カテゴリー「食」の651件の投稿

2020年3月14日 (土)

中華饅頭の食べ方

Dsc_2673
毎日の在宅時の昼食は この2年間,ほぼ 「大福」1個+「牛乳」です。
家人が不在であっても 昼食の心配は不要です。
この日は,偶々,九州に行った際,買って帰った「中華饅頭」(餡でも,肉でもなし)と牛乳です。
「中華饅頭」には 何もつけず 食べます。シンプルです。

Dsc_2687_20200228103701
焼豚とレタスを挟んだ中華サンドイッチです。
飲み物は トマトジュース。

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

今年は 「メロゴールド」が多く,かつ,大きい。

今年の冬は 「グレープフルーツ」,「スウィーティー」,「オロブロンコ」,「メロゴールド」のグレープ・フルーツ系柑橘類の中で「メロゴールド」を一番多く見かけました。又,「グレープフルーツ」に関しては 年毎に 小さくなっていくような感じがして,最後に,半分に切って フロスト・シュガーをかけて食べたのがいつだったか,記憶にないほど ご無沙汰しています。
(これら 3種の関係については 弊ブログ “ 「スウィーティ」と 「オロブランコ」と 「メロゴールド」の違いは? ” 参照)

01_20200224175401
先日 買った 「メロゴールド」は 特に大きくて 730g でした。

Plu-codes
「メロゴールド」と「オロブロンコ」は 見かけだけで区別するのは困難ですが,米国産のこれらには 数字が示されたシールが貼られています。
上左が 「メロゴールド」(3152),右が 「オロブロンコ」(3092)です。

この数字は “Price look-up code” ,略称 PLU code’,‘PLU No.’,‘PLU’,‘商品コード’あるいは ‘商品ラベル’ と呼ばれ,食料品店やスーパーマーケットで販売される大量生産品を間違いなく識別する番号システムで,1990年以来使用されていて,1400品種が登録されています。

このコードは,国際生産基準連盟 (the International Federation for Produce Standards :IFPS)によって管理されています。
IFPSは,2001年に,‘PLU code’ を世界規模で紹介するために結成された,果物と野菜の協会の世界的連合です。
PLUコードでラベル付けされた商品は,食料品店のチェッカーや顧客がさまざまな品種を視覚的に識別する必要がなくなり,在庫管理などがより簡単,迅速,正確に可能となります - 例えば,様々な商品で見かけが同じように見えるが,有機・非有機で値段が異なっている場合など。
例えば 上のように 「メロゴールド」と「オロブロンコ」は外観だけでは区別がつきませんが,PLUによって 文字が読めなくても数字で区別できます。

グレープフルーツ系だけで 次の種類コードが定義されています。

Plu

Dsc_2676
今回の「メロゴールド」は「スウィーティーオロブロンコ)」より 甘さは落ちますが,食べ甲斐がありました。

重ねてー それにしても 今年(近年)の「グレープフルーツ」は 何故,張りがなく,小粒なものしかないのか 不思議です。

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

大粒の苺を 食す,但し ・・・ 。

Dsc_2700
大粒の「苺」 9個入り 2パックです。

我が家では ほぼ「苺」を買って食べることはなく,最後に買って食べたのがいつだったか,記憶にないくらいです。
「苺」が嫌いなわけでは決してなく,いつの頃からか「苺」のブランド化が進み, ノーブランドの「苺」がなくなって 全ての「苺」が高級品になってしまって,かつての値段を知る者としては,あまりに高くなりすぎて コスト・パフォーマンスが悪い果物と思うようになったからです。
ずっと遡って 60年前の子供の頃は バナナを食べる機会は滅多にありませんでしたが,苺はよく食べたように思います。
Dsc_2702a

静岡県 「なかじま園」の 『きらぴ香』 です。

きらぴ香』 とはー ネットで調べるとー
静岡県生まれの苺。静岡県農林技術研究所において1996年(平成8年)に育成が開始され,2017年(平成29年)に品種登録された。
誕生するまでに何度も交配・選抜を重ねているが,元をたどれば同じ静岡県生まれの『紅ほっぺ』や『章姫』の血を受け継いでいる。
『きらぴ香』はサイズが大きく,やや長めの円錐形をしている。果皮は濃い赤色でツヤツヤとしていて,果肉の断面は淡い赤色,果肉はかためで香りがよく、果皮もしっかりとしている。甘味は紅ほっぺと同じくらいで,酸味は紅ほっぺよりも少なめ,食味のよい苺である。
(赤い「苺」といえども 「血」はないと思うが・・・。)

知人からの 戴き物です。
Dsc_2705b

Dsc_2700-4
この大きさの苺を食べたのは初めてです。
大きさによらず(?)苺らしい味,かつ歯応えのある苺で,デザートとしては 3個で充分な量でした。
歯応えは 「章姫」に似ていると,いつ,どこで食べたのか,家人が 呟きました。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

「ザッハトルテ」を覚えてなかったが・・・ 。

2月8日,NHK BSプレミアムの 「スイーツ列車紀行 『欧州・魅惑のお菓子誕生秘話』」で 「ザッハトルテ」が紹介されていました。

20200214
それに 刺激されたのか,バレンタインデーでなのか 家人が チョコレート・ケーキを作りました。
元祖に忠実に,チョコレート入りフォンダンのコーティング前に,スポンジ周囲と上下半分に切り分けた間に杏のジャムも塗られています。

会社からもらった勤続30年褒賞の旅行券で行ったオーストリア旅行中,ウィーンのザッハホテルで「ザッハトルテ」を食べたのは 16,7年前のことなので 味の正しい比較はできません。

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

失敗作という 「シナモン・ロール」

Dsc_2710
家人が「シナモン・ロール」を作りました。

彼女は いつものように 「失敗作」と言いますが,具体的に どこを どう失敗したのかは私には分りません。
だから,黙って食します。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

節分なのでー

Dsc_2687
「鰯」 と 「海苔巻き」 です。
大人になるまで このような風習があることを知りませんでした。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

2大柑橘。

Dsc_2665
Sweetie
我が家の2大柑橘,「せとか」と 「スウィーティー」です。
この冬は 「メロゴールド」はよく見ますが,「スウィーティー」はあまり見ることがなく,これは 2回目です。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

中華饅頭(「肉まん」でも「あんまん」でもない)を探してー

東京・アメ横の,中国・東南アジア食材を売っている「センタービル」地下で,かつて 中華饅頭の「大饅頭」,「大花巻」を買ったことがあります。

肉まんでもあんまんでもない,まわりの生地だけの「中華饅頭(ちゅうかまんとう)」が食べたくなりました。
自宅で 何度か作りましたが 特に 大きさに満足できず,近辺,広島あたりを探しましたが見つかりません。
ネットでは売られていますが,品物の値段より送料の方が高いので躊躇します。
下は アメ横で買ったものと同じ二種で,アメ横では 合わせて 1,000円以下で買えました。

004a
色々探して,九州に行った際,小倉駅から旦過橋市場に向かう途中の「平和會館」で見つけました。
1個180円。最近 製造を再開したそうです。

Dsc_2524
Dsc_2526a
売り場の婦人に 「どうやって食べるんですか?」と訊かれました。

Dsc_2538a
「どうやってー 」と訊かれても困ります。
冷凍したものを電子レンジで 1分半 温めて そのまま食べます。
朝食で パンやご飯の代わりに食べます。お八つにも そのまま食べます。

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

この冬,初めての 「せとか」。

002_20200120202001
柑橘類の一番は「せとか」です。

トート・バッグをぶら下げて 煙草などを買いに外出しようとしたら,家人が「果物がないから,食べたいのがあったら買ってきてー 」とのリクエストがありました。
数日前,「尾道市瀬戸田で 『せとか』初出荷,1個 1,000円。」のニュースを見ました。

スーパーマーケットで 「せとか」を発見,「佐賀県産」で 1個 500円,大き目とはいえ,1個だけ買うのは恥ずかしいので 「メロゴールド」を2個 加えて購入,計 約 1,000円でした。

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

「焼きねぎ」を食す。

Dsc_2519
ねぎの名産地で ねぎを焼いて食べるシーンを TVで見て 食べたくなり,家人にリクエストしました。

過去 いつ食べたか覚えてないほど昔,何十年前?
旨かった。
ねぎで思い出すこと。
50年近く前,就職して独身寮にいた頃,朝食時に おかしな行動をする同期入社の者がいました。
味噌汁のねぎを 一つ一つ摘んで外に出していたのです。
訊くと,「ねぎを食べられない。」とのこと,すぐには信じられませんでした。
特に,アレルギー反応がでるわけでもないようでした。
嫌いなものがあっても 大人になってそれを食べられないというのは どのような育ち方をしたのかと ・・・ 。
以後,用がなければ 彼にはできるだけ近づかないようにしました,大人に成りきってない大人は危険なのでー。

因みに 私は 「韮」と「鶏皮」と「南瓜」が嫌いですが,出されれば顔色を変えずに食べます。
「南京」が嫌いな理由は上手く言えませんが,「韮」は噛んだときに噛み切れず滑るような感触,「鶏皮」も歯触りです。
「鶏皮」は 「北京ダック」のように焼けば問題ありません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧