カテゴリー「garments & others」の337件の投稿

2020年2月23日 (日)

Baracuta G9 の SS20 製品

世界中のメーカーが,そのデザインを模倣しているジャンパー(日本語)の元祖デザインが1930年代終り頃売り出された,英国製 ‘Baracuta’ の “G9 Harrington Jacket”  です。
暖かくなれば リタイアした老人にも 便利なジャケットです。

その製品説明はー

************************

G9-classic

The G9 Baracuta Harrington Jacket is made in England and stands out from its imitators thanks to its original and unmistakable Fraser Tartan inner lining made from breathable, cotton-polyester Coolmax® material.

G9 Baracuta Harrington Jacketはイギリス製で、通気性のあるコットン・ポリエステルCoolmax®素材で作られた,オリジナルで間違いようのない ‘Fraser Tartan’ インナー・ライニングで,模倣製品から一線を画している。
(デザインの特徴)
Umbrella-effect yoke at the back (背中に通気用のアンブレラ型ヨーク)
Fastens with double zip with logo (ロゴ入りのダブル・ジップ)
Pockets with flap and button at the front (前面にボタン留めフラップ付きのポケット)
Ribbed cuffs, waistband and inner collar (手首,ウェスト,襟の内側にリブ)
Classic two-button Baracuta collar (俗に ‘Dog Ear Collar’ と呼ばれる2つボタン付きの襟)

*****************************
ホームページに ‘PREVIEW SS20’ として2020年 春夏の新製品が掲載されていました。

6種類の G9 Jacket がありました。

List_20200221172501
下は 背中にポケットが付いたタイプで,左が “Collar Block” で,身頃と袖の色が異なるタイプ,右は名前通り “Back Pocket” で,ポケットは同じデザインです。おそらく 背中にポケットが付いたのは,G9 としては初めての製品でしょう。‘Filson’ の “Mackinaw Cruiser Jacket” の Back Pocket は 横向きです。

Colour-block-a
Payton-place-b 右は “Peyton Place” で, ‘Baracuta’ のロゴが背中に付いています。
更に この製品は Shell の材質が 現在の綿と化繊半々の混紡になる前の,100% Cotton の珍しい製品です。

私は G9 の ‘Dark Navy’ と ‘Tan’ を持っているので 購入する予定はありません。
いずれも 化繊が混紡される前の 100% cotton です。
Fraser-tartan 尚,G9の特徴である,インナー・ライナー(裏地)に使われている ‘Fraser Tartan’ は,1937年に フレイザー一族の長であった第24代 ラヴァト卿(Lord Lovat)によって Baracutaの創始者 ミラー兄弟の兄,ジョン・ミラー(John Miller)に,G9の裏地に使用する許可を与えられたものです。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

最近 ‘Gloverall’ のサイトは 価格が Yen で示される。

最近,英国のダッフル・コートのメーカーGLOVERALL” のホームページの様子が変わっています。

001_20200119233101
上のように ‘SHIPPING TO JAPAN(日章旗)’ と示されます。

003_20200119232901 かつても,例えば 7年前には このホームページから 家人のダッフル・コートを,2年前には 交換用に トグルと麻紐を注文して送ってもらいましたが,より 分り易くなっており,上記の ‘SHIPPING TO ・・・ ’ をクリックすると 右の画面が表れます。

通貨も 「ポンド」ではなく 「円」 です。

実際に 商品も下のように 「円」 で示されています。

002_20200119233101
問題は 日本から入ると自動的に日本語になって英文で 価格を“” で見ることができない(分らない)ことです。

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

パンツ(ズボン)の尻がだぶついて ー 。

還暦を過ぎて以来,パンツの尻のだぶつきが気になるようになりました。
原因は明らかで,ウエスト・サイズと ヒップ・サイズが,「腹が出る」+「大臀筋が落ちる」の相乗効果により接近したからです。

若い頃は,ウエストとヒップのサイズ差が約25cm(ウエスト:70cm,ヒップ:95cm:短距離走に自信があった,但し 50mまで)だったため,ウエストに合わせてパンツを穿くと ヒップが ピチピチ あるいはパツパツ (同じこと)になるので,ヒップに合わせてパンツを買い,ウエストがだぶついて ベルトを締めると皺になるのが嫌なので,ウエストを絞って穿いていました。

今や それが逆になり,通常通り ウェストに合わせてパンツを買っていて,余っているパンツのヒップを絞るほど 見かけを気にしなくなったのでそのままです。
(その余ったヒップのパンツの様子で 大体 年齢が分る。)

では実際の既製パンツは ウエストとヒップの差を何cm としているのでしょうか?

Brooks Brothers のホームページで,いくつかの製品のサイズを調べた結果が下表です。

Size-list
これから 分ることー
同じタイプなら サイズに拘らず ウエストとヒップのサイズ差は同じ。
同じ カジュアル・パンツでも,ドレス・パンツでも 製品で差が違う→シルエットが異なる。
   → 体型に合ったタイプの選択が必要。
   例えば 差が小さい「ドレス・パンツA」は 高齢者向け,
            差が大きい「ドレス・パンツB」は 若者向け。
ヌード・サイズのウエストとヒップの差が 25cm あると,どのタイプであっても ヒップがきつい。

因みに 私は 最近 上表のデニム・パンツを穿いていますが,ウエストとヒップ差が少ない方の約23cmでも,ヒップがかなり余ります。
腹をひっこめるのと,大臀筋を付けるのとでは どちらが容易なのか,と考えるだけで時が過ぎて行きます。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

ギブスのように Tシャツを着たい。

Dlife で放映中の 『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(NCIS:Naval Criminal Investigative Service) で,ボスにして元海兵隊のスナイパー,マーク・ハーモン(‘Thomas Mark Harmon’,1951~ )演じる リロイ・ジェスロ・ギブス (Leroy Jethro Gibbs)  の着こなしが好きです。

Gibbs01a
Gibbs03

具体的には,ほぼノータイのスタイルで,常に 見えている丸首Tシャツです。
これは 海兵隊スタイルのヘア・スタイルと同様に海兵隊出身であることを示すための演出なのかも知れません。
(因みに 下の写真で向かい合った トニーの父親は ロバート・ワグナー(‘Robert Wagner’, 1930~ )が演じています。)

日本では(?) クールビズの季節で ノータイになって,ドレス・シャツのトップ・ボタンを外したとき,襟元に下着が覗くのを良しとせず,Vネックや Uネックのシャツを着るべきだという意見が支配的(?)ですが,団塊世代の私としては 大人になって 50年間,かつての「警視庁捜査一課9係」の渡瀬恒彦さんのように,あるいは英国のファッション・デザイナー ポール・スミスのように,丸首シャツしか着たことがありません。

しかし,50年間 ギブスが着ているように首廻りをピタリと包み,くたびれない丸首シャツを探し続けて まだ途中です。

リタイア後は 探すのに やや疲れたので リーズナブルなシャツにしています。

Dsc_2585b
左は 「UNIQLO」(「ヒートテック」にあらず),右は 「無印良品」です。
現在は 主に 「無印良品」(脇に縫い目がない 天竺編みクルーネック半袖Tシャツ・2枚組 紳士M・白 ¥990,1枚 ¥495 安い!)です。
ラルフ・ローレンの1枚 ¥4,000 のシャツには手が出ません。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

時折りの欲しいもの:Gloverall の “Portsmouth Padded Duffle Coat”

この冬の Gloverall の新製品 “Portsmouth Padded Duffle Coat” を英国のホームページで見かけました。
中綿入り(padded),ウールの軽いダッフル・コートのようです。色は NavyCamel の2色。

001_20200123103001

ポンドによる価格は分りませんが,定価 ¥59,000 が Sale で ¥23,700,いつまでか分りませんが,60%引きです。

最近,色々な軽い素材の ダッフル・コート風デザインのコートが売られるようになりましたが,重い メルトン・ウール(boiled wool)の一枚仕立てでなければ 「ダッフル・コート」と呼べない,と思っていました。
今回,ダッフル・コートの老舗 Gloverall が “Duffle Coat” の名前で 新しい素材,中綿入り(当然 裏地あり)の新製品を売り出したので 認めざるを得ません。
002a_20200123103001
004a_20200123103101
009a_20200123103101
フードのスナップによるアジャスター」,「フラップ無しパッチ・ポケット」,「3ヶ所のファスニング」,「貼り付け二つボタン留めの長方形チン・ストラップ」などのデザインは ほぼ “Monty” を継承しています。
因みに モデルが履いている靴は ‘Clarks’ の “Desert Boot(Sand Beige)” のようで,何の違和感もない,50年間 不変のコーディネーションです。

以下に 商品説明を拙訳・転載します。
*****************************************
豪華で柔らかいカシミアとウールの混紡で作られ,140gsm(g/㎡)の中綿(wadding)が詰められており,軽量でありながら心地よい(cozy)ダッフル・コートとなった。
デザインは,大きなパッチポケット,オリーブの木のトグル,麻紐のストラップを備えたクラシックなダッフルのディテールを特徴としており,ドロップ・ショルダーと大き目のフィット感が現代的なひねりを加えている。
内側は,全面 綿でライニングされていて, コントラストのある赤いグローバーオール・テープのトリムで仕上げられた胸の内ポケットがある。
誇り高い イギリス製である。

DETAIL

 ・Made in England

 ・67% wool, 28% polyamide(ナイロン), 5% cashmere

 ・100% polyester filling(ポリエステルの中綿)

 ・Olive wood toggle and jute rope fastening

 ・Patch pockets

 ・Fully lined in 100% cotton with internal patch pocket

*********************************
近年の冬の暖かさから しばらく出番がないメルトン地の “Monty” より このダッフル・コートの方が着る機会がありそうですが,購入予定は ありません。

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

時折りの欲しいもの:“Jack Purcell” の復刻版スニーカー

「コンバース(CONVERSE)」が,内羽根式のジャックパーセルの復刻版 「JACK PURCELL RET BM」 を2020年2月に発売する。
JACK PURCELL RET BMは 1973年に発売したモデルをベースにトウキャップを取り除き、ミニマルなデザインに仕上げた。
カラーバリエーションは発売当時と同様のホワイトに加え、新色のブラックを揃える。価格は 税別 9,000円。」と あるファッション・サイトにありました。

001a_20200110154701
003a_20200110154801
見慣れた 外羽根,トゥ・キャップ付きの Jack Purcell に比べると スマートで,価格は 3,000円 upです。
因みに 米国のオフィシャル・サイトには姿がありません。

遅くとも 1972年に就職して以来(学生時代の記憶がない),スニーカーは Jack Purcell のみを約50年履いていますが,1973年に発売されたという このタイプの記憶はありません。残念ながら,去年 最後のJack Purcell を購入したばかりなので手を出しません。

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

リタイア生活で愛用しているブランド

現役時代は オフの日にしか身に着けなかった品々ー
(ほぼ現役時代に購入)
元々,西洋のものだからか,ほぼデザインしか注視しないからか,
海外のブランドが多いようで
それらを 思いつくまま挙げてみました。

Coat & Jacket
  ・Gloverall(英): Duffle Coat-Monty
  ・Baracuta(英):G9 Jacket(×2),G19 JacketG35 Jacket
  ・Filson(米):Mackinaw Cruiser Jacket
  ・Brooks Brothers
(米):Navy Blazer(×3)
  ・American Eagle Outfitters(米):Waxed Cotton Parka
  ・Harris Tweed(Material)(英):Herringbone Sport Coat(×2)
  ・Spence Bryson(Material)(英):Irish Linen Sport Coat

Pants
  ・Bills Khakis(米): チノパン M2M3M4
  ・Brooks Brothers(米):ブルージーンズ(×2)

Sweater
  ・Glengair(英):Turtlel Neck Sweater
  ・William Lockie
(英):V-neck Sweater

Shoes
  ・Clarks(英):Desert Boot(×3),Desert London
  ・Paraboot(仏):Michael
  ・Dolomite(伊):Cortina 
  ・Converse(米):Jack Purcell
  ・Ralph Lauren(米):Loafer

Belt
  ・Jabez Cliff(英)
  ・Brady(英)

【Hat & Cap】
  ・Brixton
(米) :Floyd-Short Brim Cotton Twill Bucket Hat (×2)
  ・Brooks Brothers(米):Hunting Cap
  ・Brooks Brothers(米):Classic Baseball Cap

【Scarf(マフラー)】
  ・Brooks Brothers
(米):Camel-Hair Nit Scarf

【Bag】
  ・Brady(英):NorfolkMonmouth
  ・Ralph Lauren
(米):Carry Bag

【Sun Glass】
  ・Ray-Ban(米):Outdoorsman Black RB3030

【Lighter】
  ・Zippo(米): F15 Solid Brass

【Reading Glasses】
  ・CliC Eye Wear
(米)

【Wallet】
  ・Hartmann Luggage
(米):Slim Billfold

ブランド料が法外な,高価なブランドは避けています(Ralph Lauren のバッグを除いて)。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

Brooks Brothers の ドレスシャツの Fit Type は - 。

6年前に終えた,42年間のサラリーマン生活で,必需品のドレスシャツは,初めの約12年間は 色々なメーカーのシャツを試し,デパートでオーダーもしましたが,気に入ったシャツ・メ-カーに出遭わず,Brooks Brothers が広島市に店(そごう内)を出して以後,約30年間,Brooks Brothers のみに定めました。

初めの頃,Fit(シルエット) Type は1種類しかなく(多くのシャツ・メーカーも),ゆったりして,余裕があり過ぎるデザインでしたが,20年近く前に おそらく日本人用に ‘Slim Fit’ が作られるようになり,更に ‘Extra Slim Fit’ も追加されました。

そして 現在は 次の4種類 あります。

24-milano-fit
23-regend-fit
22-madison-fit
21-traditional-fit

米国 Brooks Brothers には 6種類のTypeがあります。

Fit-type_20191129195701

01a_20191129195701

02a
03a_20191129195801
Fitting-type
私には ほぼ関係ありませんが,いい時代になったものです。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

「ダウン・ジャケット」は もう何年も買ってない - が。

この季節になると ダウンジャケットが,若い人に限らず 老若男女に着られています。
TVでも 「ダウンジャケットを仕舞った,とか 出した」が 季節の変わり目を表わす目安として使われているくらいです。

極地用の防寒服だったダウンジャケットが街中で着られるようになったのは 1980年前後であり,私自身もその頃,着ることがありました。
当然 防寒着として優れていて,シャツ1枚にこれを着れば かなりの寒さでも耐えられますが,日本の零下にもならない気温で着るのは大袈裟すぎる気がして,更に 誰でもが着ているので遠慮して,この 2,30年 ほとんど着ていません。

そもそも 最近の冬の寒さは穏やかで,現在保有の最耐寒用で,重く厚い ウール・コートである 「ダッフルコート」を着る機会も この数年,あまりありません。

それでも,私が現役時代に手を出せなかった 10万円近く,又は それ以上する高級なダウンジャケット - 例えば カナダグース(CANADA GOOSE),モンクレール(MONCLER),ウールリッチ(WOOL RICH),デュベティカ(DUVETICA),タトラス(TATRAS),ムーレー(MOORER) などが売られ,買われているようです。

20年ほど前の現役時代,真冬のロシア・サンクトペテルブルクに出張することになり,現地の気温を確認すると -30℃を下回ることもありそうなので,ここはダウン・コートと思い,北欧経由で現地に入り,1泊する経由地(ヘルシンキ,ストックホルム,・・・)で購入することも考えましたが,合うサイズがないと困るので,結局,フランクフルト経由で入り,厚手のウールのコートを日本で準備したことがあります。

最近,もし,現役ならば,そして,もし,今後,日本の冬が寒くなれば 買いたくなるコートを,最近 Brooks Brothers のホーム・ページ(米国)で見つけました。

The Polar Series Collection / Waterproof Parka”  です。
何せ “Polar” です。

004_20191127183401
001_20191127183401
005a_20191127183501
002_20191127183501
003_20191127183501

この製品のSpec.として次のように示されています。

 ・ハイテク・ラミネート被覆されたイタリアン・ウール
 ・シーム・シール構造で防水防風仕様
 ・G2Eco-friendlyで低刺激性の(hypoallergenicThermore®Ecodown®繊維充填
 ・-20F(-29C)まで適応(快適で暖かい)
 ・熱を閉じ込めるソフトなマイクロ・ファイバー・ジャージー製ストームカフ
 ・付属の調節可能なキルティング・フード
 ・脇の下のメッシュ・ヴェントが快適な通気性確保
 ・可動性を確保するためのバック・ショルダーのマチ
 ・ハンド・ウォーマー用の2つのフリース裏地付きフロント・ポケット
 ・2-ウェイ・ジップ,ボタン・ストーム・プラケットで寒さを防ぎ可動性が向上
 ・安全で使い易い収納用の,前立てに組み込まれたジップ・ポケット
 ・ヘッドフォン・コードループ付きのセルフォン用サイズの内側胸ポケット   
 
・手袋用の2つのメッシュ・インナーポケット
 ・内側のウエストにあるドローコードにより,暖かく,フィット
 ・保温性を損なうことなく動きやすいようにスナップで開閉するプリーツ・バックベント
 ・ウール100; ドライクリーニング; 輸入素材

中綿は “Thermore®Ecodown®”,ペットボトルからのリサイクルによる化学繊維で,ダウンではありません。

日本の Brooks Brothers では まだ取り扱われてないようで,米国での値段は $1,398(≒¥150,000)と かなりの価格です。
¥150,000 の価格に構えるようになりましたが,47年前の就職した年の冬の初ボーナスで買った Burberry の 綿のバルマカーン(ステンカラー)コートは 約¥130,000 でした。所謂,バーバリー・チェックの裏地は恥ずかしいので,“green & beige” のバーバリー・チェック(最近は ほとんど見ない)のウール・ライナー付きのオリーブ・グリーン(玉虫)でした。学生時代に買った VAN Jacket, KENT の,ラクダ色のライナーが付いたカーキ(ベージュ)のステンカラー・コートがまだ現役だったので,バーバリーは 当初は出張時に着ていました。
リタイアして6年,バルマカーン・コートは 一度も着ていません。
因みに 下は,30年近く前に買った Brooks Brothers のコートのダウン・ライナーです。
今はもう着ない綿の紺色のアウター・シェルにジッパーで取り外しできるダウン・ライナーです。
最近,家人が テニス・コートに行く際,ダウン・ジャケットとして羽織っているようです。

Dsc_2491b

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

日本撤退が決まった “American Eagle” の オレンジ・パーカ を今年も - 。

米国カジュアル(廉価,若者用)衣料品 「アメリカン・イーグル」(American Eagle Outfitters)が,この12月末までに日本から撤退すると 先月(11月)発表されました。
2012年に1号店を青山にオープンして以来 全国に 33店舗を展開していましたが,7年間の営業で幕を閉じるようです。

このニュースを聞いて,リタイア後の 2016年に購入した,持っている唯一の,アメリカン・イーグルの製品,オレンジ色の中綿入りパーカの汚れを取ろうと持ち出しました。
「オイル コットン」(Waxed Coated Canvas)素材のため,クリーニングには出せず,洗剤も使えず,湯も使えず,ブラシかけと水を含んだスポンジで汚れを拭き取るしかありません。
購入して 4年目にして 初めての作業でした。

001a_20191205172101
定価 ¥21,990 がネットで 50% でしたが,初めてのメーカーでサイズが不明のため,広島府中イオン内の店に行き買いました。
この時,50%が,そこからさらに30%引きになっており,その日 ちょうど ‘Holiday Gift Coupon’ ¥1,000 をもらって 結局,¥6,696,定価の 約30%で購入しました。

003b

若干 オーバーサイズのアメリカン Mサイズです。
4年目の冬,コスト・パフォーマンス発揮中,

| | コメント (0)

より以前の記事一覧