img_0679

Img_0684NHK(BS)は (局長か,担当部長か,プロデューサーか?)井上陽水が好きなようで,個人別映像放映累積時間は 井上陽水が歌手(歌手に限らなくとも?)で一番長いような気がします。

Img_0687受信料を払っている甲斐があるというものです。

歌われた曲は次の通り。
井上陽水 tour 2010 POWDER」広島公演(2010/11/2)での曲(右)と並べてみました。
放送では 90分に収めるために,何曲か省略されているのでしょう。
アンコール曲は同じでした。

01. リバーサイドホテル     この頃,妙だ
02.                                娘がねじれる時
03. ミスキャスト               ミスキャスト
04. 闇夜の国から            闇夜の国から
05.                                ドレミのため息
06.                                自然に飾られて
07. 覚めない夢               覚めない夢
08. 真珠                        真珠
09. タイランドファンタジア  タイランドファンタジア
10. 断絶                        断絶
11.                                白いカーネーション
12. 限りない欲望             手引きのようなもの
13. 鍵の数                     お願いはひとつ
14. 虹のできる訳             虹のできる訳
15. Just Fit                    Just Fit
16. 少年時代                  少年時代
17. 長い坂のフレーム       長い坂のフレーム

18. 氷の世界                  氷の世界
19. 招待状のないショー    招待状のないショー
20. 積み荷のない船         積み荷のない船
21. いっそセレナーデ        いっそセレナーデ

Img_0693 ブルーレイ・ディスクへのコピーを終えました。

| | コメント (3)

2011年7月 4日 (月)

高橋真梨子 2011/7/3 呉

MARIKO TAKAHASHI concert
vol.35 2011 soirée
於 呉市文化ホール
2011年7月3日 18:00開演

自宅から徒歩15分弱で 呉市文化ホール着,9列目の中央からやや右よりの良い席で楽しみました。

呉でのコンサートは17年振りとのこと,ちょうど 東京に転勤した年で,その時の記憶はありません。

コンサート終了後,掲示されたセットリストです。
何故か ‘12’が 2曲あります。

Mariko_takahashi_110703

Img_0362_220時過ぎ コンサート終了後,文化ホール前 蔵本通りの屋台で 「塩焼きそば」の夕食を摂って帰宅しました。

熱い一日でした。

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

団塊の世代は 酒井和歌子(?)

Img_9679

コマーシャルで 酒井和歌子さんを見ました。

「風邪,イヤネ。」の風邪薬のコマーシャルから もう40年が経っているでしょうか。

1949年生まれの彼女は 団塊世代・高校男児のあこがれでした。
(ほんとにそうか? と問われれば,完璧な自信はありませんが-)

Img_9676

Img_9700

Img_9681Img_9701 

| | コメント (1)