カテゴリー「言葉」の200件の投稿

2020年7月13日 (月)

「有言実行」と言ったことはないし,書いたこともない。

「有言実行」という言葉を聞き始めたのはいつ頃のことなのか,確かな記憶はありません。
少なくとも 就職した50年近く前には 一般には存在しない言葉だったと思います。

最近は 何の恥じらいも,衒いの様子もなく,昔から存在していた言葉のように「有言実行」を口にする人が多く,胡散臭く,信用できない人だと思いながら その人の話を聞くことがあります。

最新版の「広辞苑」にも掲載されているようで,クイズ番組で,「『広辞苑』に載っている四字熟語からー」の制限に引っかからなくなったようです。

かつては 冗談か, 「ウケ」を狙って言っていた,浅薄にして軽薄,胡散臭さと無教養さ溢れる「有言実行」が,昔からあった言葉のように使われる時代になり,何かの調査では 「不言実行」を知らなくて 「有言実行」を知っている大人が かなりの割合で存在するようです。
そのような「ハッタリ」大人を歓迎する,あるいは重用する社会になったということでしょうか?

「『やる』と言って 『やる』」という当たり前のことを 四字熟語でわざわざ表現する言語センスが理解できません。
「男は黙ってー」という時代は遠くなりました。

私は 死ぬまで 遣うことはありません。
あくまで 「不言実行」です。要するに「やるとか,やらないとか ツベコベ言わず,やるべきことは 黙ってやる」です。

因みに 「不言実行」の対義語が 「有言実行」ということはあり得ません。
「有口無行」が対義語だと思います。

「有言実行」の対義語は? ありません,考える必要がありません。。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

最近は 「させていただく」に笑ってしまう。

「『させていただく』という言葉に違和感を覚えるという指摘が目立ち始めたのは2010年頃とされています。」と書いているサイトがありましたが,私が違和感,あるいは 嫌悪感まで感じ始めたのは 更にそれより 10年以上前,ひょっとすると20年前だったような気がします。
現在も,「させていただく」に違和感を覚えている人が間違いなくいるようですが,それ以上に多くの人が 何の躊躇いもなく 「させていただきます。」と言っています。

会社勤めの頃,新入社員の研究発表会での 発表者異口同音の「発表させていただきます。」あるいは 客先での 「説明させていただきます。」を如何わしく感じ,耳につき始め,なぜ,素直に,あるいは簡明に 「発表します/いたします。」,「説明します/いたします。」と言えないのか不思議に思っていました。
自分の部下には注意していましたが,元々 面倒な説明を省きがちで,受け手の知性と感性に頼っていたので,周りの趨勢を排して,うまく通じていたかどうかは分かりません。
新入社員の発表会は 年長司会者が 「司会を務めさせていただきます。」と言っているので,そう言うのが正しいと,つられて言うのでしょうか。
誰にさせられているのか,誰の許可が必要と思っているのか, ・・・丁寧な言い回しと思っているのか,全く理解できませんでした。

無駄に「させていただきます」と言う原因 あるいは 理由は,個人の資質,感性の問題で,批判・反論を恐れずに書けば ー
 ・言葉(遣い),更には 日本語に対する繊細さの欠如,あるいは無神経
 ・付和雷同,大勢順応,無批判,自主性欠落

最近 笑ったのはー
  「・・・離婚させていただくことになりました。」(勝手にやれ!)

【追記】最近 気になるのはー

「まだ やってますか?」と訊けばいいところを 
「まだ やってたりしてますか?」! これはどういう意味でしょうか,
「やってたり,やってなかったりする」のでしょうか?

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

かつて OL は BG と呼ばれた。

木村拓哉さん主演のTVドラマの新シリーズ 「BG ~身辺警護人~」が始まりました。
BG は “Body Guard” の略のようですが,団塊世代の私には 現在の OL の前の呼び名を連想します。

和文Wikipedia の 「OL」には 「かつて働く女性を指して使用されていたBGbusiness girl「ビジネスガール」)に代わる呼び名として,1963年,新しい時代の働く女性』を表す言葉を週刊誌『女性自身』が公募,読者投票の結果誕生した造語である。」と OLを説明しています。(1963年,私は 中学3年生でした。)
更に,「昭和中期以降は “business girlの頭文字を取った「BGという単語があった。しかし,再建を目指して戦後に丸の内のオフィスで働いていた女性たちの間で『BG』の呼称は耳にしたこともなく,『ビジネスガール』の呼称がしばらくの間使用された程度であったという。なお,『ビジネスガール』の呼称は売春婦を想起させるという理由で,1963年(昭和38年)にNHKによって放送禁止用語に指定されている。」,「『英語で BG は “bar girl の略称で,これは売春婦という意味だ』という噂が東京オリンピックを翌年に控えた1963年に広まり,NHKはこの実態のない噂から 9月にこの単語の使用を止めた。この機運にともない,週刊誌『女性自身』が『東京オリンピックで来日する外国人の誤解を防ぐため』この単語を使わないようにすることを提案し,代替語の誌上公募を行った結果,11月に候補の中から『OL』を選出したと発表した。」と書いてあります。

私が中学生のころまで(~1963年)は BGが,現在のOLと同じ頻度で使われていた気がします。従って 上述の 「・・・戦後に丸の内のオフィスで働いていた女性たちの間で 『BG』の呼称は耳にしたこともなく,・・・」というのには疑問があります。
少なくとも,昭和30年代(1955年から),OLに変わる前までは『BG』が現在のOLと同じように使われていたのは間違いありません。

又,上述の 「『・・・bar girl の略称で,これは売春婦という意味だ』という噂が ・・・」とありますが,英文 Wikipedia の “Bargirl” を読むと “Prostitution” の項があり,次の記述があって,あながち 噂とは言えません。

“Some bargirls also act as prostitutes, either on-site (with the bar effectively acting as a brothel) or by being hired upon payment of a bar fine. This practice is especially common in Asia. In South Korea, "juicy bars" near the gates of United States military bases provide prostitutes for soldiers.

Where bargirls act as prostitutes, patterns vary widely. Some seek to have as many customers as possible in a given day; these women generally take only "short-time" clients. Others are more selective and accept only one customer per day, taking "long-time" customers overnight or even for a few days.

時代がいつか分かりませんが,韓国の米軍基地ゲートの近くに “juicy bars” が存在し,“short-timeclient と “long-timecustomer 相手の “bargirls” がいたようです。

又,“business girl” を調べると 英語の辞書には  “A young woman employed in business or office work.” とあって 何の問題もなさそうです。 

いずれにせよ,70歳以上だと 「BG」は ボディ・ガードよりも,「オフィス職業婦人」を連想します。
60歳以上だと,人による?

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

「菜の花」という名前の植物はない。

「菜の花」のシーズンは ほぼ終わったでしょうが - 。

「菜の花」という名前の,一つの植物(=「アブラナ」?)が存在すると 古希過ぎまで思っていました。

最近,「菜の花」は,正確には「アブラナ科アブラナ属の総称」であって,狭義には 「アブラナ」 あるいは「セイヨウアブラナ」の別名として用いられることを知りました。(あー 恥ずかしい!)

定義としては「『アブラナ属』の野菜が咲かせる黄色い花が『菜の花』」ということでしょうか。
又,「菜の花」の中で,食用にする花が咲く「ナタネ,カブ,ハクサイ,キャベツ,ブロッコリー,カラシナ,ザーサイ」などを 特に 「菜花」と呼ぶとのことです。
下に 種々の「菜の花」を示します。

001_20200603113701左から「アブラナ」,「カブ」,「キャベツ」。

002_20200603113701左から 「コマツナ」,「ザーサイ」,「チンゲンサイ」。
003_20200603113701
左から 「ノザワナ」,「ハクサイ」,「ブロッコリ」。
花の形や 花のつき方まで 真面目に見ることはなさそうなので,区別は難しそうです。
故に 皆 「菜の花」です。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

英語の中の外来語としての日本語(その2)

(その1)の続きー

外国語学習サイトFluentU32 Cool Japanese Loanwords We All Use in English我々 全てが使う英語の中の 日本からの32のクールな外来語)という見出しの記事がありました。

日本語を学習している英語のネイティブ・スピーカー向けに書かれた記事のようで,英語の中の外来語として使われている日本語が,元々 日本語であることが意識されないで使われていることが分かります。

(その1)で 32語のうち16語を紹介したので (その2)で残りの16語 を紹介します。

下記,拙訳して転載します。

***********************

17. Judo
Japanese: 柔道 (じゅうどう)

漢字の意味: (じゅう)gentle又は softを意味し, (どう) way又はroadを意味する。発音のヒント:長い “juuと長い “douの音は日本語で使用される。
空手と柔道の違いは,柔道の方が防御力が高いことであり,これには,相手の強さと重さを利用することが含まれる。

18. Sumo
Japanese: 相撲 (すもう)

漢字の意味 : ()together又はmutualを意味し,(もう) hit又はbeatを意味する。
発音のヒント:日本語では,非常に短い “su” と長い “mou” と言う。“smou” のように聞こえる。
相撲は,非常にユニークな日本の武道で,巨大な力士がリングからお互いを押し出そうとする。日本の相撲の伝統試合を観戦できる:今日,ほとんどの相撲チャンピオンはモンゴル出身である。

19. Senpai
Japanese: 先輩 (せんぱい)

漢字の意味 : (せん) before又はaheadを意味し, (ぱい) comrade又はcompanionsを意味する。それは,この言葉にぴったりの “kanji” である。文字通り「私の先を行く仲間」“companions ahead of meである。
senpaiという言葉は英語でますます一般的になっており,オックスフォード辞書に追加されようとしている(ただし,それに関し,あまり幸せでない人もいる)。
日本語の “senpaiとは,通常は学校でのあなたより上位の人,たとえば高学年の同窓生を意味する。
英語でも同様の意味で,話し手が優れていると考える人を冗談で言っていることが多いため,従順で(meek)で謙虚な(humble)自分に気付かない。

20. Dojo
Japanese: 道場 (どうじょう)

漢字の意味: (どう) way又はroadを意味し, (じょう) location又はplaceを意味する。 それは あなたの技を向上させるための道のりの場所である。        
発音のヒント:長い “dou” と長い “jou”。
dojoという言葉は 武道のファンにはおなじみかもしれない:空手や柔道などのスポーツが盛んに行われている場所である。

21. Sensei
Japanese: 先生 (せんせい)

漢字の意味: (せん) このkanji を覚えていますか?
senpaiにも登場。“before又はaheadを意味する。せい)は “born” を意味する。先生は(通常)あなたより前に生まれる。
英語では,“senseiは通常,武道のインストラクターを指すが,“senseiは,公立学校,塾,スポーツなど,日本語のあらゆる種類の先生(teacher)を意味する。「先生」は,医師,政治家,弁護士などに一般的に使用される敬称でもある。

次に,日本の文化のいくつかの要素を説明するために,英語で特に採用された,いくつかの単語に移る。

22. Samurai
Japanese: (さむらい)

漢字の意味: “Samurai” がどのくらいの期間 存在していたかがわかると,この単語自体が完全な “kanji” であることが事実である。
(さむらい)は warrior戦士) と同様に to serve仕えること)を意味する。
Samurai” は,独自のユニークで非常に美しい文化を持った日本の古代の戦士である。
本物の “Samurai” は現在,絶滅している(extinct)が,この単語は英語で認識されるほどよく知られるようになった。

23. Ninja
Japanese: 忍者 (にんじゃ)

漢字の意味: (にん) spy又はsneakを意味し, (じゃ) personを意味する。
Ninjas” は日本の暗殺者,秘密で狡猾な(subtle)な殺害の専門家である。英語では,“ninja” という用語はスラングと呼ばれることもあり,非常に迅速で目に見えない人を意味する。 例えば:

A: “How did you get here so fast?”
「どのようして ここにそんなに早く着いたの?」
B: “I’m a ninja.”
「俺は “ninja” だ。」

24. Kimono
Japanese: 着物 (きもの)

漢字の意味: () to wearを意味し, (もの) thing又はgoodsを意味する。
だから,“kimono” が文字通り “something to wearを意味するのは理にかなっている。
kimono” とは,伝統的に女性のエンターテイナー(geisha)が着用し,現在はお祭りや卒業式で着用される和装(Japanese dress)である。

25. Yukata
Japanese: 浴衣 (ゆかた)

漢字の意味: 浴衣 は “ateji” であるが,bathe又はbaskを意味し,clothingを意味する。
おそらく “yukata” は夏祭りに着られ,浴衣で,美しい姿を見せられる。
yukata” は “kimono” とよく似ているが,重ね着が少ないので夏に着るのが一般的である。

26. Zen
Japanese: (ぜん)

漢字の意味: (ぜん) は文字通り silent meditation(静かな瞑想)を意味する。
Zen” は仏教の一分野であり,自己統制と瞑想を際立たせる。

27. Shamisen
Japanese: 三味線 (しゃみせん)

漢字の意味: (しゃ)threeで, ()flavor (せん)line又は, このケースではstringを意味する。
shamisen” は,伝統的な日本の劇場でよく登場する弦楽器である。

28. Haiku
Japanese: 俳句 (はいく)

漢字の意味: (はい)poem又はactorを意味し, ()clause又はpassageを意味する。
あなたは学校で “haiku” を勉強したかもしれない:これは伝統的な日本の詩である。多くの区切り(stanza)と音節の規則は,“haiku” を詩の世界でユニークなものにする。

29. Futon
Japanese: 布団 (ふとん)

漢字の意味: () linen又はclothを意味し, (とん)groupである。
発音のヒント:短い “u” と言ってください。日本語では “fton” のように聞こえる。
futon” で寝たことはありますか? それらは,それがどのような種類であり,何層のレイヤーが含まれているかによって,非常に快適な場合と非常に不快な場合がある。
futon” は何世紀にもわたって日本の伝統的なベッドだった。そのため,英語を話す人がこの言葉を借りてそれらを説明するのは当然のことである。ただし,折りたたみ式のベッドもあるソファ(couches)を説明するのに,英語としてこの単語を使用している。

30. Koi
Japanese: (こい)

漢字の意味: (こい)carpそのものの意味であるそこに驚きはない!
英語では “koi carpと言いがちだが,日本語では単に “koi” である。
鯉型の鯉のぼり(Koi-shaped streamers)は,5月の子供の日などの日本のお祭りで使用され,一年を通して日本の装飾品で主に取り上げられる。

31. Yakuza
Japanese: ヤクザ (やくざ)

漢字の意味: Yakuza” の名前は八九三” (/8=ya, /9=ku, /3=za)からきている。これはカードゲームが起源である。
このゲームでは,プレーヤーのスコアは,いくつかのカードのスコアを加算し,最小の数字のみを使用して決定される。 8 + 9 + 3 = 20 = 0ポイントであるため,「893」は「ポイントなし」を意味する。
したがって,この意味は後に「役に立たない人々」又は「賭ける人々」(gambling people)に変わった。

「キルビル」,「仁義なき戦い」(Battles Without Honor and Humanity),「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(Fast and Furious: Tokyo Drift)などの映画のおかげで,ほとんどの人が日本のマフィアについて聞いたことがあるようになった。
今日でも,“yakuza” は東京などの地域で非常に活発で強力である。

32. Tatami
Japanese: (たたみ)

漢字の意味: (たたみ)tatami matを意味するが,同時にshut又はput awayの意味もある。
Tatami mats” は多くの日本の家に快適に備えられ,通常,外国の目で認められる。
英語では “tatami matと言いがちだが,日本語では単に “tatamiである。

すでに知っているこれらの英日単語を使用して,簡単に大量の(plethora)日本語の語彙が頭の中に蓄えられたー勉強は必要ない。

日本語は学ぶのにやりがいのある言語であり,それを簡単に学ぶための何百もの方法がある。
これはたまたまそこにある最も簡単な方法の1つである。

新しい言語に進むにつれ、外来語だけでなく、日本語と英語の間の他のつながりも探索していきます。 後悔はしません。

Good luck!

(転載了)
***************************
「着物」を女性が着るものに限定して説明するなど,やや不備がみられますが,日本人でも 難しい説明を 限られた字数でよくまとめています。

英語には多くの言語から取り入れられた「外来語」が「外来語」と意識されないで使われていて,日本語由来も そうなのでしょう。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

英語の中の外来語としての日本語(その1)

外国語学習サイト ‘FluentU’ に “32 Cool Japanese Loanwords We All Use in English”(我々 全てが使う英語の中の 日本からの32のクールな外来語)という見出しの記事がありました。

日本語を学習している英語のネイティブ・スピーカー向け(「ひらがな」は習得済,「漢字」勉強中)に書かれた記事のようで,英語の中の外来語として使われている日本語が,元々 日本語であることが意識されないで使われていることが分かります。

下記,拙訳して転載します。

***************************

日本語の単語は英語のいたるところにあり,それらを識別することができることで,あなたが持っていたことさえ知らなかった日本語の基本的な知識にあなたを啓発する(enlighten)。

たとえば,‘tidal wave’ という言葉は,‘tsunami’ と呼ばれることもあるが,日本語が起源であることを知っていたか?ここでは,あなたが 日本語とは知らなかったかもしれない,英語で使われる32語を紹介する。

通常は漢字で書かれる元の日本語の単語には,外来語(loanword)に含まれている(読みやすいように括弧内にひらがなを加えている)。元の漢字の形が通常どれほど論理的であるかを見るのは興味深いことで,これにより,単語を覚えやすくなる。

元の日本語の単語の発音は,適応された英語版の発音と異なる場合があるため,いくつかの日本語の発音のヒントも含まれている。あなたが既にその意味と言い方を知っているなら,完全な日本語の知識を追加すると,32語によって この難しいが魅力的な言語をマスターするのに近づく。

日本は天候に関して危険な面にある傾向があり,これらの最初の2つの単語が日本語に由来し,英語に組み込まれたことは当然のことである。

1. Typhoon
Japanese: 台風 (たいふう)

漢字の意味: (たい)tableもしくはpedestalを意味し, (ふう)windを意味する。
台風は夏の終わりから初秋にかけて一般的で,沖縄南部の島々にしばしば小さな被害を与え,大都市の交通を混乱させる。

2. Tsunami
Japanese: 津波 (つなみ)

漢字の意味: () harbor又はportを意味し, (なみ)waveを意味する。
発音のヒント:英語とは異なり,日本語では ‘t’ が発音される。
不幸にも,日本は ‘tsunami(or “tidal waves”)をかなりの頻度で受ける。
私たちは通常,これらの壊滅的な自然災害を英語で説明するために日本語の単語を使用している。

次に,これらの危険な現象から離れて,もっと楽しいものに移る。人気のあるレクリエーション活動の多くは,実際には日本で始まっている。これら次の単語の ‘faceful’(いいね)をつかんでください!

3. Karaoke
Japanese: カラオケ (からおけ)

漢字の意味:上に示されるように “karaoke” は通常,サインやビルのようにカタカナに書かれる。
しかしながら,この言葉は,元々 “empty” を意味する漢字 (から)から来ており,カタカナ「オケ」は英語のオーケストラからきている。つまり,“karaoke” とは,日本語から取り入れた英語の単語だが,もともと英語から,またはギリシャ語から影響を受けたものである。
発音のヒント:我々は元々の発音を台無しにしているので,この単語の英語の発音について知っていることはすべて忘れること。
文字は “katakana” に従ってください。

Karaoke” は日本ではまったく異なる体験であり,一人で楽しめるし,西洋スタイルと同様に友人のグループとして,または、大声で酔った見知らぬ人と一緒に楽しむことができる。

4. Sake
Japanese: (さけ)

漢字の意味: (さけ)は文字上ではalcoholを意味し,漢字の初めに「お」を加えた「お酒」は全てのアルコール飲み物のことを言う。
ああ,“sake”。ビジネスマンの親友であり,日本で試す「新しい経験」に欠かせないものである。このリッチで力強いライス・ワインは,英語で,オリジナルの日本語の言葉で説明されることがよくある。

5. Manga
Japanese: 漫画 (まんが)

漢字の意味: (まん)random又はuncontrolledを意味し, ()pictureを意味する。
Manga”,又は日本のコミックは,日本とそれ以外で非常に人気がある。これらのビジュアル・ストーリーの棚は,図書館や書店だけでなく,レストランやコンビニでも見ることができる。

6. Anime
Japanese: アニメ

anime” という言葉は技術的には英語の “animation” に由来するため,これは少しごまかしている可能性がある。そのため,日本語の外来語の選択に使用される書体系であるカタカナで表示されるが,これを英語の中の外来語に含めないことは正しくないと感じる。

Anime” とは “cartoon” の日本語の言葉で,より具体的には和風アニメーションである。
ちなみに,アニメやその他の動画で日本語を学ぶのが好きなら,FluentUをチェックしてみてください。FluentUは,ミュージックビデオ,映画の予告編,ニュース,漫画のクリップなどの実世界の動画を取り込み,それらを具現化して,レッスンを受けている言語に変換する。

没入できて 楽しいコンテンツは,文法と語彙をはるかに記憶に残るものにする!

7. Otaku
Japanese: お宅 (おたく)

漢字の意味: (たく) の意味はhouse,そして,おそらく“otaku” が屋内で多くの時間を費やさなければならない傾向を指しています。

otakuは,英語と日本語の両方で,ビデオゲームをしたり,漫画を読んだり,アニメを見たりするのに多くの自由時間を費やし,社会活動にほとんど,またはまったく関心がない人を表すためによく使用される。また,“anime” や “manga” のファンが,同様の関心を持つ他の人を説明するために使用することもある。

8. Emoji
Japanese: 絵文字 (えもじ)

漢字の意味: () pictureを意味し,文字 (もじ)character又はletterを意味する。
あなたはこれらが何であるか知っている! “emoji” は,スマートフォンやコンピュータで 感情やメッセージを伝えるために使用できる小さな絵である。
これはもともと日本語から来たもので,文字通り “pictograph絵文字」を意味する。

9. Origami
Japanese: 折り紙 (おりがみ)

Origami

漢字の意味: (おり) to foldを意味し, (がみ)paperを意味する。
この古い日本のアートは文字通り “paper foldingを意味し,日本の7月の七夕(Star Festival)には非常に重要である。

10. Shiatsu
Japanese: 指圧 (しあつ)

漢字の意味: () fingerを意味し, (あつ)pressureを意味する。
マッサージパーラーの外で “shiatsu「(指圧」)という言葉を見たことがあるかもしれない。これは,身体の自然な防御をサポートし,人々が心と体と精神の中で自分自身を癒しバランスを取るのを助けると思われる日本式のボディマッサージである。

ああ,それはリラックスだが,今は日本料理の楽しみに移っている!
この次の外来語で食欲(appetite)を刺激する(whet)。

11. Sushi
Japanese: 寿司 (すし)

漢字の意味: 寿 () congratulationsまたはlongevityを意味し, () officialを意味する。
考えると,寿司の漢字が「おめでとうございます!」(“official congratulations!”)のことだった。
この有名な日本料理の名前を変更する理由はなかった。
寿司は,海苔で包まれたご飯と,魚や生野菜や漬物などの詰め物から作られる。

12. Tofu
Japanese: 豆腐 (とうふ)

漢字の意味: (とう)beansを意味し, () ferment又はrotを意味する。
少し大げさに聞こえるかもしれないが,日本人はさまざまな食品の発酵(fermenting)を含むいくつかの料理を巧みに習得している。
発音のヒント:日本語では、“tou” の音は,非常に短い “fu” よりも長くなる。
Tofu” は大豆から作られ,多くの甘くておいしい日本料理や他の国の料理にも加えて美味しい。日本にはまだプロの豆腐屋さんがたくさんいる。

13. Ramen
Japanese: らーめん, ラーメン

ラーメンは実際には中華料理だが,日本で適応し,長年にわたる日本語である。

14. Wasabi
Japanese: 山葵 (わさび)

漢字の意味: mountainを意味し, hollyhock(アオイ)を意味する。しかし, 山葵 は “ateji” といって,読みに関係なく意味的に使われる漢字である。
あなたの母国で手に入るかどうかにかかわらず,多くの人は “wasabi” を聞いたことがあると思う-スパイシーな日本の「わさび」(horseradish)は,“sushi” その他の魚料理(fish-based dishes)によく加えられる。

15. Teriyaki
Japanese: 照り焼き (てりやき)

漢字の意味: 照り (てり) shineを意味し,焼き (やき)grilledを意味する。
たぶんソースの釉薬(glaze)がチキンを「キラキラ」(shining)に見せてくれるからだろう。“Teriyaki” は。特別なソースに混ぜられたおいしいチキンのグリルスタイルで,独特の風味を与える。
Teriyaki chicken” は,日本食レストランではないところでよく出される。つまり,この言葉が日本の起源であることに驚く人もいるだろう。本当の起源を知らずに長年にわたってキッチンで照り焼きソースを使用している場合,驚きは特に大きな大きい可能性がある。
この食べ物の語彙の後,少し練習する必要がある。

「空手キッド」The Karate Kidのような映画のおかげで,日本の武道(martial arts)は世界的に有名になった。
これらの単語のうち,元々,日本語から来た言葉をいくつ知っているか,見てみよう。

16. Karate
Japanese: 空手 (からて)

漢字の意味: (から) emptyを意味し, ()handを意味する。それ故,“Karate”は, 文字通り,bare hand)の他,何の武器も持たない闘いである。
発音のヒント:英語で “kah-RAH-tee” と言うのとは異なり,すべての音節には同じ量のストレスが含まれている。

Karate” は,中国の戦いにルーツを持つ攻撃的な武道であり,手,足,肘を使用した複雑な攻撃を伴う。

********************
(その2)に続く。

*それぞれに写真が添えられています。
9. Origami の写真を添えましたが,おかしな位置で鶴の羽を折っています。正しい形を分かっているのかどうか不明です。
寿司の項では,「巻ずし」のみ触れており,「にぎり」に関して全く触れていません。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

“Cause” と “Reason” の違い

45年以上前の会社員時代,海外に引き渡した製品の「損傷解析」を行って,その報告書に ‘reasons of the damage’ と書いて 上司に 「“damage” に “reason” はない, “cause” だ。」と直された記憶が今も残っています。
そのとき以来,“reason” と “cause”,日本語で 単純には「理由」と「原因」の使い分けには注意を払ってきました。
自分なりに使い分けのルールを持っているつもりですが,かと言って,厳密に “reason” と “cause” の違いを述べよ,と問われて 理論的に説明する自信はありません。

Difference Between.net’ の “Difference Between Cause and Reason” で確認してみるとー

以下,拙訳・転載します。
*******************************

cause” と “reason” は非常に類似した単語であり,多くの場合,同義語として使用され,両方に名詞と動詞の形がある。
cause” はラテン語の “causa” に由来し,“reason” または “sake” に変換されるため,これは理解できる。
同様に,“reason” は,“cause” または “understanding” を意味するラテン語 “rationem” まで遡ることができる。したがって,“cause” と “reason” は通常, “why” の質問に答えるときに使用される。

ただし,厳密な文法学者は,これら2つは異なる単語であり,常に同じ意味で(interchangeably)使用する必要はないと言っている。
一般に,“cause”(原因)は結果を生み出し,“reason”(理由)は決定または意見を支える。以下の概念は,そのような違いをさらに掘り下げる。

What is Cause?

cause” は,何か(something)を起こす何か(something)として主に理解されている。
たとえば,「あなたは,あなた自身の苦しみの “cause” である」という仏の引用は,個人自身が自分自身の悲惨(misery)につながることをすることを意味する。
名詞としては,行為,人,物,または状態を生じさせる任意の要素である。
一般的な同義語には,“origin”,“source”,および “root” がある。それに関連して,動詞としての通常の同義語には,「導き(lead),生み出す(produce),促す(prompt)」などがある。

たとえば,「ロビン・フッドが高貴な大義(noble cause)のために富裕層から奪う」という文言は,ロビン・フッドの行動が名誉ある目標(honourable goal)によって動機付けられている(motivated)ことを示している。この定義は,個人が擁護または闘うことをいとわない重要な取り組みを指す。

その同義語には「信念(conviction),信念(belief),理想(ideal)」などがある。

What is Reason?

reason” はしばしば特定の行為の正当化(justification)として理解される。
たとえば,誰かが「あなたの行動の正当な “reason”(理由) を教えてください」と言ったとき,それはその行為を正当化するためにきちんとした説明が与えられなければならないことを示す。
その同義語には「基礎(basis),根拠(rationale),および原因(cause)」などがある。

別の定義は,理解,意見の形成,思考などの精神能力(mental abilities)に焦点を当てている。
ヴォルテールの「信仰は,それが信じる理由(reason)の力を超えているとき,信じることにある」とは,信仰を持つことは,人間の知的能力によって通常理解できることを超えていることを反映している。
その同義語は「常識(common sense),賢さ(sagacity),賢明な判断(wise judgement)」などである。

さらに,ニーチェの「愛には常にいくらかの狂気(madness)がある。しかし,狂気には常に何らかの “reason”(理由)もある。」とは,愛は狂気の中に存在するので,正気は愛に含まれることを意味する。
その同義語には「知恵(wits)と心(mind)」などがある。

動詞として,“reason” は論理的に議論することを意味する。
たとえば,「私は彼女と議論(reason)しようとしたが,それは無駄だった」。その同義語には「“convince”(確信させる,納得させる,説得する),“persuade”(説得する,口説く)」などがある。

さらに,“reason out”(論理的に熟考する)とは,パズルやわかりにくい概念を解明する(figuring out)ことがふさわしい(pertain)。 たとえば,「科学者たちはミッシング・リンクをついに解明した(reasoned out)」。

Difference between Cause and Reason
Cause” と “Reason” の違い

1. Application in the Field of Philosophy
(哲学の分野での応用)

cause” という言葉と比較して,“reason” という用語は,動物のより低い形態と比較して人間の心の知的能力に関係しているため,哲学に独特の関連性(relevance)がある。この定義は,判断や概念などのプロセスと “reason” を結び付ける。

一方,“cause” はそのような精神プロセスに関連するものではない。

2. Variety of Meanings for Cause and Reason
(原因と理由の意味の多様性)

reason” は正当化,理解,または常識を指し,“cause” は起源(origin)または原則(principle)に関係し,“reason” には “cause” よりもさまざまな定義がある。
たとえば、「彼の “reason” (判断力)は多くの “reason”(根拠) を示す例外的な推論(reasoning)の証拠」と「貧困が彼の人生の信念(cause)を引き起こした(caused)」と比較することができる。

3. Relevance with Experiments
(実験との関連性)

cause” は,“reason” と比較して,実験手順にはるかに関連している。
科学的方法は通常,“cause” と因果関係を評価するため、通常,特定の状況または行為につながる要因にリンクされている。
たとえば,研究者は 「病気の “reason”(理由)」ではなく,「この研究は,病気の最も可能性の高い “cause”(原因)を特定することを目的としている」と述べるのが妥当であろう。

4. Intelligence
(知性)

cause”(原因)と比較すると,“reason”(理由)は知性の概念と密接に関連している。
たとえば,18世紀の知的運動を特徴とする啓蒙時代(Enlightenment Period)は,「理性の時代」(Age of Reason)としても知られている。

5. Purpose
目的)

cause”(原因)は明確な結果(effect)を作り出すことを意味するので,一般的に“cause” には道具的目的がある。
一方,“reason”(理性) には,意思決定,説明の提示,現実との同期などの認知プロセス(cognitive processes)が含まれるため,精神的な目的がある。

6. Preposition
(前置詞)

通常,“cause” は “of” という前置詞が続き,“reason” の前には “for” という前置詞が付く。例えば,「彼の病気の原因(The cause of his illness)はストレスである」と 「彼が去る理由である(reason for leaving)」。

7. Idioms
(イディオム)

cause”(原因)は “make common cause“(提携する)というイディオムで採用されている。
reason”「理由」は,「bring to reason(理性を持って)」,「by reason of(理由により)」,「within reason(理にかなった),(stand to reason「理念に立脚して」),「with reason(理由があって)」というイディオムで活用されている。

CauseReason 総括

・“cause” も “reason”も “why” の質問の答えに使われる。

・“cause” は,「何か」を起こす「何か」として主に理解されている。

・“cause” は,本質的にサポートされている原則(principle)または目的(aim)でもある。

・“reason” はしばしば特定の行為の正当化として理解される。

・“reason” の他の定義は,正気(sanity),正当化(justification),および議論(argument)に関係している。

・“cause” と比較して,“reason” という用語は哲学に独自の関連性がある。

・“reason” には “cause” に比べ 多様な定義がある,

・“cause” は,“reason” と比較して,実験手順にはるかに多く関連している。

・“cause” と比較すると,“reason” は知性の概念と密接に関連している。

・“cause” には手段的な目的があるが,“reason” には精神的または哲学的目的がある。

・“cause” には前置詞 “of” が続き,“reason” の後には “for”が続く。

・“reason” には “cause” よりも多くのイディオムがある。

Comparison-table

(転載了)
*****************************

日本語の「原因」と「理由」に比べて, “cause”,“reason” を厳密に使うのは難しそうです。

とりあえずは 「原因」,「理由」の意味を理解しているなら, “cause”=「原因」,“reason”=「理由」と訳して問題なさそうな気がします。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

米国の「サイレント世代」とはー

米国の「ベビー・ブーマー世代」の上の世代を “Silent Generation”(「物言わぬ世代」あるいは 「沈黙の世代」,ここでは 素直に「サイレント世代」)と言います。決して 高齢になって 発言が少なくなったからではありません。
何故 そう言うのか,そして,いつ頃からそう言うのか,英文のWikipediaの “Silent Generation” を読んでみました。

*****************************

サイレント世代は,グレイテスト世代(Greatest Generation)の後,団塊世代の前の人口統計コホート(群)である。 コホート(群)は,1928年から1945年の間に生まれた個人として定義される。この名前は元々は 米国とカナダの人々に適用されていたが,西ヨーロッパ,オーストラリア,ニュージーランド,南アメリカの人々にも適用されている。

朝鮮戦争で戦った人々のほとんどが含まれている。米国では,1930年代の財政不安と1940年代初頭の戦争により,子供が減ったため,この世代の人口は比較的少なかった。

彼らは,公民権運動(the civil rights movement)の指導的地位を形成し,「沈黙の過半数」(silent majority)を構成すると指摘されている。

Terminology
用語

タイム誌は,1951115日の “The Younger Generation” というタイトルの記事で “Silent Generation”(沈黙の世代)という用語を最初に使用したが,この用語は出版の前にあったようである。

後にこの認められた「沈黙」が提案された理由は,マッカーシー時代(the McCarthy Era)の青年として,サイレント世代の多くのメンバーが発言するのは賢明ではないと感じていたからである。

このコホートは,フロリダ州立大学の人口社会学のチャールズ・B・ナム教授,エルウッド・D・カールソン博士により,2008年の本「ラッキー・フュー:グレイテスト世代とベビーブームの間」(The Lucky Few: Between the Greatest Generation and the Baby Boom)で「ラッキー・フュー」(Lucky Few)と名付けられた。

オーストラリアのマクリンドル研究所(McCrindle Research)は,ビルダー(Builders)という名前を使用して,1925年から1945年に生まれ,文字通り,隠喩的に(metaphorically)第二次世界大戦後の緊縮時代(the austerity years)の後に国家を築いた世代になるために,この世代のオーストラリア人のメンバーをビルダーと説明している。

Date and age range definitions
日付と年齢の範囲の定義

ピュー・リサーチ・センターでは,このコホート(群)の誕生年として1928年から1945年を使用している。この定義によれば,サイレント世代の最も古いメンバーは92歳で,最年少のメンバーは2020年に75歳になる。

決議財団(Resolution Foundation)は,「クロスカントリー:国際傾向の国際比較」というタイトルのレポートで,1926年から1945年をサイレント世代の生年として使用している。著者のウィリアム・シュトラウス(William Strauss)とニール・ハウ(Neil Howe)は,19251942を誕生年とする。

Characteristics
特性

サイレント世代は大恐慌(The Great Depression)の子供達だった。彼らの両親は,狂騒の20年代(the Roaring Twenties)の高揚感(highs)を楽しんでいたが,そのうち,大きな経済的困難に直面し,家族を養うために奮闘した。10代に届く前に,彼らは両親と第二次世界大戦の恐怖を,子供たちの目を通して共有した。
この世代の多くの人が,父親や年上の兄弟(siblings)を戦争で亡くした。

彼らはナチズムの崩壊と核爆弾の可能性がある破滅的な荒廃(the catastrophic devastation)を見た。サイレント世代が第二次世界大戦後に成人し始めたとき,彼らは,戦後の協定の裏切り(betrayal)とソビエト連邦の台頭を通じて,成人期の初期と共産主義の新しい敵を過ごすという破壊的な社会秩序(devastated social order)に直面した。

「システムを変える」ために戦ってきた前世代とは異なり,サイレント世代は「システム内で働く」ことを支持していた。彼らは頭を下げ,一生懸命働くことでこれを行い,「サイレント」ラベルを獲得した。 彼らの態度は,リスクを冒さずに安全にプレーする傾向があった。                                                                                           

フォーチュン誌の「カレッジ・クラス・オブ‘49」(College Class of ’49)に関する記事は,「チャンスはない」(Taking No Chances)と題されていた。

大恐慌時の子供時代の経験と,親からの質素であるようにという要求(insistence)から,彼らは倹約家で,ケチ(miserly)でさえある傾向がある。彼らは物の寿命を最大限に伸ばすことを好む,つまり「お金の価値が分かっている。」
これは,「無駄なことはしない」という口実(guise)で貯蓄(hoarding)につながることになる。

自分の両親と同じように,サイレント世代は 若くして結婚して子供を産む傾向があった。米国のサイレント世代は,米国で,最も若くして結婚し,家族を作ったと世代として知られている。
若い親として,この世代の若いメンバーは主にベビーブーマーを出産する一方,家族を作ることが遅かった年長のメンバーは,X世代を出産した。

前世代の目からは,離婚は究極の罪(ultimate sin)であると考えられていたのに対し,サイレント世代は,離婚を選択することによる汚名(stigma)を少なくするために結婚法を改革した世代だった。これは,その後,米国でのサイレント世代のカップル間の離婚の波をもたらした。

彼らは 出生コホート(群,cohort)として,統一された政治的実体(unified political entity)として抗議の声をあげたことはない。

「ルールに従う」ことはサイレント世代にとって 社会的な地位を得た(successful)ことが証明され,信じられないほど安定した富の創造につながったので,彼らのブーマー世代とX世代の子供たちは,正反対の(diametrically)反抗的な性質,声をあげて主張する(vocal)社会的関心により,サイレント世代には知られない経済的困難,異なる世代意識を生み出し,親世代から疎遠になる(estranged)ことが一般的だった。たとえば,ブーマー世代は若い頃,1960年代の反体制文化(Counterculture)をもたらし,左翼の隆盛,自由主義の見方は反体制(anti-establishment)と見なされ,サイレント世代が崇拝した(worshipped)「システム内での仕事」の方法論に直接反対するものだった。

X世代は1970年代から1980年代初めにかけて成長し,核戦争の脅威とその結果としての将来への見通しが鈍くなり,サイレント世代の両親の楽観的な見通しとは対照的に,世代的な不満を持つに至った。

サイレント世代とその前の世代に知られている子育てのスタイルは,1800年代後半に始まった。これを代表するのは,「子供は見られるべきであって,聞かれるべきではない」という考えだった。
これらの考え方は,ベンジャミン・スポック(Benjamin Spock)による1946年の 『スポック博士の育児書』(The Common Sense Book of Baby and Child Care)という本の出版によって,最終的に否定され,ブーマー世代が自分自身で親になったとき,それが育児と家族の価値観に対するいくつかの見方に影響を与えた

これらの対立する見解は,サイレント世代によって過度に寛容である(overly permissive)と見なされ,彼らの子供であるブーマー世代を両親からさらに遠ざけ,とりわけ,1960年代中頃に「世代間ギャップ」(Generation Gap)という用語を生み出した。これは,最初はサイレント世代とブーマー世代,その後 X世代間の文化的価値の対立を意味するもだった。

Generations
(転載了)
******************************
1950年代前半の 「マッカーシズム」,「赤狩り」の時代に青年期(若成人期)を過ごした人々を中心とする世代のようです。時代によって特徴づけられた代表的世代と言えるでしょう。
尚,世代人口チャートにおいて,生まれた人数よりも 2020年人口が多い(ミレニアル世代,X世代)のは 移民でしょう。
この報告の中で,恥ずかしながら(?) “sibling” という単語を初めて知りました。
辞書にはー
sibling】 
   1.きょうだい,兄弟姉妹 ◆性別・出生順に関係なく,同じ両親(または片方の親)から生まれた兄,弟,姉,または妹を差す言葉。
      ◆【略】sib
       ・Do you have any siblings? : きょうだいはいますか?
   2. 《siblings》 きょうだいたち,兄弟姉妹たち
   3. 《siblings》《生物》同胞種

男女に関係なく,brother でもなく,sister でもない,あるいは両者を合わせた「きょうだい」です。
こんな便利な単語を 高校までに習った記憶がありません。
この “sibling” という単語が どのくらいの頻度で使われるかを調べると,米国のあらゆる分野で使われた単語 3万語(この3万語で,調査でつかんだ全30万語の97%)からなる「単語頻度統計」で 5,252番でした。これに対して “brother” は 1,048番,“sister” は 1,141番なので, “brother” や “sister” に比べて  “sibling” が使用される頻度は約1/5 ということのようです。これを どう解釈するか,高校まで英語を勉強したと自信を持っている日本人が知っていて当然の単語なのかは分りません。 

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

動詞を名詞化(動作主名詞)するときの “-er” と “-or” に規則性はあるのか?

英語の動詞に ‘suffix’(接尾辞)を付けて名詞(動作主名詞)化する際,“-er” と “-or” のどちらにするか,どのように決まっているのかと,ふと考えました。

producer”,“director”,“editor”,“printer”,“painter”,“coordinator”,“drawer”,“actor”,“player”,“advisor” と思いつくまま書くと,過去に書いたり,読んだりした経験から 何となく,感覚的に “-er” と “-or” を選択します。規則性など考えていません。

この件に関して書いている英文のサイトをいくつか読んで,一つ選んで紹介します。

***********************

What’s the rule for adding “-er” vs. “-or” when forming an agent noun from a verb?
動詞から動作主名詞(agent noun)を作成するときに“-er”と“-or”のどちらを追加するかのルールは?

What’s the rule to decide whether you add -er or whether you add -or when creating an agent noun from a verb? -er”を追加するか,“-or”を追加するか,動詞から「動作主名詞」を作成するときに決定するルールは何だろうか?

ときには “-er”で-

  • read > reader
  • hate > hater
  • hit > hitter

しかし,その他に “-or”で

  • meditate > meditator
  • collect > collector

-er -or はどちらもいわゆる「動作主名詞接尾辞agent noun suffixes)」であり,Wiktionary には両方のエントリがある。

一般的に言えば、-er は英語では,はるかに一般的であり(ゲルマン語のルーツが深いため,驚くことではない。),対応する名詞(drive driverrun runnerdrink driker,など)。
一方,接尾辞 -or はラテン語に由来し,ほとんど使用されない。ちょっと,drivorrunnordrinkor の単語を作ってみて,自分の目で確かめるといい。

実際,Wiktionary には,actorauthorsculptorなど,この接尾辞を使用して派生した少数の用語のみがリストに挙げられており,さらに次の使用上の注意を提供している。

英語では通常,ラテン語の場合と同じように,この接尾辞がラテン語タイプの完全受動分詞(passive participle)の語根に追加される。 つまり,英語では接尾辞 –er を使用する傾向がある。

両方が使用されることもある(computer vs. computor)。

Etymonline’(オンライン語源辞典)には,-er および -or の起源と使用法に関する追加情報がある。

接尾辞 -orは,主にラテン語から派生した単語に含まれているが,-er は,動作主(「アクション」(action)の「実行者」(doer))を含む,ほぼすべての動詞の終わりに置くことができる。ただし,ラテン語に由来する単語は,接尾辞 -orとの関連付けの程度が異なる。
たとえば,-ate で終わるラテン語由来の動詞は,ほとんど常に 接尾辞 -or を取る。したがって,‘dictator’ はあるが,可変の(variant)‘dictater’はなく,‘alternator’ はあるが,‘alternater’ はない。

ラテン語に由来する他の動詞では,物事の明確さが低下している。
たとえば,私の仕事においては,学生と召集コース(convene courses)に助言しており,それらの役割を説明するときは、私は ‘advisor’(顧問)と ‘convenor’(召集者)であるが,英国の大学がそれらを綴ると,私はしばしば ‘adviser(私には間違っているように見える)で, ‘convener’ である。

–or は英国よりも米国で強力だが,それぞれの国でかなりのばらつきがある。

(転載了)
********************************

よくわかりませんが,ラテン語起源の動詞には “-or” が付くようですが,そもそも どの動詞がラテン語起源なのか分りません。ネイティブ・スピーカーには それが分るのかどうか?

結局のところ,日本人の場合,どれほど英文を読んだか,どれほど英文を書いたか,すなわち,どれほど英語の勉強をしたか,英文に接したかに依存するセンス,指の動きに任せ,機械的ルールはなさそうです。

ネイティブ・スピーカーが質問するほどだし,英米で異なることもあるようなので,日本人が間違ってもも それほど気にすることはないかも知れませんが,会社で英文報告書を書いて,英語ができる上司がチェックすれば,どのくらい英語を勉強してきたか,英語に接してきたか,英語のセンスはどうかは一目で見抜かれます。残念!

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

最近 米国映画で 「集中しろ」を “Focus!” と言っているのが気になる。

最近 米国映画やTVドラマを字幕で観ていると,「集中しろ!」の字幕に対して 英語では ほとんど “Focus!” と言っていて, “Concentrate!” とは言っていません。
かつては どうであったかの記憶は ほとんどありませんが, “Focus!” は あまり聞かなかったような気がします。

日本の中学,高校で英語を学んだ者としては “focus” は 名詞「焦点」であり,動詞として使うのには馴染みが薄く,「集中しろ」は “concentrate”  しか思いつきません。

英語のネット辞書で,両単語(動詞として)の 「集中しろ!」の意味を示している部分は 英語で次のように表しています。
厳密なニュアンスの違いは分りませんが,ほぼ同じ,どちらでもよさそうです。
どちらでもいいのなら 短い “Focus!” の方が 緊迫した場面では相応しいでしょう。

【concentrate】
 ・to focus all one's attention on a particular object or activity
 ・to direct your attention or your efforts towards a particular activity, subject, or problem
 ・to bring all efforts,faculties,activities,etc., to bear on one thing or activity
 ・to bring or direct toward a common center or objective

【focus】 
 ・to pay particular attention to
 ・to direct attention toward something or someone
 ・to concentrate attention or effort
 ・to direct one's attention or effort

以前から “Focus!” と言っていたのか,それとも最近の傾向なのか,知りたいものです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧